155件中 61 - 70件表示
  • えの素

    えの素から見たまつたけマツタケ

    まつたけ屋(38話、1000 - 200万円)露店。えの素 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋紡績楠工場

    東洋紡績楠工場から見た松茸マツタケ

    東洋毛糸紡績は昭和7年に塩浜に羊毛毛糸工場の建設を決定した。それから1年後の昭和8年に河崎助太郎社長によって三重郡楠村への同種類の羊毛工場建設が決定された。四日市港の背後地に強力な開発を進める榎並赳夫常務と岡田武兵衛楠村長が誘致に関わった。榎並常務は河崎社長の三重県桑名市播磨村の松茸狩りに招かれてその席で「榎並君もう1つ毛織工場を新設したいが適当な場所はないか」「羊毛紡績工場を5万坪内外の敷地に造成して少なくとも毛糸4セットの設備にしたい。適当な場所があれば話をもってきてくれないか」夢のような話を岡田武兵衛楠村長に伝えて、四日市港と羊毛紡績工場との関係や今後の楠村の街作りについて話し合った。岡田武兵衛村長は楠村は山も谷もなくて鈴鹿川に囲まれた田地と畑があるに過ぎない村である。四日市港の発展が楠村発展のかぎである。楠村の北五味塚から本郷を経て河原田村に至る県道がある。この三重県道沿いに約5万坪の土地を選定して地主や村長と土地買収の交渉をした。関西急行電鉄(現在の近鉄)の引き込み線を東洋毛糸紡績の工場へ入れて、当時休止中の北楠駅を復活する事を村長と電鉄と交渉して楠村の1年間の予算と同じ2万4000円ほどかかった。銀行から楠村村会議員と各字の区長の保証で借用して用立てた。東洋紡績楠工場 フレッシュアイペディアより)

  • チチタケ

    チチタケから見たマツタケマツタケ

    日本の栃木県では毎年のシーズンになるとこのキノコを目当てに山林に分け入り、遭難し死傷する者が後を絶たないほどの人気があった。栃木県でチチタケを食用とする習慣は少なくとも江戸時代の享保年間の時点で記録が存在し、かつては身近な食用キノコであったと考えられている。しかし1990年代から2000年代頃になると、乱獲や雑木林の荒廃などによって栃木県内産のチチタケは減少傾向にあり、生の日本産がマツタケ以上の高額で取引される場合もある一方、安価な中国からの輸入品が水煮などの形でスーパーマーケットに出回るようになった。チチタケ フレッシュアイペディアより)

  • かて飯

    かて飯から見た松茸マツタケ

    かて飯は、米の消費を抑える目的で、雑穀や野菜など他の廉価な食品を炊きこんで増量した飯である。米に加える食品を「かて」と呼び、その種類によって大根飯、蕪飯、芋飯、南瓜飯、小豆飯、山菜飯、海藻飯と呼び分ける。農業技術や輸送、貨幣経済が未発達時代だった近世以前は、全国的に広く食されていた。米が貴重な離島や寒冷地の山村では、粟や稗など雑穀の飯に野菜類を混ぜ炊きする例も見られた。今日では米の不足を補うためというより、季節の料理として、あるいは食卓に変化を持たせるため、えんどう飯、栗飯、松茸飯などの炊き込みご飯や混ぜご飯として食べられることが多い。かて飯 フレッシュアイペディアより)

  • イシバシ・レシピ

    イシバシ・レシピから見た松茸マツタケ

    西流「松茸料理」 / 別腹: 西流「他人丼」イシバシ・レシピ フレッシュアイペディアより)

  • ポルチーニ

    ポルチーニから見たマツタケマツタケ

    ポルチーニ各種を始め、イグチ科のキノコのほとんどはマツタケやトリュフ同様、樹木の根に菌根を作って共生する菌根菌であるため、純粋培養による栽培は困難であり、いまだに成功していない。そのため、流通するポルチーニは全て天然ものを採集したものである。ポルチーニ フレッシュアイペディアより)

  • サタデー大人天国! 宮川賢のパカパカ行進曲!!

    サタデー大人天国! 宮川賢のパカパカ行進曲!!から見たマツタケマツタケ

    クイズに解答する際、解答者は事前に宮川から指示された辺鄙な言葉を、答えの数字だけメガホンで叫び、最後に「スッポン!」と一言つけないと解答とみなされない。例えば4択問題で答えが「3番」・叫ぶ言葉が「○△□」の場合、『○△□、○△□、○△□、スッポン!』となる。スペシャルウィーク期間中は、「スッポン!」ではなく「マツタケ!」「トロ!」等の別の言葉に変更されていた。サタデー大人天国! 宮川賢のパカパカ行進曲!! フレッシュアイペディアより)

  • セドロ

    セドロから見たマツタケマツタケ

    2013年2月、日本の森林総合研究所は、セドロを宿主としてマツタケを培養することに成功したと発表した。セドロ フレッシュアイペディアより)

  • 飢餓輸出

    飢餓輸出から見たマツタケマツタケ

    北朝鮮では国内各地で食糧不足が深刻化しているにもかかわらず、外貨を獲得するために飢餓輸出を続けているとされる。主な輸出品目はマツタケや魚介類である(ただし、正確な情報の不足から完全な把握は困難)。飢餓輸出 フレッシュアイペディアより)

  • 食品表示

    食品表示から見たマツタケマツタケ

    アレルゲン - 食品衛生法により、食物アレルギー症例数の多い卵・乳・小麦・エビ・カニ、症状が重篤なソバ・ラッカセイを「特定原材料」とし、表示が義務付けられている。「特定原材料に準ずるもの」としてアワビ・イカ・イクラ・オレンジ・キウイフルーツ・牛肉・クルミ・鮭・サバ・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・マツタケ・モモ・ヤマイモ・リンゴの表示が推奨されている。食品表示 フレッシュアイペディアより)

155件中 61 - 70件表示

「マツタケ」のニューストピックワード