70件中 41 - 50件表示
  • マック鈴木

    マック鈴木から見たメキシカンリーグ

    4月、メキシカンリーグのティファナ・ポトロスに入団。オールスターにも選出され、活躍。8月、メキシコリーグのシーズン終了後にシカゴ・カブスとマイナー契約し、傘下の3Aアイオワに所属。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見たタコマ・レイニアーズ

    に3Aを飛び越えてシアトル・マリナーズに昇格するが、登板のないまま3Aタコマ・レイニアーズに降格。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見た大阪ドーム

    初勝利・初先発勝利:2003年6月10日、対大阪近鉄バファローズ11回戦(大阪ドーム)、7回無失点マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見たイクメン オブ ザ イヤー

    イクメン オブ ザ イヤー2017 イクメン芸能部門 (2017年)マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見た自主退学

    高校野球の名門滝川第二高等学校に入学するが、一年時の大晦日に学外で喧嘩沙汰を起こし高校を自主退学する。その後、他校への編入や社会人野球などへの転向を考えたが、その間にもさらに2件の傷害事件を起こし家庭裁判所の厄介にもなった。その後、父親と知人の紹介で団野村からアメリカ留学を勧められ渡米。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見た関西独立リーグ

    1月26日、日本の関西独立リーグに新規参入する球団の監督就任が有力となっていることが明らかになり、翌27日に新球団(神戸サンズ)の選手兼任監督となることが発表された。神戸を前期優勝へと導いたが、後期は5チーム中4位に沈む。年間グランドチャンピオンシップも兵庫ブルーサンダーズに敗れ、同年シーズン終了後、退団した。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見た投手

    マック鈴木(マックすずき、本名:鈴木 誠(すずき まこと)、1975年5月31日 - )は、1990年代から2000年代にかけて活動した日本出身の元プロ野球選手(投手)、元監督、野球解説者。妻はお笑いコンビ・クワバタオハラの小原正子。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見たランカスター・バーンストーマーズ

    、ドミニカ共和国ウィンターリーグのアスカレーロス・デル・エステと契約。4月、カルガリー・ヴァイパーズと再び契約。同年はチームがリーグ優勝。主にクローザーとして、防御率も2.44と、好調な成績でシーズン終了。ゴールデンベースボールリーグ終了後、すぐに同じくアメリカ独立リーグの1つであるアトランティックリーグのサザンメリーランド・ブルークラブスに助っ人として合流。チームのリバティ・ディビジョン優勝に貢献し、リーグ決勝戦では、ランカスター・バーンストーマーズと最終戦までもつれ込み、リーグ優勝を逃す。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見たゴールデンベースボールリーグ

    メキシカンリーグ終了後の8月19日、独立リーグであるゴールデンベースボールリーグのカルガリー・ヴァイパーズと契約。シーズン終了後の11月7日、メキシコウィンターリーグのトマテロス・デ・クリアカンと契約。主にクローザーとして活躍し、防御率も2.25と好成績を残したが、チームはプレーオフ進出を逃す。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • マック鈴木

    マック鈴木から見た日本

    マック鈴木(マックすずき、本名:鈴木 誠(すずき まこと)、1975年5月31日 - )は、1990年代から2000年代にかけて活動した日本出身の元プロ野球選手(投手)、元監督、野球解説者。妻はお笑いコンビ・クワバタオハラの小原正子。マック鈴木 フレッシュアイペディアより)

70件中 41 - 50件表示

「マック鈴木」のニューストピックワード