50件中 31 - 40件表示
  • マット・デイモン

    マット・デイモンから見たマサチューセッツ州

    マサチューセッツ州ケンブリッジにて、マシュー・ペイジ・デイモン(Matthew Paige Damon)として生まれる。父親のケント・テルファー・デイモンは株式仲買人、母親のナンシー・カールソン=ペイジはレスリー大学の教授。イングランド、スコットランド、フィンランド、スウェーデンの血を引く。兄のカイルは彫刻家。マット・デイモン フレッシュアイペディアより)

  • マット・デイモン

    マット・デイモンから見たアクション映画

    2001年にはジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットらと共演した『オーシャンズ11』に出演(2004年と2007年にも続編が公開された)。2002年にはアクション映画『ボーン・アイデンティティー』が大ヒット。2004年には続編も作られ、2007年にはシリーズ3作目の『ボーン・アルティメイタム』が公開され、2億ドルを越えるヒットとなった。マット・デイモン フレッシュアイペディアより)

  • マット・デイモン

    マット・デイモンから見たピープル (雑誌)

    2007年には『フォーブス』誌が選ぶアメリカ映画出演料当たり興収のランキングでトム・ハンクスやトム・クルーズの2倍以上の高収益俳優としてトップに輝いた。また、同年には『ピープル』誌が選ぶ2007年の“最もセクシーな男”に輝いた。マット・デイモン フレッシュアイペディアより)

  • マット・デイモン

    マット・デイモンから見たミスティック・ピザ

    1988年にジュリア・ロバーツ主演の『ミスティック・ピザ』で端役デビュー。1996年には『戦火の勇気』にヘロイン中毒患者の役で出演するため、2日間の撮影のために100日間で18キロの減量を行った。この時の無理な減量のために数年の間、体調を崩すことになる。マット・デイモン フレッシュアイペディアより)

  • マット・デイモン

    マット・デイモンから見たイングランド

    マサチューセッツ州ケンブリッジにて、マシュー・ペイジ・デイモン(Matthew Paige Damon)として生まれる。父親のケント・テルファー・デイモンは株式仲買人、母親のナンシー・カールソン=ペイジはレスリー大学の教授。イングランド、スコットランド、フィンランド、スウェーデンの血を引く。兄のカイルは彫刻家。マット・デイモン フレッシュアイペディアより)

  • マット・デイモン

    マット・デイモンから見たアメリカ合衆国

    マット・デイモン(Matt Damon, 1970年10月8日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、脚本家。身長178cm。マット・デイモン フレッシュアイペディアより)

  • マット・デイモン

    マット・デイモンから見たオーシャンズ11

    2001年にはジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットらと共演した『オーシャンズ11』に出演(2004年と2007年にも続編が公開された)。2002年にはアクション映画『ボーン・アイデンティティー』が大ヒット。2004年には続編も作られ、2007年にはシリーズ3作目の『ボーン・アルティメイタム』が公開され、2億ドルを越えるヒットとなった。マット・デイモン フレッシュアイペディアより)

  • マット・デイモン

    マット・デイモンから見たアカデミー脚本賞

    無名時代、幼馴染のベン・アフレックと共に自分達で脚本を書くことを思いたち、授業用に書いた若き数学の天才に関する脚本を映画用の脚本として完成させる。その脚本が後の1997年、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』として映画化され、1998年公開。ベン・アフレックと共にアカデミー脚本賞を受賞している。同作品ではアカデミー主演男優賞にもノミネートされた。この脚本の映画化には、ベンに見せた1992年から完成の1997年まで、長い年月と紆余曲折を要した。マット・デイモン フレッシュアイペディアより)

  • マット・デイモン

    マット・デイモンから見たレッドカーペット

    キンメルが毎番組終了時にその日の出演ゲストに感謝を述べた後、「(この後出演する予定だった)マット・デイモンには申し訳ないが時間が来てしまった」とコメントする定番のジョークがある(『オーシャンズ13』プレミアでも、レッドカーペットを歩く本人を取材のために呼び寄せておいてから同じジョークを決行した)。マット・デイモン フレッシュアイペディアより)

  • マット・デイモン

    マット・デイモンから見たメキシコ

    デイモン本人もネタにされるのを楽しんでいる様子で、『ボーン・アルティメイタム』のパロディ予告編(ボーン役だけが番組の太ったメキシコ系出演者に差し替えられた)ではデイモンもボーンとして予告編中に登場し、キンメルに対して悪態をついた。晴れてゲストとして番組に招かれた時には、キンメルが(出演映画のタイトルをひとつひとつ読み上げるなど)デイモンの経歴紹介に延々と時間を費したため、本人が登場した途端にやはり終了時間が来てしまい、スタッフロールの流れる中、キンメルに激怒してセットを出て行った。「本当に怒ったのかも」と多くの視聴者に勘違いさせるほどの鬼気迫る演技であった。マット・デイモン フレッシュアイペディアより)

50件中 31 - 40件表示

「マット・デイモン」のニューストピックワード