113件中 11 - 20件表示
  • 融合マツタケ

    融合マツタケから見たマツタケマツタケ

    融合マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • からし漬け

    からし漬けから見たマツタケマツタケ

    食材としては、ナス、ことに秋ナスが最上であるとされ、他に、キュウリ、ダイコン、カブ、キクイモ、ハヤトウリ、マツタケなども用いられる。からし漬け フレッシュアイペディアより)

  • 菌根菌

    菌根菌から見たマツタケマツタケ

    特定の植物とのみ共生をする種もいれば、アーバスキュラー菌根の様に多くの植物と共生を行う種もいる。森林の地上に発生するキノコは、多くが菌根菌である。主なものは、マツタケ、アミタケ、ショウロ等がある。これらの例は宿主がすべてマツだが、コナラやシラカバが宿主のものもいるし、様々な木と菌根を作るものもある。なお、高級食材として知られるトリュフやホンシメジも菌根菌である。腐生菌と比べて、人工栽培が難しい。菌根菌 フレッシュアイペディアより)

  • 上田市立東塩田小学校

    上田市立東塩田小学校から見たマツタケマツタケ

    学校の学区である東塩田地区にある鴻ノ巣山は遠足の地として同校はもとより近隣の上田市立小学校から重宝がられている。また、同地区はマツタケの産地として全国的に知られていてシーズンになると「マツタケ給食」が実施され長野県内のテレビニュースで取り上げられている。上田市立東塩田小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 腐生菌

    腐生菌から見たマツタケマツタケ

    この見方に立てば、マツタケやアツギケカビなどの菌根を形成するものなど、植物と共生していると言われるものも、純粋培養ができないものは栄養の観点からは寄生菌と言える。ラブールベニア類やトリコミセス類など、栄養的には状況がわからないものも、純粋培養できないものは寄生菌扱いになる。線虫捕食菌の場合、接合菌のそれは培養できないので寄生菌、不完全菌系のものは培養可能なので腐生菌である。腐生菌 フレッシュアイペディアより)

  • 食品表示

    食品表示から見たマツタケマツタケ

    アレルゲン - 食品衛生法により、食物アレルギー症例数の多い卵・乳・小麦・エビ・カニ、症状が重篤なソバ・ラッカセイを「特定原材料」とし、表示が義務付けられている。「特定原材料に準ずるもの」としてアワビ・イカ・イクラ・オレンジ・キウイフルーツ・牛肉・クルミ・鮭・サバ・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・マツタケ・モモ・ヤマイモ・リンゴの表示が推奨されている。食品表示 フレッシュアイペディアより)

  • 森林窃盗罪

    森林窃盗罪から見た松茸マツタケ

    本罪の客体は「森林より産出する一切の物」(森林産物)であり、有機的産出物(森林内に生育している松茸やタケノコ等)だけでなく、無機的産出物をも含むとされる。したがって、例えば熔岩が森林の台地を成している場合、その熔岩は森林産物にあたる(東京高判昭和46年10月26日)。森林窃盗罪 フレッシュアイペディアより)

  • バカマツタケ

    バカマツタケから見たマツタケマツタケ

    秋、ミズナラ、コナラなどの広葉樹林で発生する、マツタケに似たキノコ。マツタケとの違いは、やや小さい、雑木林に発生する、全体的にやや赤みを帯びている、などの点で区別される。香りはマツタケよりも強い。バカマツタケ フレッシュアイペディアより)

  • 三和町 (京都府)

    三和町 (京都府)から見た松茸マツタケ

    町の標語は「いのち ふれあい あすひらくまち――みわ」。町の特産品は、栗、松茸、椎茸、ブドウ、小豆。三和町 (京都府) フレッシュアイペディアより)

  • 横山薫範

    横山薫範から見た松茸マツタケ

    最後に帰省したのは1941年(昭和16年)9月である。この時大量の松茸を土産に持ち込んで恩師や親戚に配り、恩賜の懐中時計を兄の時計と交換した。生家や家族を何度も振り返り帰隊していった。横山薫範 フレッシュアイペディアより)

113件中 11 - 20件表示

「マツタケ」のニューストピックワード