175件中 21 - 30件表示
  • グランドスラム (ゴルフ)

    グランドスラム (ゴルフ)から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    1930年に、当時28歳のボビー・ジョーンズが当時の世界4大タイトルであった全英アマチュア、全米アマチュア、全英オープン、全米オープンを1年のうちにすべて制覇した。スポーツ界において『グランドスラム』という言葉が用いられたのはこれが最初である。ジョーンズは生涯アマチュアを貫いたため、現在のゴルフ界の『グランドスラム』は当時の意味とは異なっている。マスターズ・トーナメントの会場である「オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ」(アメリカ・ジョージア州)は、ボビー・ジョーンズが競技生活からの引退後に設計したコースである。第1回マスターズは1934年に開催された。グランドスラムの定義が現在の物になって以降、年間グランドスラムが達成された事例は一人もない。グランドスラム (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    11日(現地時間) - 【ゴルフ】世界4大メジャーの一つマスターズ・トーナメントは、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで最終ラウンドが行われ、アメリカのフィル・ミケルソンが-16で4年ぶり3回目の優勝。2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ゲーリー・プレーヤー

    ゲーリー・プレーヤーから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    彼のゴルフツアー優勝記録は、1956年から始まる。1957年からアメリカPGAツアーにも参戦を開始する。1959年の全英オープンでメジャー大会初優勝を達成。マスターズ・トーナメントは1961年、全米プロゴルフ選手権は1962年に初優勝を果たし、ついに1965年の全米オープンでメジャー大会4冠獲得を成し遂げる。こうしてプレーヤーは、ジーン・サラゼン、ベン・ホーガンに続くゴルフ史上3人目の「キャリア・グランドスラム」達成者となった。すぐ翌年の1966年に、ジャック・ニクラスが続いてキャリア・グランドスラムを達成した。ゲーリー・プレーヤー フレッシュアイペディアより)

  • シャール・シュワーツェル

    シャール・シュワーツェルから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    シャール・シュワーツェル(Charl Adriaan Schwartzel、、1984年8月31日 - )は、南アフリカ出身のプロゴルファー。2011年4月のマスターズ・トーナメントでメジャー初勝利をあげた。シャール・シュワーツェル フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ファルド

    ニック・ファルドから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    サー・ニック・アレクサンダー・ファルド MBE(Nick Faldo, 1957年7月18日 - )は、イングランド・ハートフォードシャー州ウェリン・ガーデン・シティ出身のプロゴルファーである。非常に安定感のある選手で、マスターズと全英オープンにそれぞれ3勝を挙げ、メジャー大会「6勝」を記録した名選手である。世界ランキング1位にも通算「97週」在位した。ヨーロピアンツアーで30勝、アメリカPGAツアーで9勝、国際試合で4勝を挙げる(全英オープンは欧州ツアーとアメリカPGAツアーの両方で優勝回数に数えるため、ファルドの場合は3度の全英優勝が重複記録になる。したがって、生涯通算で40勝を挙げたことになる)。ニック・ファルド フレッシュアイペディアより)

  • USCトロージャンズ

    USCトロージャンズから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    1985年にはサム・ランドルフ(英語版)が全米アマチュアゴルフ選手権で優勝し、同年及び翌1986年には名門マスターズ・トーナメントにおいてベストローアマチュアとなり、年間ベストプレーヤーに選出されている。ケビン・スタドラー(英語版)は2002年のPac10最優秀ゴルファーに選出された。これはトロージャンズでは初受賞であった。USCトロージャンズ フレッシュアイペディアより)

  • バッバ・ワトソン

    バッバ・ワトソンから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    2012年4月のマスターズ・トーナメントではルイ・ウェストヘーゼンをプレーオフの末破り、メジャー初勝利をあげた。2013年はツアー未勝利に終わったが、2014年のマスターズでは新鋭ジョーダン・スピースらを退けて2度目の優勝を遂げ、世界ゴルフランキングで3位にランクインした。バッバ・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • フィル・ミケルソン

    フィル・ミケルソンから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    2004年のマスターズ・トーナメントでメジャー大会初優勝を飾り、以来メジャー大会通算5勝を挙げている。左打ちの選手で、“The Big Lefty”(ビッグ・レフティー)と呼ばれている。世界ランキング自己最高位は2位。日常生活では右利きだが、本人の言葉によれば「幼い頃に父親のスイングを正面から見て覚えた」ため、ゴルフに限っては左打ちとなった。フィル・ミケルソン フレッシュアイペディアより)

  • パー (ゴルフ)

    パー (ゴルフ)から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    アルバトロスは、3アンダー・パー (-3) のスコアを意味する。アルバトロス=アホウドリ科の鳥は、最も大きな鳥類のひとつである。アメリカ合衆国ではダブル・イーグル (double eagle) ともいう。アルバトロスは極めて稀なスコアであるが、パー5のホールで強いドライブと、1打で決めるアプローチで達成されるのが普通である。短めのパー4のホールにおけるホールインワンも、アルバトロスとなる。最初に記録された有名なアルバトロスは、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで行われた1935年のマスターズ・トーナメント最終ラウンド15番ホールで、ジーン・サラゼンが達成した。このアルバトロスでサラゼンは首位に並び、プレイオフが行われることとなり、翌日行われたプレイオフで優勝を果たすこととなった。当時のスポーツ記者は「世界に響きわたった一打 (shot heard 'round the world)」と表現した。パー (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のスポーツ

    2017年のスポーツから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    6日 - 【ゴルフ】 この日開幕したマスターズ・トーナメントで、世界ランキング1位であるダスティン・ジョンソン(米国)が大会前に宿舎の階段から転落し背中を強打したことにより大会を棄権したことを表明。2017年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

175件中 21 - 30件表示

「マスターズ・トーナメント」のニューストピックワード