前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
175件中 1 - 10件表示
  • プロゴルファー猿

    プロゴルファー猿から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    猿との賭けゴルフで、いつも負けている中年。ゴルフは下手(1ラウンドのスコアで100を切った事がない)だが、対戦で2度勝っている。1度目はアニメ版で紅蜂に傷つけられたドライバーと、メタルウッドのおっちゃんのドライバーでドライビング競技をした時。2度目は雪のコースで猿の不調(小丸の酒で酔っ払った事が遠因)により勝利するが、後に紅蜂と対戦して敗れ、猿に賞金を返すように言われる(借用書のみで実際には猿に返していない)。金製のパターを持つなど資産家であることを伺わせる描写もある。アマチュアゴルフ選手権では予選の2番ホールのバンカーで大叩きした末に棄権した。マスターズ・トーナメントの試合を生で観戦した事もあり、入場券まで持っている。また、前述のように猿丸への勝利の執念から、ジェロニモのスポンサーを務めて猿に勝負をけしかけたり、大丸をゴルフ関連の金銭面その他で大きく援助している。アニメ版では猿をライバル視しつつも原作よりも好意的な人物であり、猿の良き相棒としての側面が強調されている。プロゴルファー猿 フレッシュアイペディアより)

  • タイガー・ウッズ

    タイガー・ウッズから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    1995年 マスターズ・トーナメント初出場。予選を通過し、第3ラウンドを日本の尾崎将司選手と同組で回る。1996年 大学を2年で中退し、8月27日にプロ転向。10月にいきなり2勝を挙げ、世界ランキング33位に躍進。12月30日、21歳の誕生日に“Eldrick Tiger Woods”に正式に改名する。 1997年 4月13日、史上最年少の21歳3ヶ月でマスターズ・トーナメント初優勝。その後、わずか10か月余りでマスターズを含む7大会で優勝、6月に初の世界ランキング1位になる。21歳にしてPGAツアーの史上最年少賞金王に輝いた。1998年 11月に「カシオワールドオープン」で日本ツアー初出場。15位に終わる。タイガー・ウッズ フレッシュアイペディアより)

  • アンヘル・カブレラ

    アンヘル・カブレラから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    2007年の全米オープンと2009年のマスターズで優勝し、メジャー大会2勝を挙げた選手である。身長183cm、体重95kgの大きな身体から繰り出す飛距離を最大の持ち味とする選手で、「アヒル」を意味する“El Pato”(エル・パト)というニックネームで呼ばれている。プロゴルフ界でも屈指の“飛ばし屋”タイプのひとりとして知られ、ヨーロッパツアーの「ドライバー平均飛距離」で1位をマークしてきた。これまでにヨーロッパツアーで通算3勝、国際試合で17勝を挙げてきた。世界ランキング自己最高位は9位。アンヘル・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • サム・スニード

    サム・スニードから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    PGAツアー通算82勝。メジャー大会ではマスターズ3勝・全英オープン1勝・全米プロゴルフ3勝を挙げ、通算7勝を獲得したが、全米オープンだけは4度の2位で止まり、「キャリア・グランドスラム」は達成できなかった。サム・スニード フレッシュアイペディアより)

  • 松山英樹

    松山英樹から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    松山 英樹(まつやま ひでき、1992年2月25日 - )は、日本のプロゴルファー。愛媛県松山市出身。明徳義塾中学校・高等学校・東北福祉大学卒業。レクサス(トヨタ自動車)所属。日本人最年少マスターズ予選通過者(当時19歳)。アマチュア時代には、日本のアマチュアゴルファーとして初めてマスターズの出場権を獲得した。松山英樹 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ディマルコ

    クリス・ディマルコから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    クリス・ディマルコ(Chris DiMarco、1968年8月23日 - )は、アメリカ・ニューヨーク州ハンティントン出身のプロゴルファーである。ゴルフメジャー大会でも優勝争いの常連選手のひとりで、2004年全米プロゴルフ選手権、2005年マスターズ、2006年全英オープンで2位入賞が3度ある。世界ランキング自己最高位は6位。これまでにPGAツアーで通算3勝を挙げ、欧州ツアーでも1勝している。独特なクローハンド・グリップのパターでも有名な選手である。クリス・ディマルコ フレッシュアイペディアより)

  • バイロン・ネルソン

    バイロン・ネルソンから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    ネルソンはPGAツアーで通算「52勝」を記録し、メジャー大会でもマスターズ2勝、全米オープン1勝、全米プロゴルフ2勝、総計「5勝」を果たした。1945年には年間「11連勝」を含む18勝を挙げ、これらの記録は2016年10月現在もいまだ破られていない。また、「113試合」連続予選通過の記録は、2003年10月にタイガー・ウッズによって破られるまでトップだった。バイロン・ネルソン フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ニクラス

    ジャック・ニクラスから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    1986年の第50回マスターズでは長男のジャック・ジュニアをキャディに従えて戦った。最終日4月13日は首位と4打差のスタートだったが、アウト35イン30の驚異的追い上げで「46歳2ヶ月23日」の最年長優勝記録を樹立した時には、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブに"Jack is Back" (ジャック・イズ・バック=ジャックが戻ってきた) の声が響き渡った。最終日のニクラスの詳細は以下の通り。2番ホールでバーディ。4番ホールでボギー。9、10、11番ホールでバーディ。12番ショートホールはボギー。13番ホールで2オン2パットのバーディ。15番ロングホールの第1打は、ドライバーでピンまで214ヤード地点に運び、第2打は4番アイアンでピン左3.5mに2オンして、1パットで沈めてイーグル。池越えの16番ホール (179ヤード、パー3) での5番アイアンでのティーショットはカップを嘗め、あわやホールインワンというスーパーショットでバーディ。17番ホールは、復活のメジャー優勝が目前で感極まり、涙でエイミングが定まらず「試合はまだ終わっていないのだぞ」と自分に言い聞かせてティーショットを打ち、ピン左4mからのバーディパットは、ほぼストレートの下りのスライスラインを読んで成功させた。9番ホールからの10ホールで、1イーグル、6バーディ、1ボギーの怒濤のフィニッシュであった。この大会でニクラスはレスポンスZTという名のアンサー型パターを使用した。1打差の2位には、18番ホールでセカンドショットをミスしてボギーとしたグレグ・ノーマンと18番のバーディーパットを惜しくも外して追いつけなかったトム・カイト。大会3日目には、2回目出場のニック・プライスがコースレコード63で廻った。ジャック・ニクラス フレッシュアイペディアより)

  • ビジェイ・シン

    ビジェイ・シンから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    1993年からアメリカPGAツアーのメンバーになり、同年6月の「ビュイック・クラシック」で米国ツアー初優勝を挙げた。1995年から1998年までの間に、彼はPGAツアーで「53大会」連続予選通過記録を樹立したが、1998年マスターズ・トーナメントでの予選落ちで止まった。それから4か月後の全米プロゴルフ選手権で、シンは35歳にしてメジャー大会初優勝を果たす。ビジェイ・シン フレッシュアイペディアより)

  • ホートン・スミス

    ホートン・スミスから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    ホートン・スミス(Horton Smith, 1908年5月22日 - 1963年10月15日)は、アメリカ・ミズーリ州スプリングフィールド出身のプロゴルファーである。1934年に創設されたマスターズ・トーナメントで第1回大会の優勝者になり、2年後の1936年にも優勝した。他にもPGAツアーで通算28勝、世界各国の国際試合で7勝を挙げ、プロゴルファーとして通算「37勝」を記録した名選手である。ゴルフクラブの一種である「サンドウェッジ」を競技大会で最初に使用した選手だと言われている。身長190cmほどの長身でありながら、体重は70kgほどで、細身の体格の選手だった。ホートン・スミス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
175件中 1 - 10件表示

「マスターズ・トーナメント」のニューストピックワード