91件中 11 - 20件表示
  • マツタケ

    マツタケから見た財務省 (日本)

    2008年、独立行政法人森林総合研究所、財務省関税中央分析所、信州大学農学部、滋賀県森林センターの共同研究により、DNA分析によるアジア産マツタケ(T. matsutake)の地理的タイピング法が開発され、形状では判別できない産地の判別方法として実用化が期待される。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た右京区

    京都市(特に右京区(旧京北町を含む)、北区、左京区など市北部の丹波高地の山間部)マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たデオキシリボ核酸

    1999年、スウェーデンのE. DanellらがDNA解析により、近縁種とされていたヨーロッパ産のキノコ(T. nauseosum)とマツタケが同一であることを突き止めた。T. nauseosumの方がマツタケ(1925年)より20年前(1905年)に学名を付けられていたが、有名なT. matsutakeを保存名として学名は変更しないとしている。日本国内で採集した84菌株についてrDNAのIGS1領域を比較した結果、8タイプに分類することが出来た。そのうち1つの占有種は九州から北海道まで広範囲に分布している。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た安土桃山時代

    安土桃山時代になると、武士もマツタケ狩りをしていた様子が記録として残されており、江戸時代になると一般大衆もマツタケを食していたことが江戸時代の料理本『本朝食鑑』に記録されている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たアカマツ

    マツタケ(松茸、Tricholoma matsutake(S.Ito et Imai) Sing.)はキシメジ科キシメジ属キシメジ亜属マツタケ節のキノコの一種。養分の少ない比較的乾燥した場所を好む。秋にアカマツの単相林のほか針葉樹が優占種となっている混合林の地上に生える。菌糸体の生育温度範囲は5-30℃、最適温度は22-25℃、最適pHは4.5-5.5であり、菌糸の成長速度は遅い。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たキノコ

    マツタケ(松茸、Tricholoma matsutake(S.Ito et Imai) Sing.)はキシメジ科キシメジ属キシメジ亜属マツタケ節のキノコの一種。養分の少ない比較的乾燥した場所を好む。秋にアカマツの単相林のほか針葉樹が優占種となっている混合林の地上に生える。菌糸体の生育温度範囲は5-30℃、最適温度は22-25℃、最適pHは4.5-5.5であり、菌糸の成長速度は遅い。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たブナ科

    近年中国の四川省や雲南省からマツタケが出荷されているが、この地域に分布するマツタケはマツ類ではなくブナ科樹木(マテバシイ属、コナラ属、シイ属あるいはクリ属が含まれる)を宿主としており、現在その生態や分類に関する研究が行われている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たスウェーデン

    1999年、スウェーデンのE. DanellらがDNA解析により、近縁種とされていたヨーロッパ産のキノコ(T. nauseosum)とマツタケが同一であることを突き止めた。T. nauseosumの方がマツタケ(1925年)より20年前(1905年)に学名を付けられていたが、有名なT. matsutakeを保存名として学名は変更しないとしている。日本国内で採集した84菌株についてrDNAのIGS1領域を比較した結果、8タイプに分類することが出来た。そのうち1つの占有種は九州から北海道まで広範囲に分布している。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たケイ皮酸

    マツタケの香りの成分の元であるケイ皮酸(珪皮酸:後述の文を参照)の香りは日本人と馴染みが深い大豆に近いものであるが、欧米などではマツタケの香りは「軍人の靴下の臭い」「数ヶ月も風呂に入っていない不潔な人の臭い」などと言われ、嫌われることも非常に多い。学名のTricholoma nauseosumはラテン語で「吐き気(nausea)をもよおさせるキシメジ」という意味である。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た1-オクテン-3-オール

    その子実体はマツタケオールによる独特の強い香りを持ち、日本においては食用キノコの最高級品に位置付けられている。発生時期には地域差があり、高緯度の冷涼な地域での発生は、8月末頃から始まり九州などの比較的温暖な地域では、11月末頃まで発生する。梅雨頃に生える季節外れのマツタケはサマツ(早松)とも呼ばれ共に食用にされる。なお、マツタケの仲間にはよく似たキノコが多数確認されており、採集、分類、購入の際には十分注意を要する。マツタケ フレッシュアイペディアより)

91件中 11 - 20件表示

「マツタケ」のニューストピックワード