前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示
  • MindTouch Deki

    MindTouch Dekiから見たマッシュアップ (Webプログラミング)マッシュアップ (Webプログラミング)

    MindTouch Deki(マインドタッチ デキ)はWebベースの企業向け情報基盤、ウィキソフトウェア、マッシュアップのプラットフォームなどの利用を想定して開発されたウィキクローンである。MindTouch Deki フレッシュアイペディアより)

  • Zimbra

    Zimbraから見たマッシュアップ (Webプログラミング)マッシュアップ (Webプログラミング)

    ZCS Webクライアントは高機能なコラボレーションスイートで、電子メールとグループカレンダーをサポートしている。Ajaxを活用して、ツールチップ、ドラッグ可能なアイテム、右クリックメニューなどのインタフェースを備えている。また、高度な検索機能と日付を関連付ける機能もある。Zimlet というマッシュアップによるオンラインのドキュメントオーサリング機能もあり、管理用のUIも備えている。これは Zimbra Ajax Toolkit を使って書かれている。Zimbra フレッシュアイペディアより)

  • NHK高校講座2.0

    NHK高校講座2.0から見たマッシュアップ (Webプログラミング)マッシュアップ (Webプログラミング)

    NHK高校講座2.0は、NHK教育テレビの特別番組である。Web 2.0になぞらえてNHK高校講座の新しい形を模索する。Web2.0の特徴のひとつである「マッシュアップ」のように2つの科目をミックスした内容になっている。番組によっては講義形式ではなくドキュメンタリー調になっているものもある。オープニングとエンディングにナビゲーターとして土屋礼央が登場する。NHK高校講座2.0 フレッシュアイペディアより)

  • Institute for Dynamic Educational Advancement

    Institute for Dynamic Educational Advancementから見たマッシュアップ (Webプログラミング)マッシュアップ (Webプログラミング)

    SpicyNodes - 視覚的に階層情報を見るための提示方法で、コンセプトマッピングと同種である。SpicyNodesの複数ある実装はIDEAが開発しており、Adobe Flashで構築されたウェブ型バージョンが含まれていて、無料と有料バージョンをSaaSウェブサイトで手に入る。2011年にWikiNodesというアプリケーションの一部としてiPadに対応したマルチタッチバージョンが公開された。ウェブ型実装は2011年にの「Best Website for Teaching and Learning」を受賞、2010年、「#edchat's 35 Best Web 2.0 Classroom Tools」に選出された。複数の教育機関で活用されていて、教育ツール(SpicyNodesの活用例として生徒がプレゼンテーションやプロジェクトの作成して自分の考えをまとめている)として推奨されている。この製品は数ある専門分野でも幅広く活用されていて、open APIを使用していて、開発者がタスクの視覚化やマッシュアップの作成に利用することが出来る。Institute for Dynamic Educational Advancement フレッシュアイペディアより)

  • Yahoo! Pipes

    Yahoo! Pipesから見たマッシュアップ (Webプログラミング)マッシュアップ (Webプログラミング)

    Yahoo! Pipes(ヤフー パイプス)は、2007年2月からYahoo!によって提供されていたウェブアプリケーションである。RSSフィードや外部のサービスなどのさまざまな情報をまとめたり、マッシュアップすることができる。Yahoo! Pipes フレッシュアイペディアより)

  • カーリル

    カーリルから見たマッシュアップ (Webプログラミング)マッシュアップ (Webプログラミング)

    カーリルはPythonで構築され、クラウドサーバーであるGoogle App Engineと通常サーバーのハイブリッド方式で運用されている。クラウドサーバーは信頼性は高いが高コストであり、一部を通常サーバーで行うことにより、コストと信頼性を両立させている。蔵書情報の取得にはスクレイピングを使用し、検索用のAPIを持たない図書館であっても検索結果のHTMLを解析し、蔵書情報を取得している。このHTMLの解析がもっとも運営費がかかる部分であるという。図書館の新設・閉館などといったシステムの変更には、外部検索エンジンでの検出とtwitterによる監視で対応を行っている。カーリルは他サービスの機能を取り入れており、AmazonやGoogle マップ、Wikipediaといったサービスを利用し検索結果に表示させている(マッシュアップ)。サービスの開始当初は書誌情報を取得するデータベースとしてAmazonのみを使用しており、このためAmazonに存在しない書籍については図書館に蔵書が存在しても検索結果に表示されないという問題があった。これは後にCiNii Books、国立国会図書館サーチなども利用することでカバーしている。カーリル フレッシュアイペディアより)

  • Webサービス

    Webサービスから見たマッシュアップ (Webプログラミング)マッシュアップ (Webプログラミング)

    Webサービスを応用して、複数のWebサービス同士をつなぎ合わせてアプリケーションやサービスを構築する事をマッシュアップと呼ぶ。Webサービスを用いたマッシュアップの具体的な事例としては、ある検索結果に基づいてレストラン情報と地図情報を同時に表示したり、YouTubeなど動画コンテンツと同じキーワードの商品をamazon.comなどより取得して表示するなど使い方によってはユーザーに高いベネフィットを与えるものもある。これらの様なサービスは大手企業だけでは無く、個人の参加が多く日々様々なサービスが生まれている。しかし有用なWebサービス自体が少ないことから、マッシュアップはごく限られた分野の付加サービス的な位置づけに過ぎない状況である。Webサービス フレッシュアイペディアより)

  • トランスクルージョン

    トランスクルージョンから見たマッシュアップ (Webプログラミング)マッシュアップ (Webプログラミング)

    マッシュアップは、トランスクルージョンに似た機能と言える。トランスクルージョン フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たマッシュアップ (Webプログラミング)マッシュアップ (Webプログラミング)

    ウェブ開発においては、APIは一般にHTTP要求メッセージ群とXMLまたはJSON形式などの応答メッセージの構造定義で構成される。「ウェブAPI」はWebサービスと事実上同義だが、Web 2.0と呼ばれる最近の傾向では、SOAPベースからREST風の直接的通信へと変化している。ウェブAPIはマッシュアップと呼ばれる技法で複数のサービスを組み合わせて新たなアプリケーションとすることを可能にする。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • OAuth

    OAuthから見たマッシュアップ (Webプログラミング)マッシュアップ (Webプログラミング)

    マッシュアップによるWebサービスの連携が増え、デジタルアイデンティティの共有が問題となってきた。OpenIDのような連合アイデンティティが解決策として登場したが、これはIDの持ち主による認証手段であって、それによってどのリソースにアクセスできるかという認可については扱っていない。あるWebサービスAにユーザーの個人情報があるとき、そのWebサービスAと別のWebサービスBが連携し、WebサービスAにある個人情報をWebサービスBが自由にアクセスできる状況は好ましくない。そのため、WebサービスのAPIへのアクセスを認可する手段が必要とされていた。OAuth フレッシュアイペディアより)

前へ 1 次へ
10件中 1 - 10件表示