30件中 11 - 20件表示
  • マチュ・ピチュ

    マチュ・ピチュから見たクスコ

    熱帯山岳樹林帯の中央にあり、植物は多様性に富んでいる。行政上クスコと同じ地域に属している。現在ペルー国内では10ヶ所あるユネスコの世界遺産のうちでは最初にクスコと同時(1983年)に指定された。マチュ・ピチュ フレッシュアイペディアより)

  • マチュ・ピチュ

    マチュ・ピチュから見たインカ帝国

    ケチュア語:Machu Pikchu) は、アンデス山麓に属するペルーのに沿った高い山の尾根(標高2,430m)に所在する、15世紀のインカ帝国の遺跡である。マチュ・ピチュ フレッシュアイペディアより)

  • マチュ・ピチュ

    マチュ・ピチュから見たケチュア

    ケチュア語:Machu Pikchu) は、アンデス山麓に属するペルーのに沿った高い山の尾根(標高2,430m)に所在する、15世紀のインカ帝国の遺跡である。マチュ・ピチュ フレッシュアイペディアより)

  • マチュ・ピチュ

    マチュ・ピチュから見たアメリカ合衆国

    アメリカの探検家ハイラム・ビンガムは、1911年7月24日にこの地域の古いインカ時代の道路を探検していた時、山の上に遺跡を発見した。マチュ・ピチュ フレッシュアイペディアより)

  • マチュ・ピチュ

    マチュ・ピチュから見た日時計

    現在では要塞ではなく、東西が断崖のマチュ・ピチュは太陽の動きを知るのに絶好の場所であったことや、インカ帝国では太陽を崇拝し、皇帝は太陽神の子として崇められ、暦を司っていたことから、インカ人が崇めていた太陽を観測するための建物群と推測されている。実際に太陽の神殿は東側の壁が2つ作られていて、左の窓から日が差し込む時は冬至、右の窓から日が差し込む時は夏至と区別できるようになっている。また、処女たちを生贄にしたといわれてきた台座上の遺構もやはり太陽を観測するものであり、「インティワタナ(太陽をつなぐもの)」という意味の石の台の削りだされた柱は、1種の日時計だったと考えられている。マチュ・ピチュ フレッシュアイペディアより)

  • マチュ・ピチュ

    マチュ・ピチュから見たアンデス山脈

    ケチュア語:Machu Pikchu) は、アンデス山麓に属するペルーのに沿った高い山の尾根(標高2,430m)に所在する、15世紀のインカ帝国の遺跡である。マチュ・ピチュ フレッシュアイペディアより)

  • マチュ・ピチュ

    マチュ・ピチュから見たメートル

    ケチュア語:Machu Pikchu) は、アンデス山麓に属するペルーのに沿った高い山の尾根(標高2,430m)に所在する、15世紀のインカ帝国の遺跡である。マチュ・ピチュ フレッシュアイペディアより)

  • マチュ・ピチュ

    マチュ・ピチュから見た避暑地

    この都市は通常の都市ではなく、インカの王族や貴族のための避暑地としての冬の都(離宮)や、田舎の別荘といった種類のものであった。マチュ・ピチュ フレッシュアイペディアより)

  • マチュ・ピチュ

    マチュ・ピチュから見た熱帯

    熱帯山岳樹林帯の中央にあり、植物は多様性に富んでいる。行政上クスコと同じ地域に属している。現在ペルー国内では10ヶ所あるユネスコの世界遺産のうちでは最初にクスコと同時(1983年)に指定された。マチュ・ピチュ フレッシュアイペディアより)

  • マチュ・ピチュ

    マチュ・ピチュから見た離宮

    この都市は通常の都市ではなく、インカの王族や貴族のための避暑地としての冬の都(離宮)や、田舎の別荘といった種類のものであった。マチュ・ピチュ フレッシュアイペディアより)

30件中 11 - 20件表示

「マチュ・ピチュ」のニューストピックワード