155件中 91 - 100件表示
  • 預託商法

    預託商法から見たマツタケマツタケ

    養殖詐欺においては、商材に用いられるのはブラックタイガー、マダイ、クロマグロ、マツタケなど水産物を中心とした一般に高級食材とされるものが多い。特にクロマグロやマツタケについては、低廉なコストで済む養殖技術が未だ確立されていないため、バイオテクノロジーを用いた新技術で安価な養殖が可能になった、といった根拠のない触れ込みで出資を迫るものが多い。預託商法 フレッシュアイペディアより)

  • 中井正広のブラックバラエティの企画

    中井正広のブラックバラエティの企画から見た松茸マツタケ

    1kg7万円の松茸料理を賭けたババ抜き。ルールは普通のババ抜きを行い、最後までババを持っていた人は松茸料理を食べられない。但し、レモン1個を1分以内に食べれば松茸を食べる権利を得られる。中井正広のブラックバラエティの企画 フレッシュアイペディアより)

  • ウンナンの気分は上々。

    ウンナンの気分は上々。から見たマツタケマツタケ

    食通の寺門ジモンの案内で、サンマやマツタケ、シラスなど旬の食材を食べに行く企画。毎回ジモンのうんちくが止まらず、それに対する南原や女性ゲスト(奥山佳恵、辺見えみり、坂下千里子)のリアクションがこの企画のメインとなった。また、同じく食通のセイン・カミュと対決形式の回もあった。ウンナンの気分は上々。 フレッシュアイペディアより)

  • 塩田温泉

    塩田温泉から見た松茸マツタケ

    「書写と雪彦屏風に建てて塩田姫路の奥座敷」と詠われたこともあり、春の桜、秋の紅葉は一見の価値がある。夏は鮎に蛍、冬はボタン鍋などを名物とし、四季折々の山里の自然が満喫できる温泉となっている。かつて松茸の産地であったこともあり、松林も散見される純日本風の風景を醸し出している。また、日本初の世界文化遺産となった姫路城や姫路セントラルパークなど、周辺には観光地が多いが、数少ない姫路近郊の温泉地として知られる。塩田温泉 フレッシュアイペディアより)

  • かっぱえびせん

    かっぱえびせんから見たマツタケマツタケ

    1986年からシリーズ展開を開始し、通常の塩味以外にもフレンチサラダ味、ごま油風味、えびちりソース味、さくさくチーズ味、おつまみ海老、ピリピリマヨネーズ味、ローストガーリック味、辛一味醤油味、松茸風味、韓国のり味、香港バーベキュー味、タイスパイシーヤンミー味、タイトムヤム味、紀州の梅 焼きのり風味、本わさび味、辛口たまりしょうゆ味、荒挽きえびせん、柚子こしょう味、お茶づけ海苔味(永谷園との共同開発)、都こんぶ味(中野物産の都こんぶとのコラボ)、ごはんですよ味(桃屋海苔佃煮とのコラボ)、どろソース味(オリバーソースとのコラボ)など数多くのフレーバーが発売された。かっぱえびせん フレッシュアイペディアより)

  • 別所温泉

    別所温泉から見た松茸マツタケ

    別所温泉を含む上田周辺は養蚕の活況で古くから賑わっていたため、明治時代には30を超える宿があった。養蚕業の衰退や社会情勢の変化とともに廃業したり、食事処などに転業した事業者もあり、次第に温泉宿の数は減ったが、2018年現在も約15軒の温泉宿が営業。江戸時代創業の老舗旅館も複数ある。こうした伝統のある宿は、たいてい元蚕種屋で、湯治客に家の一部を間貸していたことから始まり、半農半商経営である。温泉街や周囲の住宅地の中にそば店が点在する。周辺には山菜や松茸を産する山林が多数あり、通年営業の料亭や信州上小森林組合直営の食事処(別所温泉森林公園内)があるほか、秋には「松茸小屋」と呼ばれる松茸料理を提供する季節営業の専門店が山林内に設けられる。別所温泉 フレッシュアイペディアより)

  • ちぃちゃんのおしながき

    ちぃちゃんのおしながきから見たマツタケマツタケ

    料理の腕前は誰もが認めるものだが、味覚が子供のため、マツタケに濃い味付けをするなど不評を買うことがある。ゴキブリが大の苦手。ちぃちゃんのおしながき フレッシュアイペディアより)

  • スダチ

    スダチから見た松茸マツタケ

    外皮が青、又は黄色の果実を切り分け、鍋料理の具やサンマなどの焼き魚、魚介類の刺身、あるいは焼き松茸などを食べる直前に、料理に果汁をかけるために添えられる。果汁は食用酢としても用いられ、通常の酢の代りに酢の物の材料としたりする。スダチ フレッシュアイペディアより)

  • エースコック

    エースコックから見た松茸マツタケ

    なお、この「ワンタン」は肉が包まれておらず、基本の物は「松茸味」。独特の風味を持ったインスタントラーメンである。エースコック フレッシュアイペディアより)

  • かすかべ防衛隊

    かすかべ防衛隊から見たマツタケマツタケ

    家庭は裕福で、高級マンション「マングースマンション」在住。初期は金持ちキャラが強く、幼稚園に高級なものを持ち込み、課外活動のバーベキューでマツタケを持ってきたり、臨海学校へ行った回ではメロンを一個丸ごと持ってきたりするなどをしていた。また、しんのすけの災難に対して「ざまぁみろ」と言ったり、しんのすけと喧嘩するなど少々意地悪な性格も強かったが、これらの性格は徐々に薄れ、真面目な優等生キャラに変わっていった。それと同時にマザコン振りや少女アニメ好きなどの本性が顕になり始め、少女向けアニメの「ふしぎ魔女っ子マリーちゃん」や「ま・ほー少女もえP」の隠れファンとなる。特にもえPにいたっては知識もかなりマニアックな域に達し、コスプレに手を出すほどの熱中ぶりである。DVDも大量に所持しており、風邪をひいた時にもベッドに入ったままポータブルDVDプレーヤーで観賞している。グッズ類にも目がなく、入手するためにはワガママな言動をとることも多く、アニメ「シールをもらうゾ」では1人1枚限りとあるにも関わらず、しんのすけ達を利用して何枚ももらおうとしていたり、しんのすけがもらった分のシールまでをも横取りしようとしてしんのすけからかなり嫌がられていた(その結果、風間は貰ったシールを川に落としてしまうという、自業自得の結果に至っている)。それらの趣味は既に周囲にバレているものの、人前では必死に否定するのが定番になっているが(話の流れで自らばらす言動をとることもある)、ごまかした結果損な展開になることがほとんどである。アニメ「もえPに大変身だゾ」では、もえPのコスプレをしていたところをネネちゃんに見つかり、「いつもの風間君じゃない」とまで言われてしまった。少女向けアニメ以外にも密かにアクション仮面も見ているが、周囲には「たまたまテレビをつけたから見ただけ」等の理由でごまかしている。マザコンに関しても少女向けアニメファン同様に周囲に知られており、しんのすけやネネに「カザマザコン」と呼ばれた事がある。「幼稚園の大そうじだゾ」ではお尻を毎朝ママに拭いてもらっている事を必死になって誤魔化そうとした。「みんなでサバイバルするゾ」では洞穴で眠っていた時は赤ちゃんになった夢を見て、ママのおっぱいを吸っていた。その際は隣で寝ていたしんのすけのほっぺを吸っており、翌朝しんのすけのほっぺは一部分だけ吹き出物のようになっていた。また、その場面はマサオとボーちゃんも見ており、ドン引きしていた。「オラたち女の子だゾ」では、幼女向けのファッションのコーディネートのセンスがいいとしんのすけたちからも誉められており、自分でも女装ではSHAZNAにも負けていないと語っている。かすかべ防衛隊 フレッシュアイペディアより)

155件中 91 - 100件表示

「マツタケ」のニューストピックワード