175件中 31 - 40件表示
  • 2015年のスポーツ

    2015年のスポーツから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    第79回マスターズ・トーナメント(4月9日 - 12日、米国ジョージア州・オーガスタ・ナショナルGC/7435Yards, Par72)2015年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ローリー・マキロイ

    ローリー・マキロイから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    2008年11月のUBS香港オープンを2位で終えた後、マキロイは19歳6か月という過去最年少の記録でワールドゴルフランキング50位に入る。(この記録は後に石川遼とマッテオ・マナセロによって破られた。)その後出場した南アフリカオープンでは3位となり、2008年のワールドゴルフランキング最終順位は39位であった。この成績によって、プロ転向後わずか18カ月にして2009年4月開催のマスターズから招待状が届く。マキロイがプロ初勝利を挙げたのは2009年2月に開催されたドバイ・デザート・クラシックであり、この勝利で世界ランキングは16位に上昇した。ローリー・マキロイ フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ中継

    スポーツ中継から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    日本ゴルフツアー選手権・日本ゴルフ協会主催競技(日本オープン、日本女子オープン、日本シニアオープン)が生中継される。その他の国内ツアーのほとんどは録画中継。BS1のPGAツアー、およびTBS全米プロゴルフ選手権は(体裁は生中継としているが)ディレイ中継。テレビ朝日の全米オープン、全英オープン、TBSのマスターズは生中継(一部録画中継)。スポーツ中継 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のスポーツ

    2016年のスポーツから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    4日 - 【ゴルフ】 マスターズ・トーナメントの主催者などは、リオ五輪の男女金メダリストに特典として2017年のメジャー全大会の出場権を付与すると発表。2016年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 全米オープン (ゴルフ)

    全米オープン (ゴルフ)から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    全米オープンの開催コースは、大会の5年以上前から定められ、それに合わせてコース設定を調整していく。セッティングの特徴は、非常に深いラフと狭いフェアウェイであり、近年では優勝スコアをイーブンパーと想定してコースを作っている。マスターズを含む他のトーナメントが派手なバーディーの取り合いによるエンターテイメント性を否定せず、ミスはその後で取り返すことを許すのに対し、全米オープンは選手にひたすらパーを積み重ねることを要求し、落としたスコアを取り戻すのは困難を極める。メジャーの中でも、とりわけ選手たちの「忍耐力」が試され、「最強のゴルファー」に栄誉を与えるトーナメントと言える。それを象徴するかのように2006年、2007年と優勝スコアは5オーバーという結果であった。余りに厳しいセッティングは、選手から「ナイスショットを打ってもラフやバンカーにボールが飛び込み、フェアではない」との愚痴をこぼさせるほどである。全米オープン (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • ザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップ

    ザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    1974年に「トーナメント・プレーヤーズ・チャンピオンシップ」(Tournament Players Championship)としてスタートした。マスターズ・全米オープン・全英オープン・全米プロゴルフに次ぐ“第5のメジャー大会”と呼ばれており、優勝者に与えられるツアーシード権(5年間)はマスターズ、全英オープンよりも上位に設定されている。ザ・プレーヤーズ・チャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・パーマー

    アーノルド・パーマーから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    マスターズには、74歳の2004年まで出場を続行した。これは連続50回の最多連続出場記録となっている。アーノルド・パーマー フレッシュアイペディアより)

  • アニメサタデー630

    アニメサタデー630から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    なお、第1部の前番組『報道LIVE あさチャン!サタデー・第2部』および、第2部の前番組『カミワザ・ワンダ』が2017年3月25日に終了したため、4月15日の本枠開始までの空白期間は、4月1日は各局この日のみローカルセールス枠に、翌週4月8日はマスターズ・トーナメントの中継を行った。アニメサタデー630 フレッシュアイペディアより)

  • 林正浩

    林正浩から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    TBSへの入社後は、野球、ラグビー、陸上、ゴルフなどのスポーツ中継や、『JNNスポーツデスク』などのスポーツニュース番組を中心に出演。オリンピック、世界陸上、ワールド・ベースボール・クラシック決勝ラウンド、ゴルフのマスターズ・トーナメントなど、世界規模の大会の中継で実況する機会も多かった。2013年7月1日から編成局アナウンス部担当局次長も務めてきたが、スポーツアナウンサーとして採用された関係で、テレビニュースを担当した経験はほとんどなかった。林正浩 フレッシュアイペディアより)

  • ウォーリー・アームストロング

    ウォーリー・アームストロングから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    1978年のマスターズ・トーナメントでゲーリー・プレーヤーに3打差の5位でフィニッシュした。その後11年にわたり多くの試合に出場、トップ80に6回入っている。ウォーリー・アームストロング フレッシュアイペディアより)

175件中 31 - 40件表示

「マスターズ・トーナメント」のニューストピックワード