96件中 21 - 30件表示
  • プラヤド・マークセン

    プラヤド・マークセンから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    これまでにアジアンツアーで6勝を挙げており、また2008年には日本ゴルフツアーで年間3勝を挙げた。更に2008年はタイ出身のプロゴルファーとして初めて米国のメジャートーナメント「マスターズ・トーナメント」にも出場した。プラヤド・マークセン フレッシュアイペディアより)

  • アルバトロス

    アルバトロスから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    マスターズでは1935年にジーン・サラゼン(4日目15番パー5)、1967年にブルース・デブリン(1日目8番パー5)、1994年にジェフ・マガート(4日目13番パー5)が達成している。サラゼンはその奇跡的な1打もあって首位に追いつき、プレーオフの末マスターズ優勝を果たしている。アルバトロス フレッシュアイペディアより)

  • 花博記念公園鶴見緑地

    花博記念公園鶴見緑地から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    現在は乗馬コース(遊園地、「マジカルクロス」の敷地の一部を転用)、球技場・運動場・温水プール(駐車場の敷地を転用)、パークゴルフ場といったスポーツ施設も整備されている。このうちパークゴルフ場は、マスターズ・トーナメントの会場「オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ」の12番ホールを再現したパビリオン(ゴールデンベルパビリオン)のコースを転用したものである。花博記念公園鶴見緑地 フレッシュアイペディアより)

  • 杉原輝雄

    杉原輝雄から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    2009年 - 中日クラウンズにおいて同一大会50年連続出場を達成、アーノルド・パーマーのマスターズ・トーナメントにおける連続出場およびC.エバンズの全米アマにおける連続出場の世界タイ記録に並ぶ。杉原輝雄 フレッシュアイペディアより)

  • ジーブ・ミルカ・シン

    ジーブ・ミルカ・シンから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    2006年に入り、ジーブ・ミルカ・シンは欧州や日本などの国際ツアーで成績を伸ばし始める。4月中旬の「ボルボ・チャイナオープン」でヨーロッパツアー初優勝を果たすと、10月の欧州ツアー年間最終戦「ボルボ・マスターズ」でも優勝し、ヨーロッパの賞金ランキング16位に食い込んだ。その勢いに乗り、日本ツアーのカシオワールドオープンとゴルフ日本シリーズで2週連続優勝を達成。2007年にインド人選手として史上初のマスターズ出場者になり、37位タイに入った。ジーブ・ミルカ・シン フレッシュアイペディアより)

  • 全米シニアオープン

    全米シニアオープンから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    過去10年のマスターズ・全米オープン・全英オープン・全米プロ・全米プロシニア優勝者全米シニアオープン フレッシュアイペディアより)

  • ディフェンディングチャンピオン

    ディフェンディングチャンピオンから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントでは、前夜のチャンピオンズ・ディナー(歴代優勝者を招待する晩餐会)で前年チャンピオンに食事メニューを決める権利が与えられる。ディフェンディングチャンピオン フレッシュアイペディアより)

  • 中村寅吉

    中村寅吉から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    彼はゴルフの国別対抗戦カナダ・カップの初優勝、日本人初となったマスターズ・トーナメントへの出場、シニアプロとして初のエージシュートを記録するなど、そのゴルフ人生は栄光に彩られている。中村寅吉 フレッシュアイペディアより)

  • 河野高明

    河野高明から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    1969年から1973年まで5年連続でマスターズ・トーナメントに出場。初出場の1969年には13位の奮闘ぶりを見せ、1970年には自身最高の12位になった。河野高明 フレッシュアイペディアより)

  • Kochi黒潮カントリークラブ

    Kochi黒潮カントリークラブから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    黒潮ジュニア選手権では、現在女子プロゴルファーの佐伯三貴(第1回大会)やマスターズに出場し、ローアマを獲得した松山英樹(第7回、第8回、第9回、第10回大会)などが優勝している。Kochi黒潮カントリークラブ フレッシュアイペディアより)

96件中 21 - 30件表示

「マスターズ・トーナメント」のニューストピックワード