91件中 21 - 30件表示
  • マツタケ

    マツタケから見た共生

    子実体原基形成の刺激日前後の降水量と子実体の発生本数には正の相関があることが明らかになっていて、特に9月の降水量は発生本数に大きな影響を与えている。マツ属(Pinus)などの樹木の根と、外生菌根または外菌根と呼ばれる共生体を形成して生活している。マツタケは宿主樹木から同化産物を吸収して生きているが、近年の研究により双方に利益のある相利共生となっている事が判明している。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た武士

    安土桃山時代になると、武士もマツタケ狩りをしていた様子が記録として残されており、江戸時代になると一般大衆もマツタケを食していたことが江戸時代の料理本『本朝食鑑』に記録されている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たチョウセンゴヨウ

    吉林省、黒龍江省 - 日本や朝鮮半島と同じくマツ林(チョウセンゴヨウ、アカマツなど)などの針葉樹林に生えるものが多い。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たアメリカ合衆国

    スウェーデン・フィンランド(北欧)、 アメリカ合衆国・ カナダ・メキシコ(北米)産は近年輸入が拡大している。北欧産は国内産とDNAレベルで近い品種であり、また「北欧」というイメージも良いことから注目されている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た貨物列車

    入会地の過剰利用などにより退行遷移を起こしてアカマツが優占するようになった(コモンズの悲劇一歩手前で抑制がかかった状態である)里山はマツタケにとっては適した環境であるため、過去には日本でも多く取れ、庶民の秋の味覚として親しまれた。「松茸列車」と呼ばれる、国産松茸を満載した貨物列車が毎日東海道本線を走ったほどである。しかし、松の葉や枝を燃料や肥料として利用しなくなりマツ林の林床環境が富栄養化したこととマツクイムシにより松枯れが多発した事でマツタケの収穫量は激減した。そのため、現在では高価な食材の代表格となっている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たシイ属

    近年中国の四川省や雲南省からマツタケが出荷されているが、この地域に分布するマツタケはマツ類ではなくブナ科樹木(マテバシイ属、コナラ属、シイ属あるいはクリ属が含まれる)を宿主としており、現在その生態や分類に関する研究が行われている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た弥生時代

    日本のキノコ食文化の歴史は古く、縄文時代中期(紀元前2000年頃)の遺跡から、縄文人がキノコを食物として利用していたことを示す遺物(キノコ形土製品)が多数発見されており、岡山市の弥生時代の百間川・兼基遺跡からは、マツタケを模した「土人形」が出土している。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た燃料

    入会地の過剰利用などにより退行遷移を起こしてアカマツが優占するようになった(コモンズの悲劇一歩手前で抑制がかかった状態である)里山はマツタケにとっては適した環境であるため、過去には日本でも多く取れ、庶民の秋の味覚として親しまれた。「松茸列車」と呼ばれる、国産松茸を満載した貨物列車が毎日東海道本線を走ったほどである。しかし、松の葉や枝を燃料や肥料として利用しなくなりマツ林の林床環境が富栄養化したこととマツクイムシにより松枯れが多発した事でマツタケの収穫量は激減した。そのため、現在では高価な食材の代表格となっている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た吉林省

    最近では市場流通量のほとんどが輸入品で占められ、中でも韓国や北朝鮮、中国(特に吉林省・雲南省・四川省)からの輸入が多い。2007年の10月には、北朝鮮産については2006年10月の核実験をきっかけとする経済制裁で輸入が止まっており、中国産については残留農薬(殺虫剤)問題に端を発する市場の不信感から価格が低迷した。北米からは別種のT. magnivelareが輸入されているが、それを含め類似の形態・食味・香りを持つキノコは市場では一括して「松茸」として扱われている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た北区 (京都市)

    京都市(特に右京区(旧京北町を含む)、北区、左京区など市北部の丹波高地の山間部)マツタケ フレッシュアイペディアより)

91件中 21 - 30件表示

「マツタケ」のニューストピックワード