44件中 11 - 20件表示
  • 古賀英彦

    古賀英彦から見たマック鈴木マック鈴木

    帰国後は叔母のツテを頼って大洋ホエールズの打撃投手兼通訳(1973年 - )を務める。に太平洋クラブライオンズで一軍投手コーチ補佐(登録名はハイデー古賀)、その後は南海ホークスなどで通訳、編成担当を歴任。南海の後身である福岡ダイエーホークス職員だったから3年間、日本人として初めてマイナーリーグ1Aのサリナス・スパーズの監督に就任(サリナスとダイエーは懇意の関係にあった)、ダイエー(村松有人など)やヤクルト(河野亮など)からの派遣選手や、後にダイエーにドラフト1位で入団する大越基やメジャーリーガーとなるマック鈴木らを指導している。ハワイ・ウィンターリーグ球団のコーチ・監督を経て、からは旧知の仲である専務の根本陸夫の要請で福岡ダイエーホークスに復帰。ヘッドコーチ、二軍監督を務め、松中信彦や吉武真太郎らを育てたほか、外国人選手の通訳、外国人の世話係を兼務した(まで)。にはアメリカ独立リーグのウエスタン・ベースボール・リーグに加盟するソノマカウンティ・クラッシャーズでティム・アイルランドが監督の下、ケビン・ミッチェルと共にベンチコーチを務めた。なお、ホークス時代一緒に在籍していた佐々木誠も選手としてプレーしていた。からは千葉ロッテマリーンズで二軍監督を務め、、にはイースタン・リーグ連覇へ導いている。シーズン中に体調を崩して入院し、成績不振(最下位)だったこともあり、一度はフロント入りを打診されたが、成瀬善久らを育成した実績を盾に現場にとどまれるよう食い下がった結果、は二軍ヘッドコーチに配置換えとなった。からスコアラーを1年間務めて同年オフ、ボビー・バレンタイン監督の退任に合わせて退団。退団後、2009年の低迷の裏には、球団代表の瀬戸山隆三による圧力があったと主張している。古賀英彦 フレッシュアイペディアより)

  • 安部譲二

    安部譲二から見たマック鈴木マック鈴木

    交際のあった人間を『俺が痺れた男たち―日本快男児列伝』で紹介しているだけでも、安藤昇、石原裕次郎、和泉宗章、江夏豊、大川幸介、大野伴睦、金平正紀、黄金井光良、越田利成、サッド・サム・イチノセ(ダド・マリノのマネージャー)、島田丈、ジョージ川口、高本公夫、畑山隆則、花村元司、ピストン堀口(中村信一、玄海男から間接的に話を聞く)、マック鈴木、宮沢邦明、村田勝志、森田雅、山手勝、由佐嘉邦、渡辺正人とそうそうたる面々が顔を揃えている。また裏街道の人物・団体としては「海原清平」、「岩田幸雄」、「森脇将光」、「闘鶏協会」といった名前も著書に登場する。安部譲二 フレッシュアイペディアより)

  • エルマイラ・パイオニアーズ

    エルマイラ・パイオニアーズから見たマック鈴木マック鈴木

    2002年、シーレックス・コーポレーションが球団を保有し、筆頭オーナーにフィル・クラマーのほか、野茂英雄、伊良部秀輝、マック鈴木、佐野慈紀が就任した。エルマイラ・パイオニアーズ フレッシュアイペディアより)

  • コロラド・ロッキーズ

    コロラド・ロッキーズから見たマック鈴木マック鈴木

    日本人メジャーリーガーでは、吉井理人、マック鈴木、松井稼頭央が過去に在籍していた。吉井は2000年にニューヨーク・メッツからトレードで入団し、投手ながら日本人2人目の本塁打や同初の盗塁を決めシーズン6勝を挙げた。マック鈴木は2001年途中にカンザスシティ・ロイヤルズから入団したが、入団後約1か月でミルウォーキー・ブルワーズへ移籍したため、ロッキーズでは3試合の登板に止まった。松井は2006年途中にニューヨーク・メッツからトレードで入団し、フィラデルフィア・フィリーズとのディビジョンシリーズ第2戦で逆転満塁本塁打を放つなど前述の2007年の快進撃に貢献した。コロラド・ロッキーズ フレッシュアイペディアより)

  • 三木仁

    三木仁から見たマック鈴木マック鈴木

    初打点:2003年10月7日、対オリックス・ブルーウェーブ28回戦(Yahoo!BBスタジアム)、2回表にマック鈴木から左前適時打三木仁 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木誠

    鈴木誠から見たマック鈴木マック鈴木

    マック鈴木の本名 - MLBのシアトル・マリナーズやオリックス・ブルーウェーブに所属した投手。鈴木誠 フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズの歴史

    シアトル・マリナーズの歴史から見たマック鈴木マック鈴木

    7月7日、マック鈴木がメジャーデビューを果たす。7月9日、ケン・グリフィー・ジュニアが7年連続7度目、エドガー・マルティネスが2年連続3度目、ジェイ・ビューナー、アレックス・ロドリゲス、ダン・ウィルソンが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。7月30日、ジェイミー・モイヤーが加入。シーズン終了後、アレックス・ロドリゲスがMLB史上3番目の若さで首位打者のタイトルを獲得し、シルバースラッガー賞を受賞した。また、ケン・グリフィー・ジュニアが7年連続7度目となるゴールドグラブ賞と3度目のシルバースラッガー賞を同時受賞し、ジェイビューナーがゴールドグラブ賞を受賞した。この年は85勝76敗という成績でシーズンで終えた。シアトル・マリナーズの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • イクメンプロジェクト

    イクメンプロジェクトから見たマック鈴木マック鈴木

    イクメン芸能部門 - マック鈴木イクメンプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • 2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見たマック鈴木マック鈴木

    この年はメジャーリーグで通算16勝を挙げた鈴木誠(マック鈴木)が元メジャーリーガーとして初めてドラフトで指名された。鈴木はNPB球団に在籍したことがなく、NPB入りするにはドラフトでの指名を受ける必要があった。2002年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 団野村

    団野村から見たマック鈴木マック鈴木

    野村は渡米後、エージェントとして活動するようになる。1993年にマック鈴木の代理人として、MLBシアトル・マリナーズとのマイナー契約を締結。日本人選手の代理人としての第一歩を踏み出した。同年、ロサンゼルス市に「ダン野村オフィス(後のKDNスポーツ社)」を設立。団野村 フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示

「マック鈴木」のニューストピックワード