113件中 21 - 30件表示
  • イシバシ・レシピ

    イシバシ・レシピから見た松茸マツタケ

    西流「松茸料理」 / 別腹: 西流「他人丼」イシバシ・レシピ フレッシュアイペディアより)

  • かっぱえびせん

    かっぱえびせんから見たマツタケマツタケ

    通常の塩味以外にも、フレンチサラダ味、ごま油風味、えびちりソース味、さくさくチーズ味、おつまみ海老、ピリピリマヨネーズ味、ローストガーリック味、辛一味醤油味、松茸風味、韓国のり味、香港バーベキュー味、タイスパイシーヤンミー味、タイトムヤム味、紀州の梅 焼きのり風味、本わさび味、辛口たまりしょうゆ味、荒挽きえびせん、柚子こしょう味、お茶づけ海苔味(永谷園との共同開発)、都こんぶ味(中野物産の都こんぶとのコラボ)、ごはんですよ味(桃屋海苔佃煮とのコラボ)など数多くのフレーバーが発売された。かっぱえびせん フレッシュアイペディアより)

  • 宮宇地美穂

    宮宇地美穂から見たマツタケマツタケ

    RNCが運営するRNCアナウンスカレッジの第1期卒業生。彼女が担当している夕方のニュースの料理コーナーで食材をつまみ食いしてシェフに怒られたり、「とことん!土曜〜び!!」では司会者の時にカキを60個を一人で平らげたり、マツタケを焼かずに生で食べたり、取れたてのタコを生きたまま食べようとした。これらの食いっぷりが日テレのニュースの女王決定戦で放映された。宮宇地美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 丹波ワイン

    丹波ワインから見たマツタケマツタケ

    丹波は丹波黒豆や栗、松茸、京野菜、豚など、昔から京料理の食材の宝庫として知られている土地。その地で1979年、民間企業として設立された。今では京丹波町の地域特産品の一つである。栽培、醸造のコンセプトが京都という場所柄、「和食に合わせて」であり、日本や海外のワイナリーに比べても、和食系のレストランや飲食店で多く取り扱われる傾向にある。丹波ワイン フレッシュアイペディアより)

  • 預託商法

    預託商法から見たマツタケマツタケ

    養殖詐欺においては、商材に用いられるのはブラックタイガー、マダイ、クロマグロ、マツタケなど水産物を中心とした一般に高級食材とされるものが多い。特にクロマグロやマツタケについては、低廉なコストで済む養殖技術が未だ確立されていないため、バイオテクノロジーを用いた新技術で安価な養殖が可能になった、といった根拠のない触れ込みで出資を迫るものが多い。預託商法 フレッシュアイペディアより)

  • えの素

    えの素から見たまつたけマツタケ

    まつたけ屋(38話、1000 - 200万円)露店。えの素 フレッシュアイペディアより)

  • 観光農園

    観光農園から見たマツタケマツタケ

    キノコ狩り(マツタケ、シイタケ、シメジなど)。珍しいところでは、栗拾いなどもある。観光農園 フレッシュアイペディアより)

  • 菌輪

    菌輪から見たマツタケマツタケ

    二つ目の説は、日本におけるマツタケの生態調査の成果をもとに提唱されたものであり、菌輪はキノコの楕円形のコロニーが繋がってできたとするものである。このコロニーの連なりが弧や円を形成すると、コロニーは同心円状に拡大してゆく。菌輪 フレッシュアイペディアより)

  • 味な歳時記 池波正太郎その世界

    味な歳時記 池波正太郎その世界から見たマツタケマツタケ

    2006年10月7日 マツタケ(出典:「味と映画の歳時記」)味な歳時記 池波正太郎その世界 フレッシュアイペディアより)

  • ハラタケ目

    ハラタケ目から見たマツタケマツタケ

    ハラタケ目(Agaricales)はキノコの分類。子実体は、柄と傘からなり、イグチ科はしっかりしているが、それ以外は柔らかく壊れやすい。虫に食べられていることも多い。傘の裏にはひだ、もしくは管孔があり、そこから胞子を飛ばす。ひだや管孔は幼菌では白いものが多いが、胞子が成熟すると色が変わるものも多い。胞子の色は科を調べる重要な手がかりになる。マツタケやシイタケ等、食用になるものも多いが、毒キノコの大半がハラタケ目に属している。ハラタケ目 フレッシュアイペディアより)

113件中 21 - 30件表示

「マツタケ」のニューストピックワード