35件中 21 - 30件表示
  • 古賀英彦

    古賀英彦から見たマック鈴木マック鈴木

    帰国後、叔母のツテを頼って大洋ホエールズの打撃投手兼通訳を務める。に太平洋クラブライオンズで一軍投手コーチ補佐(登録名はハイデー古賀)、その後は南海ホークスなどで通訳、編成担当を歴任。南海の後身である福岡ダイエーホークス職員だったから3年間、日本人として初めてマイナーリーグ1Aのサリナス・スパーズの監督に就任(サリナスとダイエーは懇意の関係にあった)、ダイエー(村松有人など)やヤクルト(河野亮など)からの派遣選手や、後にダイエーにドラフト1位で入団する大越基やメジャーリーガーとなるマック鈴木らを指導している。古賀英彦 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸市

    神戸市から見たマック鈴木マック鈴木

    マック鈴木(プロ野球選手)神戸市 フレッシュアイペディアより)

  • 野茂英雄

    野茂英雄から見たマック鈴木マック鈴木

    1月22日にデトロイト・タイガースと年俸125万ドル+出来高225万ドルの1年契約(2年目は年俸550万ドルの球団オプション)を結ぶ。この年からツーシームとスライダーを習得した他、セットポジションでのフォームを改良し、クイックのタイムを1.5秒台から1.3秒台に縮めた。4月3日のアスレティックス戦では日本人初の開幕投手を務め、最速95mph(約153km/h)を記録する投球を見せ、7回3安打3本塁打3失点で勝利投手となった。7月2日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦ではマック鈴木と投げ合い、7回0/3を無失点7奪三振で勝利。9日のブルワーズ戦ではイタリアンソーセージの着ぐるみで観客に牛肉を配り、ソーセージ・レースにも参加し優勝。観客にはレース後にアナウンスでこのことが知らされた。しかし前半戦は20試合の登板で3勝7敗・防御率4.74・WHIP1.48の成績で折り返し、8月に右手中指の炎症で初の故障者リスト入り。18日のアスレティックス戦で復帰し、最速93mph(約150km/h)を記録する投球で5勝目を挙げる。12月15日にボストン・レッドソックスと年俸325万ドル+出来高75万ドルの1年契約を結んだ。野茂英雄 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人選手のメジャーリーグ挑戦

    日本人選手のメジャーリーグ挑戦から見たマック鈴木マック鈴木

    日本のアマチュアに属していた選手が、NPBに一度も在籍せずに、直接MLBでのプレーを目指して渡米するというケースがある。現在までのところMLBでのプレーを果たした選手はマック鈴木、多田野数人、田澤純一の3人のみである。なお、NPB球団に在籍経験がなく、MLB(傘下)でプレーした日本人選手がNPB球団でプレーする場合は、ドラフト会議の指名を受けることが義務付けられている。日本人選手のメジャーリーグ挑戦 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口智隆

    坂口智隆から見たマック鈴木マック鈴木

    初打席・初安打:同上、1回表にマック鈴木から二塁内野安打坂口智隆 フレッシュアイペディアより)

  • 関西独立リーグ

    関西独立リーグから見たマック鈴木マック鈴木

    1月27日 - 活動を休止した神戸9クルーズの権利を継承する新球団として、兵庫県を本拠地とするチームの参入を発表。マック鈴木が選手兼任監督に就任し、「フォレストホーム」がメインスポンサー。同時に明石が2011年シーズン前期の活動を休止することも発表。関西独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たマック鈴木マック鈴木

    7月7日、マック鈴木がメジャーデビューを果たす。7月9日、ケン・グリフィー・ジュニアが7年連続7度目、エドガー・マルティネスが2年連続3度目、ジェイ・ビューナー、アレックス・ロドリゲス、ダン・ウィルソンが初となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。7月30日、ジェイミー・モイヤーが加入。シーズン終了後、アレックス・ロドリゲスがMLB史上3番目の若さで首位打者のタイトルを獲得し、シルバースラッガー賞を受賞した。また、ケン・グリフィー・ジュニアが7年連続7度目となるゴールドグラブ賞と3度目のシルバースラッガー賞を同時受賞し、ジェイビューナーがゴールドグラブ賞を受賞した。この年は85勝76敗という成績でシーズンで終えた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤裕正

    伊藤裕正から見たマック鈴木マック鈴木

    高校入学後、渡米するチャンスを窺っている中でマック鈴木がシアトル・マリナーズと契約したと報道を受けて新聞で掲載されていたマック鈴木の区名までの住所に手紙を書くが宛名不明で返却され、出身中学校にも電話をするが問い合わせを拒否され路頭に迷っている時に、当時ダイエーホークス(現ソフトバンクホークス)の選手だった大越基がアメリカで野球をプレーしていた事を知り福岡ドームへ大越基宛てに手紙を数通書く。伊藤裕正 フレッシュアイペディアより)

  • 興和

    興和から見たマック鈴木マック鈴木

    マック鈴木(バンテリン)興和 フレッシュアイペディアより)

  • 多田野数人

    多田野数人から見たマック鈴木マック鈴木

    1Aからスタートした2003年シーズンには3Aまで昇格し、翌4月24日(現地時間)には日本人21人目のメジャー昇格を果たした。日本でのプロ球界を経ることなくメジャー昇格した日本人選手は、マック鈴木に続き2人目である。7月2日(現地時間)のシンシナティ・レッズ戦ではメジャー初先発初勝利を挙げた。シーズンまでの2年間で主に中継ぎとしてメジャー15試合に登板した。しかし、メジャー契約の選手が故障者リスト入りなどしたときの代わりとして使われるだけであった。多田野数人 フレッシュアイペディアより)

35件中 21 - 30件表示

「マック鈴木」のニューストピックワード