175件中 91 - 100件表示
  • 中嶋常幸

    中嶋常幸から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    33回出場した世界4大メジャー大会の成績は、1986年のマスターズ・トーナメントおよび全英オープン8位、1987年の全米オープン9位、1988年の全米プロゴルフ選手権3位などがあり、世界4大メジャーすべてでトップ10入りしたことがある日本人唯一のプレイヤーである。最初期の世界ゴルフランキングで4位にランクされた。海外で日本人として前人未踏の活躍と度重なる不運・試練を経験した。以下、そのエピソードの抜粋。中嶋常幸 フレッシュアイペディアより)

  • エージシュート

    エージシュートから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    史上最年少記録は、アメリカのプロゴルファーボブ・ハミルトン(1944年全米プロ優勝、1946年マスターズ3位などの実績を持つ)が、1975年6月3日にインディアナ州のハミルトン・ゴルフ・クラブ(6233ヤード)で達成した「59」(年齢59歳)とされている。エージシュート フレッシュアイペディアより)

  • GREEN JACKET

    GREEN JACKETから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメント優勝者に贈られるジャケットが番組タイトルになっており、日本のゴルフツアー情報はもちろんのこと、土曜の朝に動いている海外のゴルフツアー情報など世界のゴルフ情報が手に取るように分かる番組。GREEN JACKET フレッシュアイペディアより)

  • 池田勇太

    池田勇太から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    2010年 - アメリカ合衆国ジョージア州で行われたマスターズ・トーナメントに初出場。池田勇太 フレッシュアイペディアより)

  • 中村寅吉

    中村寅吉から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    彼はゴルフの国別対抗戦カナダ・カップの初優勝、日本人初となったマスターズ・トーナメントへの出場、シニアプロとして初のエージシュートを記録するなど、そのゴルフ人生は栄光に彩られている。中村寅吉 フレッシュアイペディアより)

  • イアン・ポールター

    イアン・ポールターから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    2010年のアクセンチュア・マッチプレー選手権では決勝戦で同じイングランド出身のポール・ケーシーを4?2で破り優勝した。同年のマスターズでは2日目を終えて首位タイに立つ活躍を見せたが、その後スコアを伸ばせず10位タイで終えた。イアン・ポールター フレッシュアイペディアより)

  • オーガスタ (ジョージア州)

    オーガスタ (ジョージア州)から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    有名なゴルフ・コースであるオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブでは、毎年マスターズ・トーナメントが開催される。オーガスタ (ジョージア州) フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ローズ

    ジャスティン・ローズから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    2003年はヨーロッパツアーとアメリカPGAツアーを掛け持ち転戦し、全米オープンゴルフで5位に入賞する。2004年から、ローズは主戦場をアメリカツアーに移した。ここから再度の低迷期が訪れたが、2006年9月に「テキサス・オープン」で自己最高の2位に入る。2007年に入ると、ローズの世界ランキングは再び50位以内に戻り、2月のアクセンチュア・マッチプレー選手権で初めてのベスト8に進出した。初めての準々決勝では、ローズはトレバー・イメルマン(南アフリカ)に 5 アンド 4 で完敗している。4月のマスターズ・トーナメントは、ローズにとって3年ぶり3度目の出場であった。この大会でローズは 4 オーバーバー(+4, 292ストローク)で初めての5位入賞を果たす。8月のブリヂストン招待選手権で2位に入ると、当年度の年間賞金ランキング30位以内しか出場資格を得られないツアー年間最終戦「PGAツアー選手権」にも出場資格を得た。この年、ローズはヨーロッパツアーの賞金王に輝いた。ジャスティン・ローズ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ジョーンズ (ゴルファー)

    ボビー・ジョーンズ (ゴルファー)から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    引退後もゴルフにかかわり、弁護士業務の傍らにマスターズ・トーナメントの創設やそのマスターズが開催されるオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブのコース設計にも携わった。ジョーンズの設計思想は、バンカーは30個足らずと少なくし、フェアウェイも普通のコースの倍近く広く、ラフも浅く、ロングホールは巧打を2回続ければグリーンに乗るように設計するというものであった。ボビー・ジョーンズ (ゴルファー) フレッシュアイペディアより)

  • ウォーリー・アームストロング

    ウォーリー・アームストロングから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    1978年のマスターズ・トーナメントでゲーリー・プレーヤーに3打差の5位でフィニッシュした。その後11年にわたり多くの試合に出場、トップ80に6回入っている。ウォーリー・アームストロング フレッシュアイペディアより)

175件中 91 - 100件表示

「マスターズ・トーナメント」のニューストピックワード