113件中 51 - 60件表示
  • 如意ヶ嶽

    如意ヶ嶽から見たマツタケマツタケ

    大文字山・如意ヶ嶽(あるいは東山)については広葉樹を中心多様な植物が見られるが、北部については前述の通り花崗岩地帯である。この区域については風化が激しく植物は極相に遷移するには至らず、また土壌も痩せており、アカマツ、コナラなどが多く見られる二次林となっている。また、酸性土壌によく見られるツツジ科植物なども生育し、アカマツ林ではかつてはマツタケも多く見られていたという。その他スギやヒノキの植林地などもある。如意ヶ嶽 フレッシュアイペディアより)

  • 寄生植物

    寄生植物から見たマツタケマツタケ

    シャクジョウソウ科 - 真菌に寄生。シャクジョウソウはキシメジ属のマツタケの大敵。寄生植物 フレッシュアイペディアより)

  • 学園前 (奈良市)

    学園前 (奈良市)から見たマツタケマツタケ

    富雄駅前で券売を委託されたよろず売店にて電車開通の年に誕生した、奈良市立二名小学校の初代校長は当時の富雄や学園前の様子を回想している。学園前駅はまだ設置されておらず、現在の学園前駅の南西には杣木谷(現在の学園前駅南西の池)という小さな村があるのみであった。また、富雄川はホタルが生息できるほど清らかで、富雄や学園前の付近はマツタケ狩りで有名であった。タヌキやキツネが生息し、特にタヌキは近鉄奈良線の富雄川橋梁の付近にまで顔を見せるほどだったという。また、富雄駅は駅長と改札員の2人だけが配置されたのんびりとした雰囲気の駅で、駅員は電車が着くたびに対向式ホームを往復していた。たまに米俵を積むための貨車が引込み線に停車していたという。学園前 (奈良市) フレッシュアイペディアより)

  • ブータンの文化

    ブータンの文化から見たマツタケマツタケ

    照葉樹林気候にあるブータンではキノコ(シャモ)も主要な食材である。日本人が珍重するマツタケ(サンゲシャモ)も手に入るが、香りが薄く輸入量は少ない。ブータンの文化 フレッシュアイペディアより)

  • 新猿楽記

    新猿楽記から見た松茸マツタケ

    面穢松茸:(おもきたなきまつたけ)新猿楽記 フレッシュアイペディアより)

  • 4時ですよーだ

    4時ですよーだから見たマツタケマツタケ

    松本とリンゴがチームに分かれて、子供たちと一緒にゲームをするコーナー。マツタケの扮装による「マッ、タケ〜!!」と言う松本のギャグが名物となった。4時ですよーだ フレッシュアイペディアより)

  • 大使閣下の料理人

    大使閣下の料理人から見たマツタケマツタケ

    "豆腐とマツタケの淡雪仕立て"大使閣下の料理人 フレッシュアイペディアより)

  • 味楽る!ミミカ

    味楽る!ミミカから見たマツタケマツタケ

    姫野家が保有する山。名水「姫野水」の源泉や、高級なマツタケ「姫野松茸」の採れる赤松がある。また10年に1度採れるという巨大なマツタケ「姫野大松茸」が存在する。味楽る!ミミカ フレッシュアイペディアより)

  • 石神駅

    石神駅から見たマツタケマツタケ

    また、沿線にはアカマツが生えており、その下でしか取れないマツタケが特産として知られていたが、沿線一帯がマツタケの産地として全国に知られるのは廃止以降の事であった。石神駅 フレッシュアイペディアより)

  • 湯けむりスナイパー

    湯けむりスナイパーから見たマツタケマツタケ

    みちのく温泉近郊の一番高い山にある、廃屋になった炭焼き小屋に住む、極太マツタケを見つける山の達人。フンドシに山賊の様な野良着と強面の風貌。ガス・水道・電気も無いエコロジー生活達人の様に見えるが、アルマーニのスーツも着るアダルトな一面もある。本業は、野鳥の密猟や野生動物の狩りなどをして、ヤクザな人間と取引をしている。所持する唯一の電化製品は携帯電話。喋れないと思われていたので周囲を驚かせる。殺人事件かなにかの罪を逃れているのか、とにかく訳ありの一番ミステリックな人間。ただ、椿屋を巡る平和や調和をむやみに乱したりしない、慈悲深い人間。源さんとトモヨと松三は特別な関係でもある。湯けむりスナイパー フレッシュアイペディアより)

113件中 51 - 60件表示

「マツタケ」のニューストピックワード