57件中 31 - 40件表示
  • マック鈴木

    マック鈴木から見たグラブ (野球)

    はメキシカンリーグのタバスコ・キャトルマンに所属。先発として活躍していたが、チームがプレーオフ進出を逃し、同年8月のシーズン終了後、台湾プロ野球のLa Newベアーズに移籍。主にクローザーとして、チームの後期優勝に貢献。統一ライオンズとの台湾シリーズの第6戦では、2番手として4回の途中より登板し9回まで投げ、その試合のMVPに選出。シリーズ最終戦でも、統一を2点追う場面の7回から登板、統一を1失点に抑えたが、打線が追いつけず、チームは台湾シリーズの優勝を逃す。その後、東北楽天ゴールデンイーグルスの入団テストを受けるも不合格(このテスト時にグローブを持参せず。親交のあった楽天の小山伸一郎に借りて臨んだ)。ひげなどの身だしなみを楽天監督の野村克也に注意される場面もあった。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見たアトランティックリーグ

    、ドミニカウィンターリーグのアスカレーロス・デル・エステと契約。4月、カルガリー・ヴァイパーズと再び契約。同年はチームがリーグ優勝。主にクローザーとして、防御率も2.44と、好調な成績でシーズン終了。ゴールデンベースボールリーグ終了後、すぐに同じくアメリカ独立リーグの1つであるアトランティックリーグのサザンメリーランド・ブルークラブスに助っ人として合流。チームのリバティ・ディビジョン優勝に貢献し、リーグ決勝戦では、ランカスター・バーンストーマーズと最終戦までもつれ込み、リーグ優勝を逃す。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見たメキシカンリーグ

    4月、メキシカンリーグのティファナ・ポトロスに入団。オールスターにも選出され、活躍。8月、メキシコリーグのシーズン終了後にシカゴ・カブスとマイナー契約し、傘下の3Aアイオワに所属。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見たタコマ・レイニアーズ

    にはシアトル・マリナーズと契約し、傘下の最下層チーム、1Aサンバーナディーノ・スピリッツで4勝12セーブを記録。に2Aジャクソンビル・サンズ、3Aを飛び越えてにシアトル・マリナーズに昇格するが、登板の無いまま3Aタコマ・レイニアーズに降格。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見た大阪ドーム

    初勝利・初先発勝利:2003年6月10日、対大阪近鉄バファローズ11回戦(大阪ドーム)、7回無失点マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見たアメリカンリーグ

    7月7日にメジャーデビューを果たし、村上雅則、野茂英雄に次ぐ日本人3人目のメジャーリーガーとなった。日本プロ野球界を経由しない初の日本人メジャーリーガーであり、アメリカンリーグ初の日本人メジャーリーガーでもあった。にメジャー再昇格し、初勝利。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見た関西独立リーグ

    は、メキシカンリーグのチワワ・ゴールデンズでプレーし先発として9勝4敗、リーグ1位の防御率2.89と活躍。メキシコでのシーズン終了後、ゴールデンベースボールリーグのカルガリー・ヴァイパーズに3度目の入団をして2勝2敗の成績を残した。ゴールデンベースボールリーグ終了後は再びメキシコに戻り、ウィンターリーグに参加する予定だったが、1月26日、日本の関西独立リーグに新規参入する球団の監督就任が有力となっていることが明らかになり、翌27日に新球団(神戸サンズ)の選手兼任監督となることが発表された。同年シーズン終了後、退団。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見たベネズエラ

    ベネズエラのウィンターリーグで調整後、La Newに残留するもの、5月に台湾を離れ、5月11日にメキシカンリーグのチワワ・ドラドスと契約。メキシカンリーグ終了後の8月19日、アメリカ独立リーグであるゴールデンベースボールリーグのカルガリー・ヴァイパーズと契約。シーズン終了後の11月7日、メキシコウィンターリーグのトマテロス・デ・クリアカンと契約。主にクローザーとして活躍し、防御率も2.25と好成績を残したが、チームはプレーオフ進出を逃す。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見た投手

    マック鈴木(マックすずき、本名:鈴木 誠(すずき まこと)、1975年5月31日 - )は、兵庫県神戸市出身のプロ野球選手(投手)。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見た統一セブンイレブン・ライオンズ

    はメキシカンリーグのタバスコ・キャトルマンに所属。先発として活躍していたが、チームがプレーオフ進出を逃し、同年8月のシーズン終了後、台湾プロ野球のLa Newベアーズに移籍。主にクローザーとして、チームの後期優勝に貢献。統一ライオンズとの台湾シリーズの第6戦では、2番手として4回の途中より登板し9回まで投げ、その試合のMVPに選出。シリーズ最終戦でも、統一を2点追う場面の7回から登板、統一を1失点に抑えたが、打線が追いつけず、チームは台湾シリーズの優勝を逃す。その後、東北楽天ゴールデンイーグルスの入団テストを受けるも不合格(このテスト時にグローブを持参せず。親交のあった楽天の小山伸一郎に借りて臨んだ)。ひげなどの身だしなみを楽天監督の野村克也に注意される場面もあった。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

57件中 31 - 40件表示

「マック鈴木」のニューストピックワード