175件中 11 - 20件表示
  • コスタンティノ・ロッカ

    コスタンティノ・ロッカから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    コスタンティノ・ロッカ(Costantino Rocca, 1956年12月4日 - )は、イタリア・ベルガモ出身のプロゴルファーである。イタリア人のプロゴルファーとして、唯一ライダーカップのヨーロッパ選抜チーム代表選手に選ばれた経験を持つ、当地最大の選手である。ゴルフのメジャー大会でも2度優勝争いに加わったが、1995年の全英オープンと1997年のマスターズで優勝を逃した。ヨーロピアンツアーで通算5勝を挙げ、ライダーカップには1993年・1995年・1997年の3度出場した。身長175cm、体重87kg。コスタンティノ・ロッカ フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ウェア

    マイク・ウェアから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    マイク・ウェア(Mike Weir, 1970年5月12日 - )は、カナダのプロゴルファーである。2003年のマスターズ・トーナメント優勝者で、カナダ人のプロゴルファーとして初のメジャー大会優勝者となった。左打ち。世界ランキング自己最高位は3位。(ゴルフ、アイスホッケー等は左だが、筆記は右である。)マイク・ウェア フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ペリー

    ケニー・ペリーから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    ケニー・ペリー(Kenny Perry, 1960年8月10日 - )は、アメリカ・ケンタッキー州エリザベスタウン出身の男子プロゴルファー。1996年の全米プロゴルフ選手権と2009年のマスターズで、メジャー大会に2度の2位がある。彼はこれまでにアメリカPGAツアーで14勝を挙げているが、そのうち41歳を過ぎてから11勝しており、男子プロゴルフ界でも遅咲きタイプの選手として知られる。身長188cm、体重100kgの大柄な体格である。ケニー・ペリー フレッシュアイペディアより)

  • ケリー・ミドルコフ

    ケリー・ミドルコフから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    ミドルコフはテネシー州ホールズ出身。クリスチャン・ブラザーズ高校を経てテネシー大学でゴルフ部を経験。1939年にはオールアメリカンに選出。テネシーアマチュア選手権では4連覇を達成。1944年にはアメリカ陸軍衛生部に召集。翌45年にアマチュアとしてPGAツアーの大会で優勝。全米オープンで2度、マスターズで1度優勝したほか、通算40勝を挙げた。1986年には世界ゴルフ殿堂入り。1998年9月1日テネシー州メンフィスにて死去。ケリー・ミドルコフ フレッシュアイペディアより)

  • ザック・ジョンソン

    ザック・ジョンソンから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    ザック・ジョンソン(Zach Johnson, 1976年2月24日 - )は、アメリカ・アイオワ州アイオワシティ出身のプロゴルファー。本名は Zachary Harris Johnson (ザハリー・ハリス・ジョンソン)という。2007年のマスターズ・トーナメント、2015年の全英オープン優勝者である。ザック・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • 世界ゴルフ殿堂

    世界ゴルフ殿堂から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    国際ゴルフ連盟のオリジナルメンバーのツアーで15勝以上、またはマスターズ、ザ・プレーヤーズ選手権、全米オープン、全英オープン、全米プロゴルフ選手権の中で2勝以上。世界ゴルフ殿堂 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・マリア・オラサバル

    ホセ・マリア・オラサバルから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    ホセ・マリア・オラサバル・マンテローラ(José Maria Olazábal Manterola, 1966年2月5日 - )は、スペイン・バスク州ギプスコア県オンダリビア出身のプロゴルファーである。1994年と1999年の2度、マスターズで優勝した。ヨーロピアンツアーで通算21勝、アメリカPGAツアーでマスターズを含む6勝を挙げ、日本でも1989年と1990年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で大会2連覇を記録している。身長178cm、体重78kg。独身。ホセ・マリア・オラサバル フレッシュアイペディアより)

  • トム・ワトソン

    トム・ワトソンから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    ミズーリ州カンザスシティ出身。保険外交員のレイモンド・ワトソンと妻サラの間に生まれた3兄弟の次男。ハンディキャップ0のスクラッチプレイヤーの経歴をもつ父に連れられ、トム・ワトソンはカンザスシティカントリークラブで6歳からゴルフを開始し、中学生の時、ゴルフの師匠の一人であるスタン・サースク(Stan Thirsk)と出会う。ペンブローク・カントリーディ校を経てスタンフォード大学に進学し、大学ではコミュニケーション、経済学を経て心理学を専攻、1970年には全米アマチュア選手権5位の資格でマスターズに出場。1971年5月、心理学で学士号を取得し、スタンフォード大学を卒業した。1971年11月にプロゴルファーになることを決意し、12月のクオリファイ・テストに5位で合格。翌1972年プロとしてPGAツアーに参戦開始して、賞金ランキング78位。プロ2年目のワトソンが23歳の1973年7月、当時18歳であったブルース・エドワーズ(コネチカット州出身、13歳の時グレーターハートフォードオープンでディック・ロッツのバッグを担いでキャディデビュー)とノーウッドヒルズカントリークラブで運命的に出会い(グレーターセントルイスゴルフクラシック)、キャディに採用していきなり6位入賞を果たし、通年では賞金ランキング35位となり、翌年のシード権を得た。1974年6月、バイロン・ネルソンと初対面した全米オープンの2週間後、ツアーキャディの帯同が認められていなかったウェスタンオープン(バトラーナショナルゴルフクラブ)でPGAツアー初勝利を挙げるなどして、賞金ランキング10位に躍進。1975年5月のバイロン・ネルソンゴルフクラシックで、ワトソンとエドワーズのコンビは優勝を初体験(PGAツアー2勝目)。1976年からバイロン・ネルソンの指導も仰ぐようになった。全盛期はフォロースルーの大きなアメリカン打法から繰り出される高弾道のショットと、ツアー屈指のショートゲームの巧さで勝利を重ね、1977年から1980年まで4年連続、および1984年にPGAツアーの賞金王を通算5度獲得。プロとしてPGAツアー39勝、世界で通算68勝を挙げている。「リンクスコースは私の人生そのもの」と語り、シニアツアーも含めて現在までリンクスコースで、特に’本物’の深いラフのある英国のリンクスで無類の強さを誇るが、聖地セント・アンドルーズでは未勝利(全英オープン5勝、全英シニアオープン3勝で、全英タイトルのうち7勝はスコットランド開催)。トム・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・カプルス

    フレッド・カプルスから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    フレッド・カプルス(Fred Couples, 1959年10月3日 - )は、アメリカ・ワシントン州シアトル出身のプロゴルファー。1992年のマスターズ・トーナメント優勝者である。これまでにアメリカPGAツアーで通算15勝、国際試合で5勝を挙げている。フルネームは Frederick Stephen Couples (フレデリック・スティーブン・カプルス)という。フレッド・カプルス フレッシュアイペディアより)

  • スチュワート・シンク

    スチュワート・シンクから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    シンクは両親ともゴルフのシングル・プレーヤー(ハンデキャップ1桁台)という家庭に生まれ、幼少時からゴルフに親しんで育った。彼が通ったジョージア工科大学のゴルフ部には、1学年先輩にデビッド・デュバルがいた。大学卒業後の1995年にプロ入りし、2年後の1997年7月に「キヤノン・グレーター・ハートフォード・オープン」でPGAツアー初優勝を果たす。これにより、彼はPGAツアーの1997年度「最優秀新人賞」を授与された。1999年の全米プロゴルフ選手権において、彼は初めてゴルフメジャー大会の優勝争いに加わった。開催コースはアメリカ・イリノイ州メディナにある「メディナ・カントリークラブ」(パー72)で、シンクはタイガー・ウッズとセルヒオ・ガルシアに続く3位につけた。2000年4月、マスターズ終了直後の「MCIクラシック」でツアー2勝目を獲得する。スチュワート・シンク フレッシュアイペディアより)

175件中 11 - 20件表示

「マスターズ・トーナメント」のニューストピックワード