175件中 81 - 90件表示
  • 健康カプセル!ゲンキの時間

    健康カプセル!ゲンキの時間から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    毎年4月上旬(4月第2金曜日 - 第2月曜日)に開催される『マスターズ・トーナメント』のテレビ中継が放送される際は番組が休止となる。健康カプセル!ゲンキの時間 フレッシュアイペディアより)

  • 杉原輝雄

    杉原輝雄から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    2009年 - 中日クラウンズにおいて同一大会50年連続出場を達成、アーノルド・パーマーのマスターズ・トーナメントにおける連続出場およびC.エバンズの全米アマにおける連続出場の世界タイ記録に並ぶ。杉原輝雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    マスターズ: タイガー・ウッズ(アメリカ)ウッズがジャック・ニクラス以来2人目のダブル・グランドスラムを達成し、メジャー優勝回数を2桁に乗せる。2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ジョーダン・スピース

    ジョーダン・スピースから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    2015年には前年2位となったマスターズでタイガー・ウッズの記録に並ぶ270ストローク、史上2番目の若さで優勝を果たし、グリーンジャケットを獲得した。続く6月の全米オープンでは最終日最終組の1組前でプレーし、トップで最終組を待った。その後ダスティンが18番パー5のグリーンで3パットを喫してしまったことで全米オープン初優勝を果たし、メジャー選手権連勝を果たした。8月に全米プロでは2位となり、ローリー・マキロイが保持していた世界ランク1位を獲得した。しかし2週間後のプレーオフ第1戦のザ・バークレイズで予選落ちし、世界ランク1位をマキロイに明け渡した。その後ツアー最終戦のツアー選手権で優勝し、フェデックスカップ初優勝となり、世界ランクも1位に返り咲いた。ジョーダン・スピース フレッシュアイペディアより)

  • 全米オープン (テニス)

    全米オープン (テニス)から見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    日本では1979年から1983年まではNHK総合テレビが独占放送したが、1987年から2004年までTBSが制作を務めており、JNN系列全国28局ネットで放送していた。セールスはテレ・プランニング・インターナショナルとビデオプロモーションが担当しており、ゴルフのマスターズ・トーナメントと同様、アナウンサーの提供コメントなしで放送していた。1992年からはWOWOWが放映権を持っている。全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • ベン・ホーガン

    ベン・ホーガンから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    1953年に第17回マスターズ、第53回全米オープン(オークモント、選手と観衆を隔てるロープが初めて導入された大会)、第82回全英オープン(カーヌスティ)でゴルフ史上初のメジャー大会年間3冠を達成。この年出場したメジャー大会すべてで勝利を挙げるという快挙でもあった。当時のスケジュールでは全米プロゴルフ選手権最終日は全英オープン会期中に設定されたため両方に出場するのは不可能であり、しかも全米プロゴルフ選手権はマッチプレイ形式で1週間ほぼ連日36ホールを戦わねばならず、ホーガンは肉体的負担などを考慮して、キャリアで一度だけ全英オープンを選択して出場したと推測される。全英オープンでは、ディフェンディングチャンピオンのボビー・ロック、後に全英を五度制覇したピーター・トムソン、ロベルト・デ・ビセンゾ、ダイ・リースらの挑戦を退け、最終日には全英オープンコースレコードを68と更新し、2位に4打差で優勝した。全英オープン初優勝を果たして帰国すると、ニューヨークで紙吹雪の舞う凱旋パレードで迎えられた。同年にはトッププロスポーツ選手としてヒコック・ベルト(Hickok Belt, 1950年から1976年まで存在した年間最優秀プロスポーツ選手賞)を授与された。ベン・ホーガン フレッシュアイペディアより)

  • 二木ゴルフ

    二木ゴルフから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    二木ゴルフがアメ横に1号店を創業した1973年(昭和48年)は、日本にゴルフブームが根づき始めた時期と重なっている。この年は尾崎将司がマスターズで自己最高の8位入賞を果たし、青木功が日本ゴルフツアーで6勝を挙げている。日本ゴルフツアーにおける賞金ランキング制度も、この年から始まった。マスターズの衛星放送中継が開始されたのも同じ時期にあたる。それらの影響で、アマチュアゴルファーも大幅に増え始めたが、現在に比べるとゴルフを始めるハードルはまだ高かった。そうした早い時期にアメ横で開店した二木ゴルフは、日本におけるゴルフ用品普及に大きく貢献したといえよう。二木ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • パドレイグ・ハリントン

    パドレイグ・ハリントンから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    ハリントンの他のメジャー大会での主な成績は、マスターズで2002年・2008年の5位、全米オープンで2012年の4位などがある。パドレイグ・ハリントン フレッシュアイペディアより)

  • コリン・モンゴメリー

    コリン・モンゴメリーから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    2005年の全英オープンは、ゴルフの聖地セント・アンドリュース オールドコースで行われた。そこでモンゴメリーは久々にメジャー大会の優勝争いに絡んだが、優勝したタイガー・ウッズと5打差の2位に終わった。(優勝したウッズとの第3ラウンドに先立ち、モンゴメリーはウッズについて「ここでのタイガーは(テニスの)ウィンブルドンでのフェデラーのように強いよ」と賞賛を贈った。これは自分がイギリスのヒーロー、ティム・ヘンマンになぞらえられたための比喩である。その8年前の1997年に、モンゴメリーはマスターズの第3ラウンドで、当時21歳の新人選手ウッズに完敗した後、負け惜しみを言ったことがあった。)コリン・モンゴメリー フレッシュアイペディアより)

  • イアン・ウーズナム

    イアン・ウーズナムから見たマスターズ・トーナメントマスターズ・トーナメント

    両親はウェールズ人で、イングランド領のオスウェストリー生まれ。少年時代、ウェールズとイングランドの国境に接したコースでゴルフを学んだが、その練習場は15ホールがウェールズ領に、他の3ホールはイングランド領に入っていたという。1976年にプロ入り。1982年に「エーベル・スイス・オープン」でプロ初優勝を飾る。1983年からアメリカ代表チームとヨーロッパ選抜代表チームで争われるゴルフ団体戦「ライダーカップ」のヨーロッパ選抜代表に選ばれ、以後1997年の大会まで「8回連続」出場を果たす。1987年と1990年の2度ヨーロッパツアーの賞金王(賞金ランキング1位)に輝いたが、最初の1987年はヨーロッパツアーでの年間獲得賞金額で「100万ドル」を突破した史上初の選手になった。33歳で臨んだ1991年の第55回マスターズ・トーナメントで、2位に1打差の11アンダーパー(-11, 72-66-67-72の277ストローク)でキャリア唯一のメジャー優勝を果たした。ウーズナムは3日目終了時点で-11で単独首位、最終日の4月13日は最終組でトム・ワトソンと午後1時59分(日本時間14日午前2時59分)スタートで廻った。最終日にウーズナムがスコアを伸ばせないでいると、米国のワトソンとスペインのホセ・マリア・オラサバルが追撃してきた。1組前のオラサバルは13番ホールから3連続バーディで、15番ホール終了時点で-11。ワトソンはパットが不調で出入りの激しいラウンドだったが、13番ホールで5mのパットを入れイーグル、15番ホールでも第2打をピン左2.5mにつけて、この日2つめのイーグルを奪って-11。15番ホール終了時点から17番ホール終了時点まで3人が-11に並び、最終18番ホール(パー4)で勝敗が分かれた。まず、オラサバルが18番ホールに臨んだが、ドライバーでの第1打がフェアウェイ左のバンカーに捕まり、続く7番アイアンでの第2打もグリーン手前のバンカーに捕まって、3オン2パットのボギーで-10に後退。最終組の18番ホールの第1打のドライバーショットは、ワトソンがフェアウェイ右の林に打ち込むと、ウーズナムはドローボールで攻めてフェアウェイ左の浅いラフに打ち込み、二人とも第2打はリカバリーショットとなった。ワトソンは3番アイアンで攻めてグリーン手前のバンカーに捕まったのに対し、ウーズナムの9番アイアンのショットは前方のマウンドとバンカーを越え、グリーン左に少し外れたが成功した。ワトソンの第3打はピンに絡んでグリーン奥に3オンしたが距離を残し、短いボギーパットも外して3パットでダブルボギー、-9に後退して3位タイ。ウーズナムはパターで3オンして、残り8フィートを1パットで沈めてパーの逃げ切りで勝利したが、この日4回目の1パットでのパーセーブだった。イアン・ウーズナム フレッシュアイペディアより)

175件中 81 - 90件表示

「マスターズ・トーナメント」のニューストピックワード