59件中 11 - 20件表示
  • 文化財返還問題

    文化財返還問題から見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    この問題に対してペルーは、2011年にエール大学から譲渡されたマチュ・ピチュの文化財を収蔵するため、クスコに新たにカサ・コンチャ博物館(Museo de la Casa Concha)を建造している。この他エジプトはギーザに博物館(:en:Grand Egyptian Museum)を建造するなど、受け入れ体制の整備は各国で行われている。文化財返還問題 フレッシュアイペディアより)

  • ビルカバンバ

    ビルカバンバから見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    ケチュア語の "Willkapampa" は "Espíritu Pampa (es. エスピリトゥ・パンパ、意:インカの魂が宿る平原)" を指している。マチュ・ピチュを発見した探検家ハイラム・ビンガムはマチュ・ピチュこそがビルカバンバに違いないと信じていたが、地元ペルーの歴史学者は、ポーランドの歴史学者およびと共に、ビルカバンバの征服に従事した兵士の記録を発見した。その記録を参考にしてビルカバンバの位置を考えたところ、エスピリトゥ・パンパという遺跡が兵士の記録と一致した。そこで彼は現地へ赴き、エスピリトゥ・パンパこそが真のビルカバンバであると確認した。ビルカバンバ フレッシュアイペディアより)

  • ハイラム・ビンガム

    ハイラム・ビンガムから見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    ハイラム・ビンガム3世(Hiram Bingham III、1875年11月19日 - 1956年6月6日)は、アメリカの探検家、政治家。ペルーのマチュ・ピチュ遺跡の発見者。インディアナ・ジョーンズのモデルとされる。ハイラム・ビンガム フレッシュアイペディアより)

  • ペルーの鉄道

    ペルーの鉄道から見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    クスコ?オリャンタイタンボ?マチュ・ピチュ(アグアスカリエンテス)間107km 旅客列車が運行されている。ペルーの鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ガイア幻想紀

    ガイア幻想紀から見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    インカ帝国の遺跡マチュ・ピチュがモデル。ガイア幻想紀 フレッシュアイペディアより)

  • Que 〜エンシェントリーフの妖精〜

    Que 〜エンシェントリーフの妖精〜から見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    エンシェ内にはマチュ・ピチュ、グランド・キャニオン、イースター島など世界各地の名所を模したエリアがあり、参加者はそれぞれ好みのエリアに集まって交流する。冒険や探検ができるエリアも存在するが、エンシェはMMORPGではないので「モンスターを狩って経験値を得る」などのような要素は基本的にない。Que 〜エンシェントリーフの妖精〜 フレッシュアイペディアより)

  • カラル遺跡

    カラル遺跡から見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    カラル遺跡は2005年2月8日に世界遺産暫定リストに記載された。ペルーでは既に、チャビン・デ・ワンタル、ナスカの地上絵、チャン・チャンなど、アンデス文明の遺跡群はいくつも登録されていた。また、複合遺産であるマチュ・ピチュなどもそうである。しかし、上で見たように、カラルは少なくともアンデス文明で神殿建造物をもつ遺跡としては最古の時期に属しており、上記の物件群と比較しても古い。ICOMOSは上記の既登録物件や、メンフィス(エジプト)、モヘンジョ・ダロ(パキスタン)、ウルク・エリドゥ(イラク)などとも比較をした上でその「顕著な普遍的価値」を認め、世界遺産委員会に「登録」を勧告した。カラル遺跡 フレッシュアイペディアより)

  • アウトラン2

    アウトラン2から見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    4-A Lost City(ペルーのマチュ・ピチュ遺跡がモチーフ)アウトラン2 フレッシュアイペディアより)

  • ナショナルジオグラフィック協会

    ナショナルジオグラフィック協会から見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    インカ帝国の空中都市マチュ・ピチュ発見(ハイラム・ビンガム)ナショナルジオグラフィック協会 フレッシュアイペディアより)

  • ナショナルジオグラフィック協会

    ナショナルジオグラフィック協会から見たマチュピチュマチュ・ピチュ

    タイタニックやマチュピチュの発見で知られるほか、月にはナショナル ジオグラフィックの旗がある。ナショナルジオグラフィック協会 フレッシュアイペディアより)

59件中 11 - 20件表示

「マチュ・ピチュ」のニューストピックワード