175件中 41 - 50件表示
  • グランプリマスターズ

    グランプリマスターズから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    グランプリマスターズはゴルフのマスターズ・トーナメントやテニスのマスターズ選手権をモデルに考案されたものであるため、参加資格についてもそれらに準じたものが設けられており、参加できるドライバーは45歳以上で、かつてF1に参戦したことがある者で、すでに現役のフォーミュラカーレースから引退している者、に限られる。グランプリマスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のゴルフ

    2011年のゴルフから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    オーガスタで行われたマスターズ・トーナメントでシャール・シュワーツェルが初優勝。日本のアマチュア松山英樹がローアマに輝いた。2011年のゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • マッテオ・マナセロ

    マッテオ・マナセロから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    3歳からゴルフを始めた。2009年6月、全英アマチュアゴルフ選手権で史上最年少の16歳2ヶ月で優勝。また、イタリア人初の優勝者となった。その優勝により、翌月の全英オープンと翌年のマスターズの出場資格を獲得した。マッテオ・マナセロ フレッシュアイペディアより)

  • トミー・ジェイコブス

    トミー・ジェイコブスから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    アマチュア時代の1951年に16歳の若さで全米アマ準決勝進出。その活躍により、翌1952年のマスターズに当時史上最年少の17歳1ヶ月で出場した(2010年に16歳11ヶ月で出場したマッテオ・マナセロが更新)。トミー・ジェイコブス フレッシュアイペディアより)

  • オーガスタ

    オーガスタから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    オーガスタ (ジョージア州) - アメリカ合衆国ジョージア州の都市。マスターズ・トーナメントが開催される。オーガスタ フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・マイズ

    ラリー・マイズから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    28歳で迎えた1987年の「第51回マスターズ・トーナメント」で、最終日の4月12日、72ホールのプレイを終えて285打の3アンダーパーでグレグ・ノーマンやセベ・バレステロスと首位タイに並び、プレイオフの末、優勝したことで有名となった。プレイオフ1ホール目の10番ホールでバレステロスが1.5mのパーパットを外し、3パットのボギーで脱落、マイズとノーマンの一騎打ちとなり、アーメンコーナーの最初の11番ホール(455ヤード、パー4)へ。第2打は両者とも池やクリークを避けてグリーンの右から攻めた。ノーマンは第2打でカップの真横16ヤードのグリーン右のエッジに運んで2オン、対するマイズは第2打を右に大きく外してグリーン右のラフにつかまり、グリーンまで約20ヤード、カップまで約40ヤードを残したが、この位置はグリーンまでは打ち上げで、高速グリーン上は複雑なアンジュレーションかつ急勾配で池に向かう下りでパーセーブするのも困難と予測され、この時点で誰もがノーマンの優勝を確信した。ところが、マイズがサンドウェッジで第3打のアーメンショットを「攻撃的にしっかり(マイズ談)」打つと、ボールはグリーン手前で2バウンドした後、グリーン上をスルスルとフックラインで転がり、真ん中からピンに当たってカップインするという奇跡のチップインバーディーとなったのに対し、ノーマンは3打目のバーディーパットを外して、マイズがツアー2勝目をマスターズで挙げた。マイズは地元オーガスタ出身で、10代の前半に3番ホールのリーダーボード係のボランティア経験があり、優勝後「子供の時の大きな夢が、今日本当になった。夢は叶う」とコメントした。前年劇的な復活優勝を果たしたジャック・ニクラスは「この勝利で君は今後の人生の多くの扉を開けていくだろう」とマイズを祝福し、マイズはニクラスがグリーンジャケットを着せた最後の人物となった。ラリー・マイズ フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    2007年度のAT&Tクラシックでは2日目に首位タイに躍り出ると、最終日まで首位タイを守り、同年のマスターズを制したザック・ジョンソンとのプレーオフとなったが、1ホール目の第2打を池に入れてしまい惜しくも敗れた。この年はEDSバイロン・ネルソン選手権でも9位に入り、年間賞金ランキングは前年の92位から65位まで上昇した。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・スタドラー

    クレイグ・スタドラーから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    スタドラーはサンディエゴ出身。1973年に全米アマを制覇。南カリフォルニア大学卒業後、1976年プロに転向。主に米国のゴルフツアーで活躍し、通称・勝新として親しまれた。PGAツアーで通算13勝を挙げており、メジャー大会では1982年の「マスターズ・トーナメント」で優勝し、日本のゴルフツアーでは1987年の「ダンロップフェニックストーナメント」でも優勝した。2013年現在は米国のチャンピオンズツアーで活躍している。息子のケビン・スタドラーもプロゴルファーとして米国中心に活躍しており、2014年2月2日に「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」において嬉しいツアー初優勝を飾っている。クレイグ・スタドラー フレッシュアイペディアより)

  • トム・レーマン

    トム・レーマンから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    1997年の年間開幕戦「メルセデス選手権」は、試合中の雨のため54ホール(3日分の競技)に短縮され、レーマンは前年8月末にプロ転向したばかりのタイガー・ウッズとプレーオフを戦うことになった。ウッズは1996年10月にいきなり2勝を挙げて初出場を決めた。プレーオフの1ホール目(パー3のホールを使用)で、レーマンが第1打を池に落としてしまう。21歳になったばかりのウッズは第1打をピンそばにぴたりと寄せ、この大舞台でいきなり優勝してしまった。3ヶ月後のマスターズで、ウッズはいきなり最年少でメジャー大会初優勝を飾る。レーマン自身はマスターズでは12位に終わったが、翌週の「MCIクラシック」で4位に入ったことにより、4月21日に初めて世界ランキング1位になった。しかし、レーマンの世界1位の座はこの1週間だけで終わってしまう。続く全米オープンで、レーマンは優勝争いに加わりながらも3位にとどまった。1997年度末の世界ランキングでは、レーマンは一気に8位まで転落している。その後、2000年1月末に「フェニックス・オープン」でツアー5勝目を挙げたが、それ以後は何度かの優勝争いに敗れている。トム・レーマン フレッシュアイペディアより)

  • 羽川豊

    羽川豊から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    1979年、専修大学在学中に日本学生ゴルフ選手権競技で優勝。主将としてチームを率いた。1980年プロテスト合格。プロテストではダントツの−8で合格し、当時のプロテスト新記録を樹立した。翌81年には日本最高峰・日本のトップ大会である日本オープンで優勝。日本シリーズも制し、同年代である湯原信光や倉本昌弘と共に「ニューウェーブ三羽烏」と称された。翌1982年には前年の日本での活躍から、マスターズに招待される。ここでも15位と健闘し、アメリカの選手や関係者から「現役では最高のレフティだ」と絶賛された。羽川豊 フレッシュアイペディアより)

175件中 41 - 50件表示

「マスターズ・トーナメント」のニューストピックワード