マック鈴木 ニュース&Wiki etc.

マック鈴木(マックすずき、本名:鈴木 誠(すずき まこと)、1975年5月31日 - )は、1990年代から2000年代にかけて活動した日本出身の元プロ野球選手(投手)、元監督、野球解説者。妻はお笑いコンビ・クワバタオハラの小原正子。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「マック鈴木」のつながり調べ

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たマック鈴木

    日本のアマチュアに属していた選手が、NPB球団に一度も所属せずに、直接メジャーリーグへ挑戦するケースがある。過去にはマック鈴木、多田野数人、田澤純一がメジャーデビューを果たした。なお、NPB球団に在籍経験がなく、MLB(傘下)でプレーした日本人選手がNPB球団でプレーする場合は、ドラフト会議の指名を受けることが義務付けられている。(日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊良部秀輝

    伊良部秀輝から見たマック鈴木

    、スプリングトレーニング最終日の試合で一塁ベースカバーを怠り、スタインブレナーから「彼は太ったヒキガエル。一塁カバーを怠るなんてありえない。ヤンキースの一員としてあるまじき失態だ。体重252ポンド(114.3キログラム)なんて愚かとしか言いようがない」と言われ、さらにキャンプ地への居残りを命令された。その後スタインブレナーは態度を和らげたものの、開幕当初はリリーフとして起用。5月2日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦で先発に復帰。7日のシアトル・マリナーズ戦ではマック鈴木との史上初の日本人選手同士による先発が実現し、7回を4安打1失点5奪三振の投球で勝利投手となる。13日のアナハイム・エンゼルス戦では長谷川滋利との投げ合いもあった。7月は4勝0敗、防御率2.64、WHIP1.08の活躍でキャリア二度目の月間MVPを受賞。ヤンキースタジアムでの試合で一塁ベースカバーに入りアウトを取った際にはスタンディングオベーションが起こった。しかし8月中旬から5連敗を喫し、後半戦は1試合のリリーフ登板を含む15試合の登板で5勝4敗、防御率5.60、WHIP1.50の成績に終わる。ポストシーズンではボストン・レッドソックスとのリーグチャンピオンシップシリーズ第3戦の3回無死一塁の場面に登板したが、4回2/3を13安打1本塁打8失点と打ち込まれた。(伊良部秀輝 フレッシュアイペディアより)

「マック鈴木」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「マック鈴木」のニューストピックワード