153件中 81 - 90件表示
  • 太陽がいっぱい (映画)

    太陽がいっぱい (映画)から見たマット・デイモンマット・デイモン

    1999年にマット・デイモン主演で、映画『リプリー』が公開された。これは『太陽がいっぱい』の再映画化だが、原作により忠実に映画化されている。しかし後半の展開が微妙に違っている。太陽がいっぱい (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・マイケル・ヒギンズ

    ジョン・マイケル・ヒギンズから見たマット・デイモンマット・デイモン

    1963年、マサチューセッツ州ボストンに生まれる。メリーランド州の高校を卒業後、アマースト大学に進学。在学中は男性のみのア・カペラグループThe Zumbyesに所属していた。1988年にドラマシリーズの『特捜刑事マイアミ・バイス』でテレビデビュー。それ以来、『となりのサインフェルド』や『アリー my Love』など、様々なテレビドラマに出演し、役者としてのキャリアを重ねていく。映画においてもスティーヴ・カレル主演の『エバン・オールマイティ』やジム・キャリー主演の『イエスマン “YES”は人生のパスワード』などのコメディ映画をはじめ、ヴィンス・ヴォーン、ジャン・レノら出演の『南の島のリゾート式恋愛セラピー』やキャメロン・ディアス主演の校長役、マット・デイモン主演の『幸せへのキセキ』における保健所の検査官など様々な作品に登場した。舞台でも活躍しており、ブロードウェイやオフ・ブロードウェイ舞台などの出演経験もある。舞台の演出も手掛けている。ジョン・マイケル・ヒギンズ フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・K・ディック

    フィリップ・K・ディックから見たマット・デイモンマット・デイモン

    短編「調整班」(1954年)の映画化。主演マット・デイモンフィリップ・K・ディック フレッシュアイペディアより)

  • ミケランジェロ・プロジェクト

    ミケランジェロ・プロジェクトから見たマット・デイモンマット・デイモン

    演 - マット・デイモン、日本語吹替 - 咲野俊介ミケランジェロ・プロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ディザスター・アーティスト (映画)

    ザ・ディザスター・アーティスト (映画)から見たマット・デイモンマット・デイモン

    セステロが友人関係に恵まれ、演技を上達させていく様子を見たウィソーは、セステロに対して嫉妬心をむき出しにするようになった。その異様さを見かねたセステロは、自分の行動を反省してもらいたいという思いを込めて、ウィソーに『リプリー』の鑑賞を勧めた。しかし、これが思わぬ事態を招来することとなった。マット・デイモンの演技に深く感動したウィソーは、『リプリー』と同じくらい感動的な映画を製作する意欲を見せ始めたのである。ウィソーは何かにとりつかれたように『The Room』の脚本を書き上げていった。ザ・ディザスター・アーティスト (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ジョエル・マクヘイル

    ジョエル・マクヘイルから見たマット・デイモンマット・デイモン

    2009年には、スティーブン・ソダーバーグ監督の喜劇風スリラー『インフォーマント!』でマット・デイモンと共演した。ジョエル・マクヘイル フレッシュアイペディアより)

  • スーパーマンの映画作品

    スーパーマンの映画作品から見たマット・デイモンマット・デイモン

    2002年6月21日時点でのゴールズマンの草案は、ブルース・ウェインが自警活動を辞めてから5年後が舞台であった。ロビンことディック・グレイソン、執事のアルフレッド、ゴードン警部は他界し、ブルースは心を病んでいた。一方、クラーク・ケントもロイス・レインとの離婚で気落ちしていた。ブルースはエリザベス・ミラーと結婚するが、ジョーカーに花嫁を殺され、再びバットスーツを身につけることになる。クラークはブルースを連れ戻そうとするが、ブルースはエリザベスの死の責任はクラークにあると非難し、2人は相反することとなる。しかし、事件の背後にレックス・ルーサーがいたことを知ると、2人は再び手を組むという内容であった。ペーターゼンはヒーロー役の候補としてマット・デイモンを挙げたほか、ジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジェームズ・フランコ、ジュード・ロウ、ポール・ウォーカーが候補として検討された。さらにバットマン役は後にクリストファー・ノーランによる『ダークナイト』三部作で起用されるクリスチャン・ベール、スーパーマン役にはジョシュ・ハートネットが、それぞれオファーされた。スーパーマンの映画作品 フレッシュアイペディアより)

  • 第101空挺師団 (アメリカ軍)

    第101空挺師団 (アメリカ軍)から見たマット・デイモンマット・デイモン

    プライベート・ライアン - この映画に登場するマット・デイモン演ずるライアン二等兵はこの師団に所属しているという設定であり、制服の上腕に、第101空挺師団の部隊章ワッペンをつけている。第101空挺師団 (アメリカ軍) フレッシュアイペディアより)

  • オーシャンズ13

    オーシャンズ13から見たマット・デイモンマット・デイモン

    ライナス・コールドウェル(マット・デイモンオーシャンズ13 フレッシュアイペディアより)

  • メアリー・エリザベス・ウィンステッド

    メアリー・エリザベス・ウィンステッドから見たマット・デイモンマット・デイモン

    2010年には、ロマンティック・コメディ The F-Word のテストを受けケイシー・アフレックとの共演が囁かれていた。だが2012年7月17日、この映画の主演はダニエル・ラドクリフとゾーイ・カザンに決定した。2011年10月6日のインタビューではダイ・ハードの続編への出演についてて "出演しないと思うわ。何も聞いていないし"と答えている。2012年2月22日、続編『ダイ・ハード/ラスト・デイ』はジェイ・コートニー演じるマクレーンの息子に焦点を当てた作品であることが明らかになった。またリブート版『スパイダーマン』でヒロインのテストを受け、マット・デイモン主演、ベンジャミン・ミーの自伝小説の映画版『幸せへのキセキ』の候補にも挙がった,。だがどちらにも選ばれず、それぞれエマ・ストーンとスカーレット・ヨハンソンに決定した。メアリー・エリザベス・ウィンステッド フレッシュアイペディアより)

153件中 81 - 90件表示

「マット・デイモン」のニューストピックワード