155件中 21 - 30件表示
  • 雲南料理

    雲南料理から見たマツタケマツタケ

    雲南省の漢族の料理は、中国の八大料理の内の四川料理に属し、唐辛子を多用するものが多いが、汽鍋鶏(チーグオジー)と呼ばれるスープ料理のように、あっさりした味付けの料理もある。食材として有名なものに各種のキノコがあり、オオシロアリタケ、ポルチーニ(ヤマドリタケ類)、マツタケなども使われる。出汁をとるのには鶏の他に、宣威火腿(雲南ハム)もよく利用される。雲南料理 フレッシュアイペディアより)

  • サワラ (植物)

    サワラ (植物)から見た松茸マツタケ

    ヒノキよりも成長が早いが、木材は柔らかいためヒノキのように柱などとしてはあまり用いられない。水湿に強く、ヒノキやアスナロのような臭いがないので、飯櫃や柄杓、桶などによく用いられる。木曽五木の1つである。殺菌作用があるため、松茸など食品の下の敷物としても使われる。サワラ (植物) フレッシュアイペディアより)

  • 月亭小文都

    月亭小文都から見たマツタケマツタケ

    1902年三友派の同人初代笑福亭福松、2代目桂文團治(後の7代目桂文治)、2世曽呂利新左衛門等と共に招待を受け松茸狩りの一夜、京都の三条木屋町の旅館で心臓麻痺で急死した。あまりにもショッキングな死であったため、当時の新聞や、初代桂文我の『文我出席控』に詳しく当時様子が記載されている。『文我出席控』によると亡くなる前日の19日に京都笑福亭の昼席「矯正会第四回」が盛況に終わり20日を休日にし芸人集めて松茸狩りと宴会を開く予定で小文都も大阪から参加、深夜12時ごろみんなで呑んでるときに近所で火事が起き近隣が騒然となったが鎮火し一息ついて再び呑み直したが小文都が急に倒れ死去、実の弟や親族が集まって翌朝から近所の寺で通夜が行われ翌22日の朝に葬儀を行った、葬儀の最中2代目文團治とその弟子の2代目桂米朝(後の3代目桂米團治)が喧嘩したことも記述されている。月亭小文都 フレッシュアイペディアより)

  • コンビニDMZ

    コンビニDMZから見たマツタケマツタケ

    スペイン陸軍から派遣された国連軍の兵士たち。マツタケが嫌いなようで、コンビニにマツタケ弁当しかないことを「貧乏くじ」と言っていた。だが、隊員の1名が、マツタケ1本で100ユーロ超えもザラだと発言したことから、マツタケを採集しコンビニに売り付け小遣い稼ぎをしようと企む。そして、マツタケが大量に生えているとされるキノコ山に装甲車で向かい、採集を始めるが、その山は連邦軍の勢力下にあったため、連邦軍に拘束された。そのことは翌日のニュースにもなり、連邦軍によれば、「我々の貴重な資源を不当に搾取した」とのこと。コンビニDMZ フレッシュアイペディアより)

  • 松 (ワープロ)

    松 (ワープロ)から見た松茸マツタケ

    例えば「新松」以降、「鶴」というペイント系のグラフィック作成ソフトが付属しているが、この名は花札の絵柄にもある「松に鶴」の意匠に基づく。また、同社のもう一つのヒット作である桐は松桐坊主からの名である。「松」の日本語変換部分は「松茸」で、これは松の根元に出てくることからの命名である。松 (ワープロ) フレッシュアイペディアより)

  • 菌根菌

    菌根菌から見たマツタケマツタケ

    特定の植物とのみ共生をする種もいれば、アーバスキュラー菌根の様に多くの植物と共生を行う種もいる。森林の地上に発生するキノコは、多くが菌根菌である。主なものは、マツタケ、アミタケ、ショウロ等がある。これらの例は宿主がすべてマツだが、コナラやシラカバが宿主のものもいるし、様々な木と菌根を作るものもある。なお、高級食材として知られるトリュフやホンシメジも菌根菌である。腐生菌と比べて、人工栽培が難しい。菌根菌 フレッシュアイペディアより)

  • 住友電工ハードメタル

    住友電工ハードメタルから見たまつたけマツタケ

    2008年2月15日に放送のテレビ番組 『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)の視聴者依頼 「ダイヤモンドで松茸を焼く!?」 において、500カラット(担当者曰く「ベンツ10台分」)の工業用ダイヤモンドを燃やし、国産まつたけの炭火焼を敢行。世界初の試みであった(担当の探偵は松村邦洋)。住友電工ハードメタル フレッシュアイペディアより)

  • 外菌根

    外菌根から見たマツタケマツタケ

    外菌根菌の主要なグループには、ベニタケ科、フウセンタケ科、テングタケ科、イグチ科、イボタケ科、およびマツタケやホンシメジを含むキシメジ科の一部といった担子菌、セイヨウショウロ科(トリュフ類)、チャワンタケ科の一部といった子嚢菌、および子嚢菌系不完全菌のCenococcum属(シーノコッカムと英語読みする研究者が多い)などがあり、さらに接合菌であるアツギケカビ属(ケカビ亜門)も外菌根を形成することが知られている。その他にも多くの外菌根菌がおり、さらにきのこを作らない外菌根菌も多数存在する。外菌根 フレッシュアイペディアより)

  • 湯抱温泉

    湯抱温泉から見た松茸マツタケ

    湯治、保養向け。地元の食材を名物とし、山菜、鮎、ヤマメ、松茸、鴨、猪などの料理が出される。湯抱温泉 フレッシュアイペディアより)

  • ハラタケ目

    ハラタケ目から見たマツタケマツタケ

    ハラタケ目(Agaricales)はキノコの分類。子実体は、柄と傘からなり、イグチ科はしっかりしているが、それ以外は柔らかく壊れやすい。虫に食べられていることも多い。傘の裏にはひだ、もしくは管孔があり、そこから胞子を飛ばす。ひだや管孔は幼菌では白いものが多いが、胞子が成熟すると色が変わるものも多い。胞子の色は科を調べる重要な手がかりになる。マツタケやシイタケ等、食用になるものも多いが、毒キノコの大半がハラタケ目に属している。ハラタケ目 フレッシュアイペディアより)

155件中 21 - 30件表示

「マツタケ」のニューストピックワード