63件中 21 - 30件表示
  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見た2009年

    1961年に南アフリカのゲーリー・プレーヤーが優勝し、初のアメリカ人以外の優勝者となった。1975年にはが黒人選手として初めて出場した。2009年にアルゼンチンのアンヘル・カブレラが初の南米勢優勝を果たした。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たメルセデス・ベンツ

    テレビ中継のスポンサーはIBM、エクソンモービル、AT&Tであるが、2014年はエクソンモービルに代わってメルセデス・ベンツが勤めた。またオフィシャルタイムキーパーのロレックス、UPSもスポンサーとして名乗っている。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たESPN

    アメリカでは、テレビが本戦がCBS系列の局で放送されている。予選ラウンドについては、それまでUSAネットワークで放送されていたが、2008年からはESPNで中継されている。そのためCBSはザ・レイト・ショー放映前に15分のハイライトを放送されている。さらに、本戦前日に行われる恒例のパー3コンテストもESPNで2008年から放送されている。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たベン・ホーガン

    最多2位回数:4回、ベン・ホーガン(1942年、1946年、1954年、1955年)、ジャック・ニクラス(1964年、1971年、1977年、1981年)、トム・ワイスコフ(1969年、1972年、1974年、1975年)マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たボビー・ジョーンズ (ゴルファー)

    1934年にボビー・ジョーンズと友人で実業家のクリフォード・ロバーツの企画により"Augusta National Invitation Tournament"と題して開幕したが、1939年に当初ロバーツが考えていたものの、ジョーンズが嫌っていたマスターズというタイトルに変更された。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たニック・プライス

    18ホール最少スコア:63、ニック・プライス(1986年3日目、10バーディー・1ボギー)、グレグ・ノーマン(1996年1日目、9バーディー)マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たクレイグ・スタドラー

    2014年には、1982年大会優勝者のクレイグ・スタドラーと息子のが史上初の親子同時出場を果たした。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たビリー・キャスパー

    優勝賞金は開幕当初は特に定めないで、3日間の入場収入などを基に決定する。優勝者には優勝賞金に加えてグリーン・ジャケットが贈られ、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの名誉会員となり、当大会への生涯出場権が与えられる。「ゴルフの祭典」という大会の性格上、この生涯出場権により、2000年代までは年齢が70代や80代に達した往年の名プレーヤーが出場を続けていた。しかし、2002年に大会を主催するマスターズ委員会が、一定水準のスコアでラウンドできなくなった選手に対して出場辞退を要請する手紙を送るようになったことや、コース改造(全長を約300ヤード延長)を契機として、やビリー・キャスパー、などが出場を取りやめるようになった。その後、BIG3と呼ばれたアーノルド・パーマーは2004年(当時74歳)、ジャック・ニクラスは2005年(当時65歳)、ゲーリー・プレーヤーは2009年(当時73歳)に引退を表明し、競技者としての出場を終えている(この3人は2012年から名誉スターターとして大会初日に始球式を行っているが、2016年はパーマーが辞退を表明した)。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見た全米オープン (テニス)

    日本での地上波テレビ放送は1976年よりCBSと業務提携しているTBSが製作を務めており、JNN系列全国28局ネットで放送している。 番組開始当初は2日間の決勝ラウンドの中継とこの日のハイライトを放送していたが、1983年からは2日間の予選ラウンドの放送、1988年にはゴールデンウィークに総集編(一部地域を除く)、その後2日間の予選ラウンドのダイジェスト版が加わり、現在の放送体制となっている。2014年は4日間合計で24時間の放送を実施。特に最終日は中断無しで約8時間生放送した。地上波のほか、BSデジタル放送BS-TBSで放送。また、CS放送(2時間のダイジェスト版のみ)では当初はJNNニュースバード(現・TBSニュースバード)で放送されていたが後にTBSチャンネルでの放送に移行した(TBSチャンネルでの放送素材は地上波のものでなくBS-TBSでの放送素材が使われている)。そのため、地上波放送分とBS・CS放送分で実況・解説の担当者が異っている。地上波放送ではリアルタイム字幕放送(2007年大会のダイジェストから)を、BS-TBSは2013年まで2ヶ国語放送(英語副音声 ステレオ2音声)を実施。セールスはテレ・プランニング・インターナショナルとビデオプロモーションが担当しており、全米オープンテニスと同様、アナウンサーによる提供コメントなしで放送している。一方、BS-TBSでは提供クレジットは前クレのみで提供コメントはしている。TBSチャンネルでは有料放送であるためスポンサーそのものは一切なく、提供クレジットの表示も提供コメントもまったくない。その影響のため、朝の報道番組が休止になったり、繰り下げ放送になることがある。なお、パー3コンテストについては、日本でもBS-TBSで録画放送された。2014年は初めてインターネットによる生中継を行い、アーメンコーナー、15・16番ホール、注目組のプレーを配信した。(日本以外は視聴不可、CBS・マスターズ公式サイトでも米国のみでライブ配信されている。)2017年はアニメサタデー630開始前の4月1日に大会直前スペシャルを編成し、過去の名場面などが放送される。マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たワールドゴルフランキング

    前年最終週の公式世界ランキング50位以内マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

63件中 21 - 30件表示

「マスターズ・トーナメント」のニューストピックワード