95件中 41 - 50件表示
  • ブロマンス

    ブロマンスから見たマット・デイモンマット・デイモン

    数多くの有名人が他の有名人とブロマンスな関係にあるとされる。その中には、オフ・ブロードウェイの舞台Matt and Benのヒットにより「多分、ショウビズ界でのブロマンスの『パイオニア』である」と表現されているベン・アフレックとマット・デイモンも含まれる。ジョージ・クルーニーとブラット・ピットの親しい友人関係は、時折「ジョージの最も長く不変の恋愛関係」とも言われる。クルーニーのブロマンスな傾向はアニメ「アメリカン・ダッド」の"Tears of a Clooney"で、主人公スタン・スミスが入念な復讐計画の一環でクルーニーにブロマンス的な興味を持ち始めるという回でも扱われている。MTVのリアリティ番組「The Hills」に出演し、共演者のジャスティン・ボビー、スペンサー・プラットとブロマンスな関係にあるとされるブロディ・ジェンナーは、2008年12月29日よりBromanceという番組に出演してる。6話の番組中、ジェンナーは自分の「側近」を選んでいくという内容。ブロマンス フレッシュアイペディアより)

  • メアリー・エリザベス・ウィンステッド

    メアリー・エリザベス・ウィンステッドから見たマット・デイモンマット・デイモン

    2010年には、ロマンティック・コメディ The F-Word のテストを受けケイシー・アフレックとの共演が囁かれていた。だが2012年7月17日、この映画の主演はダニエル・ラドクリフとゾーイ・カザンに決定した。2011年10月6日のインタビューではダイ・ハードの続編への出演についてて "出演しないと思うわ。何も聞いていないし"と答えている。2012年2月22日、続編『ダイ・ハード/ラスト・デイ』はジェイ・コートニー演じるマクレーンの息子に焦点を当てた作品であることが明らかになった。またリブート版『スパイダーマン』でヒロインのテストを受け、マット・デイモン主演、ベンジャミン・ミーの自伝小説の映画版『幸せへのキセキ』の候補にも挙がった,。だがどちらにも選ばれず、それぞれエマ・ストーンとスカーレット・ヨハンソンに決定した。メアリー・エリザベス・ウィンステッド フレッシュアイペディアより)

  • ディケーター (イリノイ州)

    ディケーター (イリノイ州)から見たマット・デイモンマット・デイモン

    2009年の映画インフォーマント!はアーチャー・ダニエルズ・ミッドランドのリシン・スキャンダルを扱ったものである。スティーブン・ソダーバーグが監督し、 情報提供者ウィテカーの役をマット・デイモンが演じた。ディケーター (イリノイ州) フレッシュアイペディアより)

  • ボーン・アルティメイタム

    ボーン・アルティメイタムから見たマット・デイモンマット・デイモン

    主演のマット・デイモンは、2007年に訪れたカンヌ国際映画祭にて「『ボーン』シリーズは3作目でラスト」とコメントしていたが、その後、続編の製作が決定した。シリーズ4作目となる『ボーン・レガシー』では、グリーングラス監督の降板に伴い主演のマット・デイモンも出演しないことが決まっている。ボーン・アルティメイタム フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・ボーン

    ジェイソン・ボーンから見たマット・デイモンマット・デイモン

    及びマット・デイモン主演の映画『ボーン』シリーズに登場する架空の人物。映画版の設定では1970年9月13日生まれ。彼が最初に登場したのは小説『最後の暗殺者』(1980年)。ジェイソン・ボーン フレッシュアイペディアより)

  • ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム

    ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームから見たマット・デイモンマット・デイモン

    2004年には、生誕50周年を記念して、キャラクターとしては3番目、日本のキャラクターとしては史上初めて、怪獣王ゴジラが加わった。2007年には、マイケル・ケインとマット・デイモン、ミシェル・ファイファー、ロバート・アルトマン、マライア・キャリーらが加わった。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム フレッシュアイペディアより)

  • ケヴィン・スミス

    ケヴィン・スミスから見たマット・デイモンマット・デイモン

    ベン・アフレックやジェイソン・リー、マット・デイモンは彼の映画の常連である。ケヴィン・スミス フレッシュアイペディアより)

  • ブラザーズ・グリム

    ブラザーズ・グリムから見たマット・デイモンマット・デイモン

    ウィル・グリム:マット・デイモン(東地宏樹)ブラザーズ・グリム フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・ベイリー

    ショーン・ベイリーから見たマット・デイモンマット・デイモン

    2000年にベン・アフレック、マット・デイモンらと共にライヴプラネット社を設立。中心的役割を果たした後、2008年創設のアイデオロジー社代表を経て、ウォルト・ディズニー・モーション・ピクチャーズ・プロダクション代表取締役に就任。ショーン・ベイリー フレッシュアイペディアより)

  • 青春の輝き (映画)

    青春の輝き (映画)から見たマット・デイモンマット・デイモン

    ブレンダン・フレイザー、マット・デイモン、クリス・オドネル、コール・ハウザー、ベン・アフレックと、後に大スターとなる若手俳優が多数出演している。青春の輝き (映画) フレッシュアイペディアより)

95件中 41 - 50件表示

「マット・デイモン」のニューストピックワード