59件中 31 - 40件表示
  • アバンカイ

    アバンカイから見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    アバンカイはマチュ・ピチュなどのあるインカ時代の都市、チョケキラオへの玄関口となっている。チョケキラオには現在、人は住んでいない。アバンカイ フレッシュアイペディアより)

  • パチャクテク

    パチャクテクから見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    マチュ・ピチュは彼の時代までのものであると信じられている。パチャクテク フレッシュアイペディアより)

  • THE世界遺産

    THE世界遺産から見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    1996年(平成8年)4月14日放送開始。第1回はマチュ・ピチュ遺跡を紹介した(2006年5月7日の放送で再び採り上げられた)THE世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • キルル

    キルルから見たマチュピチュマチュ・ピチュ

    第3のキルル(だい3のキルル)は『超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ天空大決戦であります!』で存在が明かされたキルル。マチュピチュの地下で眠っていた第3のキルルをケロロが起動させたことによりオリジナルのケロロのデーターを読み取りダークケロロを作り出す。実はダークケロロののっていた空中都市そのものが第3のキルルであった。ケロロと冬樹たちの絆の前に敗北を悟ったダークケロロによって封印された(小説版では完全に破壊されたと推測されている)。キルル フレッシュアイペディアより)

  • 桑原征平

    桑原征平から見たマチュピチュマチュ・ピチュ

    KTVでは、桑原の退職翌日(5月15日)に、前代未聞の定年退職記念特別番組『さらば征平・最後の挑戦!』を生放送。後輩のアナウンサーや、『土曜大好き!830』で共演した板東英二や香坂みゆきなどをスタジオに迎えて、『征平の挑戦!』のダイジェストや定年間際での挑戦(東尋坊からのダイビングやマチュピチュでのグッバイボーイ経験など)の模様を放送した。同番組は、関西ローカルでの放送ながら、2004年(平成16年)度の日本民間放送連盟賞でテレビ番組部門のエンターテインメント番組最優秀賞を受賞。また、大きな反響を得たことから、以降も2度にわたって放送している。桑原征平 フレッシュアイペディアより)

  • ペルー

    ペルーから見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    ファイル:Peru_Machu_Picchu_Sunrise_2.jpg|マチュ・ピチュの歴史保護区 - (1983年、複合遺産)ペルー フレッシュアイペディアより)

  • ジャガイモ

    ジャガイモから見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    このジャガイモがヨーロッパ大陸に伝えられたのは、インカ帝国の時代、15世紀から16世紀頃とされている。当初、インカ帝国の食の基盤はトウモロコシではないかと伝えられていたが、ワマン・ポマが残した記録やマチュ・ピチュの段々畑の史跡研究、気象地理条件、食生活の解析など、複数方面からの結果が、食基盤がジャガイモであったことを示しており、近年見直しが図られている。しかし、具体的に「いつ」「誰が」伝えたのかについてはっきりとした資料は残っておらず、スペイン人がジャガイモを本国に持ち帰ったのは1570年頃で、新大陸の「お土産」として船乗りや兵士達によってもたらされたものであろうと推測付けられている。さらに1600年頃になるとスペインからヨーロッパ諸国に伝播するが、この伝播方法にも諸説あり、はっきりとは判明していない。いずれにせよ16世紀末から17世紀にかけては植物学者による菜園栽培が主であり、ヨーロッパの一般家庭に食料としてジャガイモが登場するのはさらに時を待たねばならない。さらにジャガイモは18世紀にはアイルランド移民の手によりアメリカへ渡り、アメリカ独立戦争における兵士たちの胃袋を満たす貴重な食料源となった。ジャガイモ フレッシュアイペディアより)

  • インカ帝国

    インカ帝国から見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    パチャクテクは、クスコ王国を新帝国「四つの邦(スウユ)」(タワンティンスウユ、インカ帝国の正式名称)に再編した。タワンティンスウユは、中央政府及びその長であるサパ・インカと、強力な指導者に率いられる4つの属州(北西のチンチャイ・スウユ、北東のアンティ・スウユ、南西のクンティ・スウユ、南東のコリャ・スウユ)とから成り立つ連邦制であった。パチャクテクはまた、根拠地或いは避暑地としてマチュ・ピチュを建設したと考えられている。マチュ・ピチュについては一方で農業試験場として建設されたとする見解も存在する。インカ帝国 フレッシュアイペディアより)

  • クスコ

    クスコから見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    現在は、マチュ・ピチュ遺跡との間、およびチチカカ湖のほとりのプーノとの間にペルー南部鉄道が走っているほか、首都リマからは空路で接続されている。バスも各地との間に運行されているが、道が悪く、特に雨期は空路・鉄道と比べて確実ではない。クスコ フレッシュアイペディアより)

  • 7月24日

    7月24日から見たマチュ・ピチュマチュ・ピチュ

    1911年 - ハイラム・ビンガムがマチュ・ピチュ遺跡を発見する。7月24日 フレッシュアイペディアより)

59件中 31 - 40件表示

「マチュ・ピチュ」のニューストピックワード