49件中 11 - 20件表示
  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見た英国放送協会

    BBCは1986年以来マスターズの放映権を持っている。BBCはCMなしで放送されている。ラジオではBBC Radio Five Liveで放送される。アイルランドはSetanta Irelandで4日間放送。RTÉが後半の2日間放送。カナダ国内ではグラハム・サンボーン・メディアがマーケティングセールスを行い、英語は前半の2日間はTSN、後半の2日間はグローバルで放送されている。フランス語はTVAで放送。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見た2009年

    1961年に南アフリカのゲーリー・プレーヤーが優勝し、初のアメリカ人以外の優勝者となった。1975年にはリー・エルダー(Lee Elder)が黒人選手として初めて出場した。2009年にアルゼンチンのアンヘル・カブレラが初の南米勢優勝を果たした。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たESPN

    アメリカでは、本戦がCBS系列の局で放送されている。予選ラウンドについては、それまでUSAネットワークで放送されていたが、2008年からはESPNで中継されている。そのためCBSはレイト・ショー放映前に15分のハイライトを放送されている。さらに、本戦前日に行われる恒例のパー3コンテストもESPNで2008年から放送されている。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たボビー・ジョーンズ (ゴルファー)

    1934年にボビー・ジョーンズと友人で実業家のクリフォード・ロバーツの企画により「オーガスタ・ナショナル招待選手権大会」と題して開幕したが、1939年に当初ロバーツが考えていたものの、ジョーンズが嫌っていたマスターズというタイトルに変更された。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たサム・スニード

    大会歴代2位の優勝回数は4回、アーノルド・パーマー(1958年、1960年、1962年、1964年)とタイガー・ウッズ(1997年、2001年、2002年、2005年)の2人。歴代4位は3回優勝、ジミー・デマレー、サム・スニード、ゲーリー・プレーヤー、ニック・ファルド、フィル・ミケルソンの5人がいる。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たベン・ホーガン

    最多2位回数:4回、ベン・ホーガン(1942年、1946年、1954年、1955年)、ジャック・ニクラス(1964年、1971年、1977年、1981年)、トム・ワイスコフ(1969年、1972年、1974年、1975年)マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たニック・プライス

    18ホール最少スコア:63、ニック・プライス(1986年3日目)、グレグ・ノーマン(1996年1日目)マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たトミー・ジェイコブス

    一方、最年少の出場者は2010年に全英アマ優勝者の資格で出場した16歳11ヶ月の高校生マッテオ・マナセロ(イタリア)。1952年に17歳1ヶ月で出場したトミー・ジェイコブスの記録を更新した。また、マナセロはカットラインぎりぎりで予選通過を果たし、1967年に18歳10ヶ月で予選を通過したボビー・コール(南アフリカ)の最年少予選通過記録も更新した。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たニック・ファルド

    大会歴代2位の優勝回数は4回、アーノルド・パーマー(1958年、1960年、1962年、1964年)とタイガー・ウッズ(1997年、2001年、2002年、2005年)の2人。歴代4位は3回優勝、ジミー・デマレー、サム・スニード、ゲーリー・プレーヤー、ニック・ファルド、フィル・ミケルソンの5人がいる。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見た全米オープン (テニス)

    日本での地上波テレビ放送は1976年よりCBSと業務提携しているTBSが製作を務めており、JNN系列全国28局ネットで放送している。番組開始当初は2日間の決勝ラウンドの中継とこの日のハイライトを放送していたが、1983年からは2日間の予選ラウンドの放送、1988年にはゴールデンウィークに総集編(一部地域を除く)、その後2日間の予選ラウンドのダイジェスト版が加わり、現在の放送体制となっている。地上波のほか、BSデジタル放送BS-TBSで放送。また、CS放送(2時間のダイジェスト版のみ)では当初はJNNニュースバード(現・TBSニュースバード)で放送されていたが後にTBSチャンネルでの放送に移行した(TBSチャンネルでの放送素材は地上波のものでなくBS-TBSでの放送素材が使われている)。そのため、地上波放送分とBS・CS放送分で実況・解説の担当者が異っている。地上波放送ではリアルタイム字幕放送(2007年大会のダイジェストから)を、BS-TBSは2ヶ国語放送(英語副音声 ステレオ2音声)を実施。セールスはテレ・プランニング・インターナショナルとビデオプロモーションが担当しており、全米オープンテニスと同様、アナウンサーによる提供コメントなしで放送している。一方、BS-TBSでは提供クレジットは前クレのみで提供コメントはしている。TBSチャンネルでは有料放送であるためスポンサーそのものは一切なく、提供クレジットの表示も提供コメントもまったくない。その影響のため、朝の報道番組が休止になったり、繰り下げ放送になることが多い。なお、パー3コンテストについては、日本でもBS-TBSで録画放送された。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

49件中 11 - 20件表示

「マスターズ・トーナメント」のニューストピックワード