95件中 51 - 60件表示
  • マックスバリュ西日本

    マックスバリュ西日本から見た愛媛県

    イオングループの一員として環瀬戸内海地域(兵庫県・岡山県・広島県・山口県・香川県・愛媛県)および徳島県にてマックスバリュなどの小売店舗を展開する。会社としての源流は兵庫県を拠点とする独立系のスーパーマーケットチェーンにジャスコが出資したことによる(マックスバリュ東北同様)ものだが、広島市を拠点に展開していたイオングループの「山陽マックスバリュー」との合併や、イオングループ入り後も独立系チェーンに対してM&Aを行う、さらにはイオンリテールから店舗の譲受を行うなど複雑な経緯をたどっている。特に、山陽マックスバリューに合併された株式会社みどりは、その後イオングループのフードディスカウント業態となる「ザ・ビッグ」の発祥の企業である。マックスバリュ西日本 フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ西日本

    マックスバリュ西日本から見た仲多度郡

    イオンタウン多度津ショッピングセンター(香川県仲多度郡多度津町) - 2009年9月21日継承(イオンリテールから事業譲渡)マックスバリュ西日本 フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ西日本

    マックスバリュ西日本から見たコンピュータ

    1984年10月 - コンピュータによる生鮮食品の発注システムを導入。マックスバリュ西日本 フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ西日本

    マックスバリュ西日本から見た城崎郡

    1998年12月 - 兵庫県城崎郡日高町に初の2,000m²型SSM店、日高店を開店。マックスバリュ西日本 フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ西日本

    マックスバリュ西日本から見た広島イースト

    2010年9月に、マックスバリュ西日本が1年から2年以内に本社を広島市へ移転する方針である事を明らかにした。広島市への移転理由として、広島地区の発展性を考慮し決定したという。その時点では、具体的な移転先については明らかにされていなかった。2011年6月9日の広島の地元新聞紙に、同年秋頃に2011年7月18日閉店の広島サティの建物内に、本社を移転の方針を固めたと報じられた。そして、2011年7月16日に開催された取締役会で、同年10月上旬に広島イーストビル(旧広島サティ)5階に本社を移転する事が決議された。マックスバリュ西日本 フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ西日本

    マックスバリュ西日本から見た神河町

    イオンタウン神河ショッピングセンター(兵庫県神崎郡神河町) - 2009年11月10日開業マックスバリュ西日本 フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ西日本

    マックスバリュ西日本から見たスーパーセンター

    ザ・ビッグは衣食住全般を扱う日用品メインのディスカウントストア。衣料品では実用衣料、食品では生鮮食品が主力となっており、スーパーセンターよりは小規模な店舗として、マックスバリュ西日本ではこの店舗形態自体を「ビッグ (BIG)」と称している(イオングループにおける元々のディスカウントストアブランドであるメガマートとの棲み分けの意味もある)。マックスバリュ西日本 フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ西日本

    マックスバリュ西日本から見たイオンタウン東加古川ショッピングセンター

    イオンタウン東加古川ショッピングセンター(兵庫県加古川市)- 2010年4月1日開業マックスバリュ西日本 フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ西日本

    マックスバリュ西日本から見た東広島市

    イオン高屋ショッピングセンター(広島県東広島市) - 2007年9月6日開業マックスバリュ西日本 フレッシュアイペディアより)

  • マックスバリュ西日本

    マックスバリュ西日本から見た相生市

    イオンタウン相生ショッピングセンター(兵庫県相生市マックスバリュ西日本 フレッシュアイペディアより)

95件中 51 - 60件表示