175件中 71 - 80件表示
  • アルバトロス

    アルバトロスから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    マスターズでは1935年にジーン・サラゼン(4日目15番パー5)、1967年にブルース・デブリン(1日目8番パー5)、1994年にジェフ・マガート(4日目13番パー5)、2012年にルイ・ウーストハイゼン(4日目2番パー5)、2016年にジャン・ハナ(3日目8番パー4)が達成している。サラゼンはその奇跡的な1打もあって首位に追いつき、プレーオフの末マスターズ優勝を果たしている。アルバトロス フレッシュアイペディアより)

  • ジーン・サラゼン

    ジーン・サラゼンから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    マスターズは1934年にボビー・ジョーンズによって創設され、第1回の優勝者はホートン・スミスであった。ジーンは第2回の優勝者となり、こうして現在の定義による「キャリア・グランドスラム」を達成した。ジョーンズは1930年に「年間グランドスラム」を達成した選手であるが彼は生涯アマチュアを貫いた人であり、彼が1年間のうちにすべて制覇した大会は全米オープンと全英オープン、そして全米アマチュアと全英アマチュアであった。ジョーンズがマスターズを創設したことによりゴルフにおける「4大メジャー大会」の定義が変わり、2つのアマチュア大会に代わってマスターズと全米プロがメジャー大会として扱われるようになった。したがって、ジーンが(マスターズの創設前に)3度優勝した全米プロが公式な優勝記録として扱われる。メジャー大会通算「7勝」は、アーノルド・パーマーらと並ぶ歴代7位タイ記録となった。最後に出場した公式競技試合はトゥルーン・オールドコース開催の第102回全英オープンであり、大会史上最高齢の71歳で臨み、大会初日(1973年7月11日、全英オープン初出場から50年後)の8番ホール(パー3、126ヤード)で5番アイアンを振り抜くとノーバウンドで直接カップに入るホールインワンとなり、ホールインワンのツアー最年長記録となっている。また、翌日の8番ホールではティーショットをバンカーに入れたが、バンカーショットがチップインバーディとなり、この難関ホールを2日間パターを使用せず計3打にまとめた。このホールは地形が険しいことからAilsa、グリーンが小さいことからPostage Stampという通称を持ち、1950年の全英オープンではドイツ人アマチュアのヘルマン・ティシーズが設置されていた3つの深いバンカーすべてに捕まり14オン1パットの15打を記録、1997年にはプロとして初めて全英オープンに臨んだタイガー・ウッズが7打を叩いたことがある。なお、サラゼンは翌1974年の全英オープンの招待も受けたが辞退した。ジーン・サラゼン フレッシュアイペディアより)

  • テーダマツ

    テーダマツから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    アメリカ合衆国ジョージア州にありマスターズ・トーナメントの開かれるゴルフ場として名高い。ここの17番ホールにEisenhower tree(アイゼンハワーの木)と呼ばれる有名な本種の個体がある。樹の名はアイゼンハワー元大統領にちなんだものである。彼はこのゴルフ場の会員権を持ち、プレーしていたが、この木に何度もボールを当ててしまった。この木が憎い彼は、1956年の会議でこの木を伐採することを提案した。ゴルフ場のオーナーは大統領の提案に反対だが、面と向かって拒絶するわけにもいかず会議を延期するという方法を取った。なんだかんだで、この木は現存しておりゴルフ場の名物になっていたが2014年2月の風害で大きな損傷を受け伐採撤去されてしまった。Eisenhower pine(アイゼンハワーのマツ)とも呼ばれる。テーダマツ フレッシュアイペディアより)

  • ディフェンディングチャンピオン

    ディフェンディングチャンピオンから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントでは、前夜のチャンピオンズ・ディナー(歴代優勝者を招待する晩餐会)で前年チャンピオンに食事メニューを決める権利が与えられる。ディフェンディングチャンピオン フレッシュアイペディアより)

  • マーク・オメーラ

    マーク・オメーラから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    マーク・オメーラ(Mark O'Meara, 1957年1月13日 - )は、アメリカ・ノースカロライナ州出身のプロゴルファーである。1998年にマスターズと全英オープンで優勝し、メジャー大会年間2冠を獲得した。世界ランキング自己最高位は2位。アメリカPGAツアーで通算16勝、国際試合で8勝を挙げる。日本ゴルフツアーでも1985年の「フジサンケイクラシック」と1992年の「東海クラシック」で優勝がある。2015年に世界ゴルフ殿堂入りした。マーク・オメーラ フレッシュアイペディアより)

  • セベ・バレステロス

    セベ・バレステロスから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    酪農家の家庭に男ばかり4人兄弟の末っ子として生まれる。キャディのアルバイトをしていた兄の影響でゴルフに触れ、7歳のときにもらった3番アイアンのヘッドに枯れ枝を取り付けてクラブに見立て、小石を打つなどして遊ぶことによりゴルファーとしての基礎を自然と身に付けた。8歳になると本物の3番アイアンを手に入れ自分の体の一部のように終始離さず、たった一個のボールが擦り切れて中のゴムが露出するまで打ち続けた彼は、12歳の頃にはスクラッチプレーヤーの腕前に達し、1974年わずか16歳でプロとなる早熟ぶりだった。180cm・78kgのバランスの取れた体格はゴルフをするために生まれてきたと評されプロ転向してから2年後の1976年に欧州ツアー初優勝、この年19歳の若さで欧州ツアーの賞金王に輝いた。1976年のマスターズ直前にはアメリカゴルフダイジェスト誌が「史上初めての10代優勝の可能性」と特集を組むほどの逸材だった。日本ツアーでも1977年に日本オープンでツアー史上最年少優勝を飾った。マスターズの初優勝は1980年だったが、当時の最年少優勝記録を更新する勝利だった(後にこの記録はタイガー・ウッズに破られた)。その前年22歳で全英オープンでメジャー大会初優勝。メジャー大会では通算5勝している。セベ・バレステロス フレッシュアイペディアより)

  • Vance K

    Vance Kから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメント(DVDナレーション)Vance K フレッシュアイペディアより)

  • 優勝

    優勝から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    優勝者・チームにはさまざまな形で報奨がなされる。賞金・副賞・トロフィー・盾・表彰状・優勝旗・ペナントなど。オリンピックの金メダル、UEFAチャンピオンズリーグのビッグイヤー、アメリカスカップのトロフィー、マスターズ・トーナメントのグリーンジャケット、大相撲の天皇賜杯、高校野球の紫紺の優勝旗(選抜大会)や深紅の優勝旗(高校選手権)、社会人野球(都市対抗)の黒獅子旗、高校ラグビー(全国高校大会)の飛球の旗、NBAのチャンピオンリング、世界選手権自転車競技大会のマイヨ・アルカンシエル、マラソンの月桂冠、レスリング(世界選手権)のチャンピオンベルト、競馬の優勝レイなどが有名。優勝 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊!健康カレンダー カラダのキモチ

    週刊!健康カレンダー カラダのキモチから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    毎年4月上旬(4月第2金曜日 - 第2月曜日)に開催される「マスターズ・トーナメント」が放送される際は番組休止となるほか、後続番組の『がっちりマンデー!!』が拡大版になる時は休止となった(『がっちりマンデー!!』拡大版の翌週日曜日に本番組の拡大版が放送されたこともある)。週刊!健康カレンダー カラダのキモチ フレッシュアイペディアより)

  • アダム・スコット

    アダム・スコットから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    スコットはオーストラリアの英雄グレグ・ノーマンに憧れてゴルフを始め、ジュニア時代から顕著な成績を数多く出していた。2000年6月、大学を2年で中退してプロゴルファーに転向する。直ちに2001年1月の「アルフレッド・ダンヒル選手権」でヨーロピアンツアーに初優勝を飾り、スコットは大型新人選手のひとりとして注目を集め始めた。1999年後半に19歳で一躍世界トップ選手に躍進したセルヒオ・ガルシアの刺激もあり、当時の若手選手たちが少しでも早い成功を求めていた時代背景もあったが、スコットはその中で着実な成長を続けてゆく。スコットのメジャー大会初出場は2001年の全英オープンであったが、2002年のマスターズに初出場で9位入賞を果たし、メジャー大会への挑戦も軌道に乗せた。2002年は3月の「カタール・マスターズ」と8月の「スコットランドPGA選手権」で欧州ツアーに年間2勝を挙げている。アダム・スコット フレッシュアイペディアより)

175件中 71 - 80件表示

「マスターズ・トーナメント」のニューストピックワード