87件中 11 - 20件表示
  • イポカンポ出版社

    イポカンポ出版社から見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    リマ、クスコ、ナスカ、アレキパ、マチュ・ピチュといったペルーの有名観光地やインカ文化とり上げた写真集や観光ガイド、絵葉書、カレンダー、トランプカード等を出版している。日本をはじめとする外国から訪れた旅行者は、ペルー各地の観光客向け売店で、イポカンポ出版社が出版した複数言語の旅行ガイドが販売されている光景に出会うことになる。イポカンポ出版社 フレッシュアイペディアより)

  • 野内与吉

    野内与吉から見たマチュピチュマチュ・ピチュ

    野内 与吉(のうち よきち、1895年(明治28年)11月18日 - 1969年(昭和44年)8月29日)は、ペルーのマチュピチュ村の初代村長。福島県大玉村出身。野内与吉 フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ワレンダ

    ニック・ワレンダから見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    長期的なものでは、ワレンダは国際認識と名声を得る。「私はとても若い頃から、名前のビジョンを持っている。私は、この事業でトップになるつもりだった」と彼は言った。彼の綱渡りの「希望リスト」には、トルコのボスポラス海峡で大陸を隔てる横断や、インカの遺跡、マチュ・ピチュを渡ることなどが含まれている。「私の終わりにはたくさんの期待がかかっている」と彼は語り「サーカスを徹底的に再構築したい」と付け加えた。「私たちは常にユニークで、人とは異なっている」とワレンダの妻は言う。「彼は常に見回している?おお、私はここからあそこにワイヤーを渡し、そこを歩くことができた」。ニック・ワレンダ フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・ネルーダ

    パブロ・ネルーダから見たマチュピチュマチュ・ピチュ

    代表作にチリの自然の美しさをうたった「マチュピチュの高み」や「女のからだ」などがある。1971年にノーベル文学賞受賞。ガブリエル・ガルシア=マルケスは「どの言語の中でも20世紀の最高の詩人」と称えた。若いころから詩人として名をなした。しかし、当時としては性に関する描写が多めで、下品だとの批判も文壇からあった。パブロ・ネルーダ フレッシュアイペディアより)

  • 初恋/グッバイ・アイザック

    初恋/グッバイ・アイザックから見たマチュピチュマチュ・ピチュ

    マチュピチュ『発見』100年 インカ帝国展 福岡展」公式イメージソング初恋/グッバイ・アイザック フレッシュアイペディアより)

  • evergreen (秦基博のアルバム)

    evergreen (秦基博のアルバム)から見たマチュピチュマチュ・ピチュ

    マチュピチュ『発見』100年 インカ帝国展 福岡展」公式イメージソングevergreen (秦基博のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ラブやん

    ラブやんから見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    実家はヤクザの組事務所。父は背中にマチュピチュの刺青を入れている組長で、娘に近寄る若い男に対しては容赦なくお尻にカラーコーンを根元まで突き刺すほどのバカ親。そのためヤエ自身はこれまで同世代の男性とじっくり話をしたことがない。ラブやん フレッシュアイペディアより)

  • アバンカイ

    アバンカイから見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    アバンカイはマチュ・ピチュなどのあるインカ時代の都市、チョケキラオへの玄関口となっている。チョケキラオには現在、人は住んでいない。アバンカイ フレッシュアイペディアより)

  • 旅客車

    旅客車から見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    国や鉄道事業者にもよるが、一等車、二等車のように車内の設備によって等級が付けられていることがある。等級の段階数もまた国と鉄道事業者によって様々である。等級に特別な名前が付けられていることもある。等級が上のものから例として示すと、日本のJRにおいては、グリーン車、普通車、韓国の韓国鉄道公社においては特室と一般室、中国の鉄道においては軟座車と硬座車、スペインの鉄道においてはクラブ (CLUB)、プレフェレンテ (PREFERENTE)、ツーリスタ (TURISTA) となっている。さらに等級により列車そのものが異なっていることがあり、例えばペルー・レイルでマチュ・ピチュへ向かう観光列車は、等級が上のものからハイラム・ビンガム号 (Hiram Bingham)、ビスタドーム号 (Vistadome)、バックパッカー号 (Backpacker) となっている。旅客車 フレッシュアイペディアより)

  • マチュ・ピチュの歴史保護区

    マチュ・ピチュの歴史保護区から見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    マチュ・ピチュの歴史保護区(マチュ・ピチュのれきしほごく)は、ペルーのクスコ県にあるマチュ・ピチュ遺跡と、その周辺を対象とするUNESCOの世界遺産リスト登録物件である。マチュ・ピチュ遺跡はインカ帝国時代の遺跡の中では保存状態がきわめて良く、それに加えて周辺の自然環境は優れた景観の中に絶滅危惧種・危急種をはじめとする重要な動物相・植物相を含んでいることから、1983年に複合遺産として登録された。総面積は約326km2で、そのうち都市遺跡部分は約5km2である。マチュ・ピチュの歴史保護区 フレッシュアイペディアより)

87件中 11 - 20件表示

「マチュ・ピチュ」のニューストピックワード