91件中 61 - 70件表示
  • マツタケ

    マツタケから見たホンシメジ

    日本では一般に香りが良いとされ(独特の香りを嫌う人もいるが)「香り松茸 味シメジ」という言葉があるほどである。土瓶蒸しや松茸ご飯など香りを生かして食べることが多い。ほかのキノコと同様に、マツタケも加熱により旨み成分が増えるため、生で食べても旨みは感じない。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た京北町

    京都市(特に右京区(旧京北町を含む)、北区、左京区など市北部の丹波高地の山間部)マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た黒龍江省

    吉林省、黒龍江省 - 日本や朝鮮半島と同じくマツ林(チョウセンゴヨウ、アカマツなど)などの針葉樹林に生えるものが多い。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た縄文時代

    日本のキノコ食文化の歴史は古く、縄文時代中期(紀元前2000年頃)の遺跡から、縄文人がキノコを食物として利用していたことを示す遺物(キノコ形土製品)が多数発見されており、岡山市の弥生時代の百間川・兼基遺跡からは、マツタケを模した「土人形」が出土している。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た突然変異

    「松きのこ」という広島県特産の、シイタケの突然変異種を人工栽培したものが、昨今市場に流通している。見た目はマツタケに似ており、マツタケの香りを持つうえに生でも食べられるが、マツタケとは別物である。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た亜種

    ミナミマツタケ(バカマツタケの亜種マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た針葉樹

    マツタケ(松茸、Tricholoma matsutake(S.Ito et Imai) Sing.)はキシメジ科キシメジ属キシメジ亜属マツタケ節のキノコの一種。養分の少ない比較的乾燥した場所を好む。秋にアカマツの単相林のほか針葉樹が優占種となっている混合林の地上に生える。菌糸体の生育温度範囲は5-30℃、最適温度は22-25℃、最適pHは4.5-5.5であり、菌糸の成長速度は遅い。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た腐葉土

    マツタケの子実体は典型的には環状のコロニーを作って発生し、その領域を「シロ」と呼ぶ。その語源は「白」とも「城」あるいは「代」とも言うが定かではない。シロの地下にはマツタケの本体である菌糸体と菌根が発達しており、土壌が白くなっている。マツタケは貧栄養な比較的乾燥した鉱質土層に生息し、そこに分布する宿主の吸収根と共生する。地表に落枝・落葉などが蓄積して富栄養化が進み、分厚い腐葉土のようになると、マツタケの生息環境としては不適である。また、腐生植物であるシャクジョウソウ科のシャクジョウソウはマツタケなどのキシメジ科の菌に寄生することが知られ、イボタケ科のケロウジは、マツタケ同様の菌根菌であるが、マツタケの「シロ」を排除して縮小させ、自らの「シロ」を形成する。そのため、これらはマツタケの大敵とされている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た食用キノコ

    その子実体はマツタケオールによる独特の強い香りを持ち、日本においては食用キノコの最高級品に位置付けられている。発生時期には地域差があり、高緯度の冷涼な地域での発生は、8月末頃から始まり九州などの比較的温暖な地域では、11月末頃まで発生する。梅雨頃に生える季節外れのマツタケはサマツ(早松)とも呼ばれ共に食用にされる。なお、マツタケの仲間にはよく似たキノコが多数確認されており、採集、分類、購入の際には十分注意を要する。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た左京区

    京都市(特に右京区(旧京北町を含む)、北区、左京区など市北部の丹波高地の山間部)マツタケ フレッシュアイペディアより)

91件中 61 - 70件表示

「マツタケ」のニューストピックワード