155件中 51 - 60件表示
  • バカマツタケ

    バカマツタケから見たマツタケマツタケ

    バカマツタケ(馬鹿松茸)、学名 Tricholoma bakamatsutake はハラタケ目キシメジ科のキノコ。マツタケに酷似するが、松林ではなく雑木林に生えることや、やや発生時期も早いので馬鹿なマツタケということからこの名がある。学名にも和名のローマ字綴りが採用されている。バカマツタケ フレッシュアイペディアより)

  • 振売

    振売から見た松茸マツタケ

    前述の『守貞謾稿』では、油揚げ、鮮魚・干し魚、貝の剥き身、豆腐、醤油、七味唐辛子、すし(図2)、甘酒、松茸、ぜんざい、汁粉、白玉団子、納豆、海苔、ゆで卵など食品を扱う数十種類の振売商売を紹介している。中でも「冷水売り」は“夏日、清冷の泉を汲み、白糖と寒ざらし粉の団子を加え一椀四文で売る、求めに応じて八文、十二文で売るときは糖を多く加える也、売り詞(ことば)「ひゃっこいーひゃっこい」。一椀たいがい六文、粉玉を用いず白糖のみを加え、冷や水売りと言わず砂糖水売りと言う”と紹介されている。京阪ではこれに似たものを道ばたで売っている。振売 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県自然保護センター

    岡山県自然保護センターから見たマツタケマツタケ

    きのこ - 多種のキノコが見られ、主な観察シーズンは梅雨の頃と秋となる。自然保護センターの里山は元々は“マツタケ山”とされており、“シロ”が残る。岡山県自然保護センター フレッシュアイペディアより)

  • ケイ皮酸

    ケイ皮酸から見たマツタケマツタケ

    (ケイひさんメチル、Methyl cinnamate)は分子式 C10H10O2、融点 36 ℃、沸点 261.9 ℃ の低融点の結晶である。いわゆるマツタケ臭、バルサム臭を持ち、香料、食品添加物などに利用される。水には溶けず、エタノールに溶ける。マツタケ、バジル、イチゴなどに含まれる。ケイ皮酸 フレッシュアイペディアより)

  • 里山

    里山から見た松茸マツタケ

    アカマツは建材に利用する為、長期的に育成された。アカマツの枝やアカマツの下に生える低木は燃料となった。灰はカリウム肥料として田畑に入れられた。アカマツ林で獲れる松茸の多くは売却され、現銀収入をもたらした。換金性の低いキノコ類や山野草は自家消費の食料となった。その他の大木も貴重な木材として生えている状態から1本単位で藩や代官に登録され、管理された。里山 フレッシュアイペディアより)

  • 石神駅

    石神駅から見たマツタケマツタケ

    また、沿線にはアカマツが生えており、その下でしか取れないマツタケが特産として知られていたが、沿線一帯がマツタケの産地として全国に知られるのは廃止以降の事であった。石神駅 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の猛暑 (日本)

    2010年の猛暑 (日本)から見たマツタケマツタケ

    猛暑によって、全国的にマツタケが大豊作となった。東京都中央卸売市場では、10月1日 - 10日のマツタケの入荷量は前年比2倍の39tで、1kg当たり去年より約4割安い6035円となった。福岡市中央卸売市場でも、主要産地である岩手県産のマツタケが2009年同時期の約7分の1 - 約10分の1の価格で推移した。一方、ツキヨタケなどの毒キノコも大発生したため食中毒も多発し、全国で10月20日までに72件、209人が食中毒被害にあった。過去5年では最多。2010年の猛暑 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 腐生菌

    腐生菌から見たマツタケマツタケ

    この見方に立てば、マツタケやアツギケカビなどの菌根を形成するものなど、植物と共生していると言われるものも、純粋培養ができないものは栄養の観点からは寄生菌と言える。ラブールベニア類やトリコミセス類など、栄養的には状況がわからないものも、純粋培養できないものは寄生菌扱いになる。線虫捕食菌の場合、接合菌のそれは培養できないので寄生菌、不完全菌系のものは培養可能なので腐生菌である。腐生菌 フレッシュアイペディアより)

  • 新猿楽記

    新猿楽記から見た松茸マツタケ

    面穢松茸:(おもきたなきまつたけ)新猿楽記 フレッシュアイペディアより)

  • 三和町 (京都府)

    三和町 (京都府)から見た松茸マツタケ

    町の標語は「いのち ふれあい あすひらくまち――みわ」。町の特産品は、栗、松茸、椎茸、ブドウ、小豆。三和町 (京都府) フレッシュアイペディアより)

155件中 51 - 60件表示

「マツタケ」のニューストピックワード