155件中 71 - 80件表示
  • 許宗萬

    許宗萬から見たマツタケマツタケ

    2015年3月26日、経済制裁により禁輸対象となっている北朝鮮産マツタケを不正輸入し逮捕された貿易会社社長の関連先として、南昇祐副議長と共に自宅が家宅捜索された。4月9日に北朝鮮で最高人民会議が開催されるが出席を見送り、朝鮮総連からは南が出席した。許宗萬 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見たマツタケマツタケ

    この年の猛暑や残暑の影響を受けて、マツタケの国内生産量が過去2番目に少ない36トンにとどまった。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 吉祥

    吉祥から見た松茸マツタケ

    吉祥および八坐和の現会長である赤木清美が1998年に、兵庫県神戸市兵庫区の東山商店街に興した1軒の小料理店が始まり。店舗が手狭になったため、現・吉祥本店がある神戸・元町に移転し、季節料理店として天然鯛、鱧、松茸、フグなどを使ったメニューで営業を行っていた。ある時、店舗がメディアの目に止まり、テレビ出演した赤木が「神戸牛はやっているのですか?」と問われ、取り扱っていないにもかかわらず思わず「はい、もちろんございます」と返答してしまったことがきっかけとなり、神戸牛を扱うようになった。蓋を開けてみて、神戸牛が思いのほか好評であったことで赤木は、以降、神戸牛のみを扱う専門店としてリニューアルしたのが現在の店舗の原形となる。2008年4月より神戸牛専門店吉祥吉としての店舗展開を開始する。その後、神戸牛の店は好評であったことから、2014年1月には新会社として株式会社八坐和を発足。2017年10月現在には、9年でグループ全体で33店舗を擁するに至る。吉祥 フレッシュアイペディアより)

  • ブータンの文化

    ブータンの文化から見たマツタケマツタケ

    照葉樹林気候にあるブータンではキノコ(シャモ)も主要な食材である。日本人が珍重するマツタケ(サンゲシャモ)も手に入るが、香りが薄く輸入量は少ない。ブータンの文化 フレッシュアイペディアより)

  • アートプラス

    アートプラスから見た松茸マツタケ

    その後、うまいもの便は低塩新巻鮭、サクランボ、活毛がに、松茸、活ホタテ、マンゴーなどを次々に商品化し、産地直送便を大成功させた。アートプラス フレッシュアイペディアより)

  • 堺市立上神谷小学校

    堺市立上神谷小学校から見たマツタケマツタケ

    かつて与謝野晶子が学校周辺を訪れてマツタケ狩りをしたというエピソードが自伝『私の生ひ立ち』に記されていることから、校門横に与謝野晶子の文学碑が建立されている。文学碑には『私の生ひ立ち』内の『たけ狩』の一節が刻まれている。堺市立上神谷小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 田原村 (兵庫県)

    田原村 (兵庫県)から見た松茸マツタケ

    穀菜の栽培に適していた。米、麦、莚、瓦、酒、葉煙等が主な物産である。松茸は重要産物である。『大日本篤農家名鑑』によれば、田原村の篤農家は「梶原増五郎、牛尾安麿、牛尾龍太郎、藤川留次、牛尾彦十郎、牛尾丑吉」である。田原村 (兵庫県) フレッシュアイペディアより)

  • ドラえもんのひみつ道具 (はあ-はと)

    ドラえもんのひみつ道具 (はあ-はと)から見たマツタケマツタケ

    マツタケ狩り用の山。使用時は、マツタケの菌糸を撒いておき、適当な日光と雨水を与えれば10分ほどでマツタケが生える。作中ではドラえもん、のび太、しずかが使用した(テレビアニメ第2作第1期のみジャイアンも参加)。テレビアニメ第2作第2期では何故か猪が生息していた。ドラえもんのひみつ道具 (はあ-はと) フレッシュアイペディアより)

  • 湯けむりスナイパー

    湯けむりスナイパーから見たマツタケマツタケ

    みちのく温泉近郊の一番高い山にある、廃屋になった炭焼き小屋に住む、極太マツタケを見つける山の達人。フンドシに山賊の様な野良着と強面の風貌。ガス・水道・電気も無いエコロジー生活達人の様に見えるが、アルマーニのスーツも着るアダルトな一面もある。本業は、野鳥の密猟や野生動物の狩りなどをして、ヤクザな人間と取引をしている。所持する唯一の電化製品は携帯電話。喋れないと思われていたので周囲を驚かせる。殺人事件かなにかの罪を逃れているのか、とにかく訳ありの一番ミステリックな人間。ただ、椿屋を巡る平和や調和をむやみに乱したりしない、慈悲深い人間。源さんとトモヨと松三は特別な関係でもある。湯けむりスナイパー フレッシュアイペディアより)

  • 学園前 (奈良市)

    学園前 (奈良市)から見たマツタケマツタケ

    富雄駅前で券売を委託されたよろず売店にて電車開通の年に誕生した、奈良市立二名小学校の初代校長は当時の富雄や学園前の様子を回想している。学園前駅はまだ設置されておらず、現在の学園前駅の南西には杣木谷(現在の学園前駅南西の池)という小さな村があるのみであった。また、富雄川はホタルが生息できるほど清らかで、富雄や学園前の付近はマツタケ狩りで有名であった。タヌキやキツネが生息し、特にタヌキは近鉄奈良線の富雄川橋梁の付近にまで顔を見せるほどだったという。また、富雄駅は駅長と改札員の2人だけが配置されたのんびりとした雰囲気の駅で、駅員は電車が着くたびに対向式ホームを往復していた。たまに米俵を積むための貨車が引込み線に停車していたという。学園前 (奈良市) フレッシュアイペディアより)

155件中 71 - 80件表示

「マツタケ」のニューストピックワード