44件中 21 - 30件表示
  • 2011年の野球

    2011年の野球から見たマック鈴木マック鈴木

    【独立】関西独立リーグは、住宅リフォーム大手のフォレストホームが新球団を設立し、リーグに参入することを承認。新球団は神戸9クルーズを継承し、マック鈴木の監督就任も正式に発表。また、明石レッドソルジャーズの経営難に伴う活動休止も発表され、2011年度は5球団でシーズンを行うことになった2011年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国人メジャーリーガー

    韓国人メジャーリーガーから見たマック鈴木マック鈴木

    韓国人野球選手のメジャーリーグ(MLB)挑戦は、日本と同じく1990年代半ばから始まったが、日本とは明らかな相違点がある。日本の場合は、日本プロ野球(NPB)で実績を積んでからメジャーに移籍する事例が圧倒的に多く、アマチュア(高校・大学・社会人野球)から直接渡米しメジャーリーガーになったのは、マック鈴木(鈴木誠)、多田野数人、田澤純一などごく少数である。これに対して韓国の場合は、2016年までアマチュアから直接渡米しメジャーリーガーになった選手が10人で、韓国プロ野球で経験を積んでからメジャーリーガーになった選手は9人とほぼ同じである。韓国人メジャーリーガー フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルメジャーリーグ

    実況パワフルメジャーリーグから見たマック鈴木マック鈴木

    主な日本人選手として、ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜、シカゴ・ホワイトソックスの野茂英雄、クリーブランド・インディアンスの多田野数人、オークランド・アスレチックスのマック鈴木、テキサス・レンジャーズの大塚晶則、シアトル・マリナーズのイチロー・城島健司、ニューヨーク・メッツの松井稼頭央、セントルイス・カージナルスの田口壮、ミルウォーキー・ブルワーズの大家友和、ロサンゼルス・ドジャースの斎藤隆、コロラド・ロッキーズの藪恵壹等が登場する(所属球団は当時のもの)。実況パワフルメジャーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 山崎浩司

    山崎浩司から見たマック鈴木マック鈴木

    初打席:同上、3回表にマック鈴木から遊飛山崎浩司 フレッシュアイペディアより)

  • マック中原

    マック中原から見たマック鈴木マック鈴木

    2012年、「MACK」から「マック中原」に芸名を改名している。ちなみに「MACK」の由来は、高校野球時代に「マック鈴木」が大ブームで、投げ方がマック鈴木に似ている事から先輩から「マック」とあだ名がつけられた事から来ている。のちに「マック中原」と「マック鈴木」の共演も実現した。マック中原 フレッシュアイペディアより)

  • アトランティックリーグ

    アトランティックリーグから見たマック鈴木マック鈴木

    マック鈴木(サザンメリーランド・ブルークラブス、2009)アトランティックリーグ フレッシュアイペディアより)

  • メキシカンリーグ

    メキシカンリーグから見たマック鈴木マック鈴木

    マック鈴木(2006 - 2008、2010) - ティファナ・コルツ、タバスコ・キャトルマン、チワワ・ゴールデンズメキシカンリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 野茂英雄

    野茂英雄から見たマック鈴木マック鈴木

    1月22日にデトロイト・タイガースと年俸125万ドル+出来高225万ドルの1年契約(2年目は年俸550万ドルの球団オプション)を結ぶ。この年からツーシームとスライダーを習得した他、セットポジションでのフォームを改良し、クイックのタイムを1.5秒台から1.3秒台に縮めた。4月3日のオークランド・アスレチックス戦では日本人初の開幕投手を務め、7回3安打3本塁打3失点で勝利投手となった。7月2日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦ではマック鈴木と投げ合い、7回0/3を無失点7奪三振で勝利。9日のブルワーズ戦ではイタリアンソーセージの着ぐるみで観客に牛肉を配り、ソーセージ・レースにも参加し優勝。観客にはレース後にアナウンスでこのことが知らされた。しかし前半戦は20試合の登板で3勝7敗・防御率4.74・WHIP1.48の成績で折り返し、8月に右手中指の炎症で初の故障者リスト入り。18日のアスレチックス戦で復帰し、5勝目を挙げた。野茂英雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本プロ野球

    2003年の日本プロ野球から見たマック鈴木マック鈴木

    2月18日 - パ・リーグ理事会で2004年より導入のプレーオフの骨子を決定、また前年ドラフト入団のオリックスのマック鈴木の新人王資格辞退を承認2003年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • チャド・アレン

    チャド・アレンから見たマック鈴木マック鈴木

    メジャー在籍時には、マック鈴木、伊良部秀輝、大家友和、小宮山悟、木田優夫、長谷川滋利らと対戦したことがある。また、1999年7月15日には当時シカゴ・カブスに所属していたダン・セラフィニ(元オリックス)と2度対戦している(ショートゴロ、四球)。チャド・アレン フレッシュアイペディアより)

44件中 21 - 30件表示

「マック鈴木」のニューストピックワード