155件中 81 - 90件表示
  • 森中蕃

    森中蕃から見たマツタケマツタケ

    2015年産 - エダマメ・カボチャ・マツタケなどの「野菜」シリーズ森中蕃 フレッシュアイペディアより)

  • セイヨウショウロ

    セイヨウショウロから見たマツタケマツタケ

    しかし20世紀に入ると、フランスの工業化とそれに伴う郊外への人口の移動により、これらのトリュフ園は放棄されてしまった。第1次世界大戦では従軍した男性の20%以上を失い、これもまたフランスの田園地帯に深刻な打撃を与えた。そのため、トリュフ栽培のノウハウは失われた。さらに、二つの世界大戦の間には、19世紀に植えられたトリュフ園の寿命が尽きてしまった(トリュフを生産する樹木の生活環は平均30年である)。その結果、1945年以降トリュフの生産が急減した。1892年には2000トンあった生産量は、現在では通常20トン前後でしかない。1900年にはトリュフは多くの人々に日常的に食べられていたが今ではトリュフは金持ち専用の珍味か、特別な場合にのみ食べられるものに成り下がった(昔は安価だったが今では高級品と化している物として、日本では鯨肉やマツタケ、雑穀と立場が似ている)。この30年間に、トリュフの大量生産のための新しい試みが始められた。現在フランスで生産されるトリュフの80%は特別に育てられたトリュフ園で作られる。にもかかわらず、生産は1900年代の頂点にまでは回復してはいない。地方の農家はトリュフの価格を下げる大量生産への回帰に反対している。しかしながら、大量生産の前途は洋々である。世界市場は現在フランスで生産される量の50倍のトリュフを吸収すると見積もられている。現在トリュフを生産する地域はスペイン、スウェーデン、ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ(ノースカロライナ州)にある。セイヨウショウロ フレッシュアイペディアより)

  • 蒸し物

    蒸し物から見たマツタケマツタケ

    マツタケとハモなどをだし汁とともに土瓶に入れて蒸す。蒸し物 フレッシュアイペディアより)

  • ハトのおよめさん

    ハトのおよめさんから見た松茸マツタケ

    36歳で主婦のウサギ。学生と不倫の末に妊娠し、旦那に離婚される。不倫相手に「堕ろせ」と言われ、首吊り自殺を図ろうとしていた所を、ハトのヨメが説得、それ以来知り合いになる。ハトのヨメの助言により、旦那とヨリを戻したが、子供は結局堕ろした模様。中1のときに3留したらしい。ハトのヨメと共にKAZU先生の料理教室に通っている。好物はニンジン。川島なお美より若い。必殺技はジャパニーズオーシャンサイクロンと煙草の煙で松茸を868本作れる事。兎ビームを少し出せる。ハトのおよめさん フレッシュアイペディアより)

  • 如意ヶ嶽

    如意ヶ嶽から見たマツタケマツタケ

    大文字山・如意ヶ嶽(あるいは東山)については広葉樹を中心多様な植物が見られるが、北部については前述の通り花崗岩地帯である。この区域については風化が激しく植物は極相に遷移するには至らず、また土壌も痩せており、アカマツ、コナラなどが多く見られる二次林となっている。また、酸性土壌によく見られるツツジ科植物なども生育し、アカマツ林ではかつてはマツタケも多く見られていたという。その他スギやヒノキの植林地などもある。如意ヶ嶽 フレッシュアイペディアより)

  • シャクジョウソウ科

    シャクジョウソウ科から見たマツタケマツタケ

    日本列島のシャクジョウソウ科植物ではギンリョウソウ属のギンリョウソウとシャクジョウソウ属のギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)がベニタケ科と、シャクジョウソウ属のシャクジョウソウがキシメジ属と菌根を形成していることが確認されている。また、シャクジョウソウがキシメジ属のマツタケの大敵であるとし、その駆除がマツタケの生産に有効であるとする経験則が知られている。シャクジョウソウ科 フレッシュアイペディアより)

  • 雪

    から見たマツタケマツタケ

    冠雪(かむりゆき) - 門柱・電柱などに積って大きく松茸状になったもの。 フレッシュアイペディアより)

  • シメジ

    シメジから見たマツタケマツタケ

    「匂いマツタケ、味シメジ」という有名な句があるが、ここでいうシメジとは上記1.のホンシメジのことである。ホンシメジは、生きた木の外生菌根菌であるために栽培が非常に困難であり、ほぼ天然物に限られ稀少なため高級品とされる。句に言う通り、ホンシメジはグアニル酸、グルタミン酸、アスパラギン酸などのうま味成分に富む。シメジ フレッシュアイペディアより)

  • マツ

    マツから見たマツタケマツタケ

    陽樹であり、遷移が未発達の厳しい場所に生えるというイメージが強いが、チョウセンゴヨウ (P. koraiensis) のように動物による種子散布を期待する種は実際に動物が生息するようなある程度遷移の進んだ森林においても苗が成長する。一方で火災によって種子を散布するような種は極めて耐陰性や耐病性が低く、遷移の進んだ状態では更新できないものが多い。厳しい環境下でも生育できるようにマツ属は自身の根に菌類の菌糸を侵入させた、特別な根である菌根を形成する。マツは菌類を通じて土壌中の栄養分や水分の吸収を助けてもらっており、逆に菌類に対しては光合成によって得られた同化産物を分け与えているという共生関係にある。マツと共生して菌根を形成する菌類は多数知られている。「キノコ」として我々が利用できる種も多く、日本ではマツタケ(松茸)、ショウロ(松露)、アミタケなどが特に有名。マツ フレッシュアイペディアより)

  • 電波少年的懸賞生活

    電波少年的懸賞生活から見た松茸マツタケ

    松茸(3本)。人生初の松茸を食す。電波少年的懸賞生活 フレッシュアイペディアより)

155件中 81 - 90件表示

「マツタケ」のニューストピックワード