前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示
  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たジャック・ニクラス

    2005年の大会では、ゴルフの“帝王”ジャック・ニクラスがマスターズからの引退を表明した。最近になって歴代優勝者枠の出場年齢の上限が「65歳」と定められたが、以前はその規定がなかった。アーノルド・パーマーは74歳の2004年まで出場を続行したが、ニクラスは新規定に従って65歳でマスターズを引退した最初の歴代優勝者となる。優勝したウッズは「29歳3ヶ月」で4度目の優勝を果たし、30歳を迎える前に4勝を挙げた最初の選手となった。(4勝の時点でパーマーは34歳、ニクラスは32歳であった。)マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たゲーリー・プレーヤー

    1961年に南アフリカのゲーリー・プレーヤーが優勝し、初のアメリカ人以外の優勝者となった。1975年にはリー・エルダー(Lee Elder)が黒人選手として初めて出場した。2009年にアルゼンチンのアンヘル・カブレラが初の南米勢優勝を果たした。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たアーノルド・パーマー

    2005年の大会では、ゴルフの“帝王”ジャック・ニクラスがマスターズからの引退を表明した。最近になって歴代優勝者枠の出場年齢の上限が「65歳」と定められたが、以前はその規定がなかった。アーノルド・パーマーは74歳の2004年まで出場を続行したが、ニクラスは新規定に従って65歳でマスターズを引退した最初の歴代優勝者となる。優勝したウッズは「29歳3ヶ月」で4度目の優勝を果たし、30歳を迎える前に4勝を挙げた最初の選手となった。(4勝の時点でパーマーは34歳、ニクラスは32歳であった。)マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たタイガー・ウッズ

    大会歴代2位の優勝回数は4回、アーノルド・パーマー(1958年、1960年、1962年、1964年)とタイガー・ウッズ(1997年、2001年、2002年、2005年)の2人。歴代4位は3回優勝、ジミー・デマレー、サム・スニード、ゲーリー・プレーヤー、ニック・ファルド、フィル・ミケルソンの5人がいる。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たフィル・ミケルソン

    大会歴代2位の優勝回数は4回、アーノルド・パーマー(1958年、1960年、1962年、1964年)とタイガー・ウッズ(1997年、2001年、2002年、2005年)の2人。歴代4位は3回優勝、ジミー・デマレー、サム・スニード、ゲーリー・プレーヤー、ニック・ファルド、フィル・ミケルソンの5人がいる。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たアンヘル・カブレラ

    1961年に南アフリカのゲーリー・プレーヤーが優勝し、初のアメリカ人以外の優勝者となった。1975年にはリー・エルダー(Lee Elder)が黒人選手として初めて出場した。2009年にアルゼンチンのアンヘル・カブレラが初の南米勢優勝を果たした。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見た石川遼

    最多特別招待枠出場回数:3回、石川遼(2009年、2012年、2013年)マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たマッテオ・マナセロ

    一方、最年少の出場者は2010年に全英アマ優勝者の資格で出場した16歳11ヶ月の高校生マッテオ・マナセロ(イタリア)。1952年に17歳1ヶ月で出場したトミー・ジェイコブスの記録を更新した。また、マナセロはカットラインぎりぎりで予選通過を果たし、1967年に18歳10ヶ月で予選を通過したボビー・コール(南アフリカ)の最年少予選通過記録も更新した。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たグレグ・ノーマン

    18ホール最少スコア:63、ニック・プライス(1986年3日目)、グレグ・ノーマン(1996年1日目)マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たザック・ジョンソン

    意外な伏兵が優勝することが多い他のメジャートーナメントと違い、ビッグネームが順当に優勝することの多いトーナメントとして有名だった。これは毎年同じゴルフコースで開催されるという特性から、ベテランほどこのコースの経験を多く持っていることが原因と考えられる。だが、2007年大会は世界ランキング56位(当時)でツアー1勝しかしていないザック・ジョンソンが優勝し、大会史上初といってもいい伏兵の優勝となった。近年は若手プロの初優勝が相次いでおり、ベテランに有利とは限らなくなっている。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示

「マスターズ・トーナメント」のニューストピックワード