95件中 81 - 90件表示
  • ジェレミー・レナー

    ジェレミー・レナーから見たマット・デイモンマット・デイモン

    2012年には前述の『アベンジャーズ』の他、『ボーン』シリーズの4作目でトニー・ギルロイ監督・脚本の『ボーン・レガシー』が公開された。同作では前3作までにマット・デイモン演じたジェイソン・ボーンに代わって、新たにレナー演じるアーロン・クロスが主人公となる。また他に、ジェマ・アータートンと共に主役を務めた、『ヘンゼルとグレーテル』の15年後を描くアクション・ホラー・コメディ『ヘンゼル & グレーテル』の撮影が完了している。同作はスタジオの方針により2013年1月に公開が延期された。ジェレミー・レナー フレッシュアイペディアより)

  • 桐本琢也

    桐本琢也から見たマット・デイモンマット・デイモン

    オーシャンズ11(ライナス/マット・デイモン)※フジテレビ版桐本琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 水島 裕

    水島裕から見たマット・デイモンマット・デイモン

    リプリー(トム・リプリー〈マット・デイモン〉)(テレビ朝日版)水島裕 フレッシュアイペディアより)

  • スター・トレック (2009年の映画)

    スター・トレック (2009年の映画)から見たマット・デイモンマット・デイモン

    特にカーク役については、ベン・アフレックやマット・デイモンが演じるのではないかという噂が流れ、一部メディアでは出演決定とまで報道された。なお、デイモンには実際にカーク役の依頼が来ていたが、断っていたことが後に報道された。スター・トレック (2009年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • サラ・シルバーマン

    サラ・シルバーマンから見たマット・デイモンマット・デイモン

    2008年、2003年から交際しているコメディアンのジミー・キンメルが司会を務めるトーク番組にマット・デイモンと浮気していると告白するビデオ『I'm Fxxking Matt Damon』を披露。実際にデイモンも登場している。このビデオにジミーは、自分はデイモンの親友であるベン・アフレックと浮気しているという内容のビデオ『I'm Fxxking Ben Affleck!』で反撃。こちらにはベン・アフレックの他にブラッド・ピット、キャメロン・ディアスらセレブリティらが多数出演しており、このビデオ合戦は話題を集めた。この後7月頃にジミーとは破局したが(このビデオ合戦が原因ではない)、サラは『I'm Fxxking Matt Damon』でライムタイム・エミー賞に先立って発表される技術部門を中心としたクリエイティブ・アーツ・エミー賞の最優秀オリジナル歌曲賞を受賞した。サラ・シルバーマン フレッシュアイペディアより)

  • インファナル・アフェア

    インファナル・アフェアから見たマット・デイモンマット・デイモン

    本作品の脚本は世界各国から高い評価を受け、2006年にアメリカでマーティン・スコセッシ製作、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン主演で、『ディパーテッド』としてリメイクされ、アカデミー賞やゴールデングローブ賞など各賞を受賞した。インファナル・アフェア フレッシュアイペディアより)

  • 鳥海勝美

    鳥海勝美から見たマット・デイモンマット・デイモン

    青春の輝き(チャーリー・ディロン/マット・デイモン鳥海勝美 フレッシュアイペディアより)

  • アル・パチーノ

    アル・パチーノから見たマット・デイモンマット・デイモン

    55歳を超えてからも『フェイク』、『インサイダー』などに出演。1994年にはヴェネツィア国際映画祭の経歴賞を、還暦を迎えた2001年には、ゴールデングローブ賞において生涯功労賞に相当するセシル・B・デミル賞を受賞。共演したジョニー・デップ、ラッセル・クロウ、ジェイミー・フォックス、コリン・ファレルへも多大な影響を与え、2007年公開の『オーシャンズ13』ではジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモンらとは対照的に助演に徹し、ホテルのオーナーを演じた。アル・パチーノ フレッシュアイペディアより)

  • グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

    グッド・ウィル・ハンティング/旅立ちから見たマット・デイモンマット・デイモン

    1997年12月初旬のワールドプレミア後から当時は無名の俳優であったマット・デイモンが執筆した脚本と完成度の高さに注目が集まり、最終的にアカデミー賞やゴールデングローブ賞において脚本賞を受賞するなど高い評価を受けた。グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち フレッシュアイペディアより)

  • 崖の上のポニョ

    崖の上のポニョから見たマット・デイモンマット・デイモン

    全米では『Ponyo』のタイトルで、ジョン・ラセター,キャスリーン・ケネディ総指揮,ブラッド・ルイス演出によるローカライズが行われたバージョンが2009年8月14日より公開。リーアム・ニーソン、ケイト・ブランシェット、マット・デイモンなどの映画スターが吹き替えを担当したことが話題となった。ジブリ映画としては過去最大となる927館一斉封切りが行われ、オープニング興収351万ドル、週末のBox Officeランキングで全米第9位を記録している。崖の上のポニョ フレッシュアイペディアより)

95件中 81 - 90件表示

「マット・デイモン」のニューストピックワード