97件中 61 - 70件表示
  • マツタケ

    マツタケから見た地衣類

    マツタケを採るのは難しく、通常のキノコのように地表に顔を出して傘が開ききってしまえば、香りも味も落ちる。このため、地表からわずか1-2cm程度、顔を出したところを見極め、根本から押し上げるようにして採取する。シロの場所を知らない人間が、やみくもに探しても採取できない理由はこの点にある。また、地衣類の多い林地では傘が地上に見えないこともある。現在のところ人工栽培することができず、自然に発生したものを収穫する。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たシイ

    ニセマツタケ (T. fulvocastaneum) シイ・コナラ林に発生し、香りをもたない。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た炊き込みご飯

    日本では一般に香りが良いとされ(独特の香りを嫌う人もいるが)「香り松茸 味しめじ」という言葉があるほどである。土瓶蒸しや松茸ご飯など、香りを生かして食べることが多い。ほかのキノコと同様に、マツタケも加熱により旨み成分が増えるため、生で食べても旨みは感じない。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た拾遺和歌集

    『日本書紀』には応神天皇に「茸」を献上したことが記されており、『万葉集』には奈良の高圓山のマツタケの短歌が載っており、平安時代になると当時の貴族がマツタケ狩りを季節の行事として楽しむようになり、『古今和歌集』、『拾遺和歌集』にもしばしばマツタケの歌が詠まれている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た百間川

    日本のキノコ食文化の歴史は古く、縄文時代中期(紀元前2000年頃)の遺跡から、縄文人がキノコを食物として利用していたことを示す遺物(キノコ形土製品)が多数発見されており、岡山市の弥生時代の百間川・兼基遺跡からは、マツタケを模した「土人形」が出土している。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た東海道本線

    入会地の過剰利用などにより退行遷移を起こしてアカマツが優占するようになった(コモンズの悲劇一歩手前で抑制がかかった状態である)里山はマツタケにとっては適した環境であるため、過去には日本でも多く取れ、庶民の秋の味覚として親しまれた。「松茸列車」と呼ばれる、国産松茸を満載した貨物列車が毎日東海道本線を走ったほどである。しかし、松の葉や枝を燃料や肥料として利用しなくなりマツ林の林床環境が富栄養化したこととマツクイムシにより松枯れが多発した事でマツタケの収穫量は激減した。そのため、現在では高価な食材の代表格となっている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たツガ

    マツタケモドキ (T. robustum (Alb.&Schw.:Fr.) Ricken sensu Imaz.) アカマツ・ツガ林に発生し、マツタケ特有の香りをもたない。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たマツクイムシ

    入会地の過剰利用などにより退行遷移を起こしてアカマツが優占するようになった(コモンズの悲劇一歩手前で抑制がかかった状態である)里山はマツタケにとっては適した環境であるため、過去には日本でも多く取れ、庶民の秋の味覚として親しまれた。「松茸列車」と呼ばれる、国産松茸を満載した貨物列車が毎日東海道本線を走ったほどである。しかし、松の葉や枝を燃料や肥料として利用しなくなりマツ林の林床環境が富栄養化したこととマツクイムシにより松枯れが多発した事でマツタケの収穫量は激減した。そのため、現在では高価な食材の代表格となっている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たチベット自治区

    四川省、雲南省、チベット(西蔵)自治区 - この産地のマツタケはマツ林ではなくブナ科常緑樹林に生える。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た本朝食鑑

    安土桃山時代になると、武士もマツタケ狩りをしていた様子が記録として残されており、江戸時代になると一般大衆もマツタケを食していたことが江戸時代の料理本『本朝食鑑』に記録されている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

97件中 61 - 70件表示

「マツタケ」のニューストピックワード