前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示
  • 過去に存在したジャスコの店舗

    過去に存在したジャスコの店舗から見たマックスバリュ西日本マックスバリュ西日本

    店舗面積5,493m2。跡地に2004年(平成16年)9月10日にマックスバリュ白浜店が開店→閉店、現在はダイソー。過去に存在したジャスコの店舗 フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ東北

    マックスバリュ東北から見たマックスバリュ西日本マックスバリュ西日本

    もともとは同じイオングループのマックスバリュ西日本が独自に展開していた店舗名だったが、2008年にマックスバリュ東北が青森東店を開業したのを皮切りに(後述)、他の全国のイオングループ運営会社でも店舗展開を行うようになった。名称は2010年までマックスバリュ東北と琉球ジャスコ(現・イオン琉球)の店舗のみ「ザ ビッグ」で展開していたが、2010年10月開店した能代長崎店以降はイオングループ他社に合わせて「ザ・ビッグ」と、2文字目に中黒を入れ統一し、現行の3代目ロゴマークでの出店となった。マックスバリュ東北 フレッシュアイペディアより)

  • イオン (店舗ブランド)

    イオン (店舗ブランド)から見たマックスバリュ西日本マックスバリュ西日本

    岡山県倉敷市にあるジャスコイオン倉敷店とジャスコ倉敷店については、総合スーパーとしての機能をジャスコイオン倉敷店に統合し、店舗名から"ジャスコ"が除かれ、倉敷店に。一方、一部フロアがマックスバリュ西日本運営のザ・ビッグ倉敷店となっているジャスコ倉敷店についてはディスカウントストアに業態転換し、ザ・ビッグ倉敷笹沖店となった。イオン (店舗ブランド) フレッシュアイペディアより)

  • イオン大久保西ショッピングセンター

    イオン大久保西ショッピングセンターから見たマックスバリュ西日本マックスバリュ西日本

    マックスバリュ西日本により運営されている。イオン大久保西ショッピングセンター フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ビッグ

    ザ・ビッグから見たマックスバリュ西日本マックスバリュ西日本

    「ザ・ビッグ」は元々、マックスバリュ西日本(MV西日本)の前身の一つで、山口県と広島県を地盤にスーパーマーケットを展開していた株式会社みどりが、既存業態の不振を期に、1989年(平成元年)9月に岩国店を転換してオープンした独自業態の店舗であった。以降、1991年(平成3年)12月までに既存のみどり12店を全て転換。その後、1992年(平成4年)から1993年(平成5年)に掛けて、同管内の山陽ジャスコより3店舗を移管し、『ジャスコ』のリブランドを行い出店した。当時の店舗コンセプトは、粗利益率を3分の1に減らすことで商品回転率を高める戦略だった。ザ・ビッグ フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ高陽店

    マックスバリュ高陽店から見たマックスバリュ西日本マックスバリュ西日本

    マックスバリュ高陽店(マックスバリュこうようてん)は、広島県広島市安佐北区口田4丁目6-32にあるマックスバリュ西日本のスーパーマーケット (SSM)。マックスバリュ高陽店 フレッシュアイペディアより)

  • メガマート

    メガマートから見たマックスバリュ西日本マックスバリュ西日本

    その後、イオンはスーパーセンター業態のイオンスーパーセンターへの出店をシフトした事に加え、従来はマックスバリュ西日本が単独で展開していた「ザ・ビッグ」がイオングループにおけるディスカウント業態の新たな軸となり、店舗数においても「ザ・ビッグ」への直接転換や「マックスバリュ」から「ザ・ビッグ」へ転換・移店のために閉店した店舗もあり減少傾向となっていた。2008年8月21日にはイオンが純粋持株会社に移行した事に伴い、同日からイオンの事業子会社であるイオンリテールに引き継がれて運営を行っていた。2011年8月21日にイオンリテールのDS事業本部が吸収分割による事業譲渡によって新設のイオンビッグおよびマックスバリュ長野へ継承された。メガマート フレッシュアイペディアより)

  • みどり (スーパーマーケット)

    みどり (スーパーマーケット)から見たマックスバリュ西日本マックスバリュ西日本

    みどりは、かつて存在していた広島県を営業区域とする独立系スーパー。1986年(昭和61年)にジャスコが資本参加し、その後の事業再編で、現在はマックスバリュ西日本になっている。イオンの営業形態の一つザ・ビッグは、みどりの業態変更から始まっている。みどり (スーパーマーケット) フレッシュアイペディアより)

  • 今治市

    今治市から見たマックスバリュ西日本マックスバリュ西日本

    一方、市郊外では、2006年(平成18年)以降は西瀬戸自動車道の開通で四国・愛媛県の玄関口になったことから、今治市に初進出する店舗が増加しており、マックスバリュ西日本が、四国エリア初の直営店となるイオン今治阿方ショッピングセンターを今治市阿方に出店したほか、波止浜には大黒天物産のディオ今治北店が進出している。今治市 フレッシュアイペディアより)

  • イオンビッグ

    イオンビッグから見たマックスバリュ西日本マックスバリュ西日本

    元々「ザ・ビッグ」はマックスバリュ西日本の源流会社のひとつであるみどり(本社・広島)が展開し、それ以外のマックスバリュ運営会社でも展開されるようになった食品中心のDS事業であった。消費者のデフレ嗜好などを踏まえてDS事業をイオングループの成長戦略の柱の一つと位置づけることになり、新たに独立させたものである。イオングループは総合スーパー (GMS) 事業子会社の統合などグループ再編を進めており、その一環として位置づけられている。従来からのイオンのDS事業であった「メガマート」は一部店舗が1992年にイオンとケーヨー・石黒ホーマ(現在のDCMホーマック)との合弁で設立した「ケーヨージャスコ」「イシグロジャスコ」により運営されていた時期があり、再度の分社化となる。イオンビッグ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示

「マックスバリュ西日本」のニューストピックワード