1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
97件中 91 - 97件表示
  • マツタケ

    マツタケから見た滋賀県

    2008年、独立行政法人森林総合研究所、財務省関税中央分析所、信州大学農学部、滋賀県森林センターの共同研究により、DNA分析によるアジア産マツタケ(T. matsutake)の地理的タイピング法が開発され、形状では判別できない産地の判別方法として実用化が期待される。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たケイ皮酸

    この香りの主成分は、1938年(昭和13年)、農学博士・岩出亥之助により解明され、マツタケオールと呼ばれる1-オクテン-3-オール 1-octene-3-ol とtrans-2-オクテン-1-オール trans-2-octene-1-ol 、およびケイ皮酸メチル methyl cinnamate からなるとし、人工合成にも成功した。特にマツタケ特有の香りを生んでいるのはケイ皮酸メチルである。マツタケの香りを再現した安価な合成香料も「マツタケエッセンス」などとして市販されている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たグルカン

    菌糸の人工栽培も行われ、免疫応答の強化を目的としマツタケ菌糸体からαグルカンなどの成分の抽出もされている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た相利共生

    アカマツの樹齢が20年から30年になるとマツタケの発生が始まり30年から40年が最も活発で、70年から80年で衰退する。マツ属(Pinus)などの樹木の根と、外生菌根または外菌根と呼ばれる相利共生体を形成して生活している。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た北アメリカ

    スウェーデン・フィンランド(北欧)、アメリカ合衆国・ カナダ・メキシコ(北米)産は近年輸入が拡大している。北欧産は国内産とDNAレベルで近い品種であり、また「北欧」というイメージも良いことから注目されている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たマテバシイ属

    近年中国の四川省や雲南省からマツタケが出荷されているが、この地域に分布するマツタケはマツ類ではなくブナ科樹木(マテバシイ属、コナラ属、シイ属あるいはクリ属が含まれる)を宿主としており、現在その生態や分類に関する研究が行われている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た優占種

    マツタケ(松茸、Tricholoma matsutake (S.Ito et Imai) Sing.)はキシメジ科キシメジ属キシメジ亜属マツタケ節のキノコの一種。腐植質の少ない比較的乾燥した土壌を好む。秋にアカマツの単相林のほか針葉樹が優占種となっている混合林の地上に生える。菌糸体の生育温度範囲は5-30℃、最適温度は22-25℃、最適pHは4.5-5.5であり、菌糸の成長速度は遅い。マツタケ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
97件中 91 - 97件表示

「マツタケ」のニューストピックワード