97件中 31 - 40件表示
  • マツタケ

    マツタケから見た下痢

    また、古くなったマツタケを食べると、激しい嘔吐、むかつきや下痢などの中毒症状に見舞われる。これは、マツタケのアミノ酸が有毒成分(ヒスタミン、フェニールエチルアミン)に変化するためである。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た朝鮮民主主義人民共和国

    最近では市場流通量のほとんどが輸入品で占められ、中でも韓国や北朝鮮、中国(特に吉林省・雲南省・四川省)からの輸入が多い。2007年の10月には、北朝鮮産については2006年10月の核実験をきっかけとする経済制裁で輸入が止まっており、中国産については残留農薬(殺虫剤)問題に端を発する市場の不信感から価格が低迷した。北米からは別種のT. magnivelareが輸入されているが、それを含め類似の形態・食味・香りを持つキノコは市場では一括して「松茸」として扱われている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たバカマツタケ

    バカマツタケ (T. bakamatsutake Hongo) カシ・ナラ林に発生し、香りを持つ。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たマツ属

    アカマツの樹齢が20年から30年になるとマツタケの発生が始まり30年から40年が最も活発で、70年から80年で衰退する。マツ属(Pinus)などの樹木の根と、外生菌根または外菌根と呼ばれる相利共生体を形成して生活している。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た嘔吐

    また、古くなったマツタケを食べると、激しい嘔吐、むかつきや下痢などの中毒症状に見舞われる。これは、マツタケのアミノ酸が有毒成分(ヒスタミン、フェニールエチルアミン)に変化するためである。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たカナダ

    スウェーデン・フィンランド(北欧)、アメリカ合衆国・ カナダ・メキシコ(北米)産は近年輸入が拡大している。北欧産は国内産とDNAレベルで近い品種であり、また「北欧」というイメージも良いことから注目されている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た日本書紀

    日本書紀』には応神天皇に「茸」を献上したことが記されており、『万葉集』には奈良の高圓山のマツタケの短歌が載っており、平安時代になると当時の貴族がマツタケ狩りを季節の行事として楽しむようになり、『古今和歌集』、『拾遺和歌集』にもしばしばマツタケの歌が詠まれている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た腐生植物

    一方、腐生植物であるシャクジョウソウ科のシャクジョウソウはマツタケなどのキシメジ科の菌に寄生することが知られ、イボタケ科のケロウジは、マツタケ同様の菌根菌であるが、マツタケの「シロ」を排除して縮小させ、自らの「シロ」を形成する。そのため、これらはマツタケの大敵とされている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たコナラ

    ニセマツタケ (T. fulvocastaneum) シイ・コナラ林に発生し、香りをもたない。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た古今和歌集

    『日本書紀』には応神天皇に「茸」を献上したことが記されており、『万葉集』には奈良の高圓山のマツタケの短歌が載っており、平安時代になると当時の貴族がマツタケ狩りを季節の行事として楽しむようになり、『古今和歌集』、『拾遺和歌集』にもしばしばマツタケの歌が詠まれている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

97件中 31 - 40件表示

「マツタケ」のニューストピックワード