97件中 71 - 80件表示
  • マツタケ

    マツタケから見た熊手

    北米のT. magnivelareは、日本のマツタケとは異なり自然度の高い森林に発生する。キノコを採集するために熊手(レーキ)で落葉層を掻くなどして地表を攪乱することは、樹木の細根を傷つけ生態系へのダメージとなる。このためアメリカではキノコ狩りに規制がかけられており、一時はこのキノコをワシントン条約に基づき保護する対象とすることが検討された。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たブナシメジ

    マツタケ用培地などの人工基質上でもマツタケの菌糸体を培養することは可能である。しかし商業栽培される多くのキノコに比べると菌糸の成長は遅い。現在のところマツタケのキノコを人工基質上で発生させることはできておらず、エノキタケやブナシメジなどで行われているような、ビン栽培などの完全な人工栽培を行うには未だ解決すべき課題が多い。なお、本稿における人工栽培とは、人工環境下(室内)での人工基質からの子実体の発生までを指す。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たメキシコ

    スウェーデン・フィンランド(北欧)、アメリカ合衆国・ カナダ・メキシコ(北米)産は近年輸入が拡大している。北欧産は国内産とDNAレベルで近い品種であり、また「北欧」というイメージも良いことから注目されている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たナラ

    バカマツタケ (T. bakamatsutake Hongo) カシ・ナラ林に発生し、香りを持つ。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たフィンランド

    スウェーデン・フィンランド(北欧)、アメリカ合衆国・ カナダ・メキシコ(北米)産は近年輸入が拡大している。北欧産は国内産とDNAレベルで近い品種であり、また「北欧」というイメージも良いことから注目されている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た万葉集

    『日本書紀』には応神天皇に「茸」を献上したことが記されており、『万葉集』には奈良の高圓山のマツタケの短歌が載っており、平安時代になると当時の貴族がマツタケ狩りを季節の行事として楽しむようになり、『古今和歌集』、『拾遺和歌集』にもしばしばマツタケの歌が詠まれている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たシャクジョウソウ科

    一方、腐生植物であるシャクジョウソウ科のシャクジョウソウはマツタケなどのキシメジ科の菌に寄生することが知られ、イボタケ科のケロウジは、マツタケ同様の菌根菌であるが、マツタケの「シロ」を排除して縮小させ、自らの「シロ」を形成する。そのため、これらはマツタケの大敵とされている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た黒龍江省

    吉林省、黒龍江省 - 日本や朝鮮半島と同じくマツ林(チョウセンゴヨウ、アカマツなど)などの針葉樹林に生えるものが多い。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た縄文時代

    日本のキノコ食文化の歴史は古く、縄文時代中期(紀元前2000年頃)の遺跡から、縄文人がキノコを食物として利用していたことを示す遺物(キノコ形土製品)が多数発見されており、岡山市の弥生時代の百間川・兼基遺跡からは、マツタケを模した「土人形」が出土している。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た針葉樹

    マツタケ(松茸、Tricholoma matsutake (S.Ito et Imai) Sing.)はキシメジ科キシメジ属キシメジ亜属マツタケ節のキノコの一種。腐植質の少ない比較的乾燥した土壌を好む。秋にアカマツの単相林のほか針葉樹が優占種となっている混合林の地上に生える。菌糸体の生育温度範囲は5-30℃、最適温度は22-25℃、最適pHは4.5-5.5であり、菌糸の成長速度は遅い。マツタケ フレッシュアイペディアより)

97件中 71 - 80件表示

「マツタケ」のニューストピックワード