91件中 81 - 90件表示
  • マツタケ

    マツタケから見た森林総合研究所

    2008年、独立行政法人森林総合研究所、財務省関税中央分析所、信州大学農学部、滋賀県森林センターの共同研究により、DNA分析によるアジア産マツタケ(T. matsutake)の地理的タイピング法が開発され、形状では判別できない産地の判別方法として実用化が期待される。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た外生菌根

    子実体原基形成の刺激日前後の降水量と子実体の発生本数には正の相関があることが明らかになっていて、特に9月の降水量は発生本数に大きな影響を与えている。マツ属(Pinus)などの樹木の根と、外生菌根または外菌根と呼ばれる共生体を形成して生活している。マツタケは宿主樹木から同化産物を吸収して生きているが、近年の研究により双方に利益のある相利共生となっている事が判明している。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た学名

    1999年、スウェーデンのE. DanellらがDNA解析により、近縁種とされていたヨーロッパ産のキノコ(T. nauseosum)とマツタケが同一であることを突き止めた。T. nauseosumの方がマツタケ(1925年)より20年前(1905年)に学名を付けられていたが、有名なT. matsutakeを保存名として学名は変更しないとしている。日本国内で採集した84菌株についてrDNAのIGS1領域を比較した結果、8タイプに分類することが出来た。そのうち1つの占有種は九州から北海道まで広範囲に分布している。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たヒスタミン

    古くなったマツタケを食べると、激しい嘔吐、むかつきや下痢などの中毒症状に見舞われるため十分注意する必要がある。これは、マツタケのアミノ酸が有毒成分(ヒスタミン、フェニールエチルアミン)に変化するためといわれている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たフェニールエチルアミン

    古くなったマツタケを食べると、激しい嘔吐、むかつきや下痢などの中毒症状に見舞われるため十分注意する必要がある。これは、マツタケのアミノ酸が有毒成分(ヒスタミン、フェニールエチルアミン)に変化するためといわれている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たグルカン

    菌糸の人工栽培も行われ、免疫応答の強化を目的としマツタケ菌糸体からαグルカンなどの成分の抽出もされている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た広島県

    「松きのこ」という広島県特産の、シイタケの突然変異種を人工栽培したものが、昨今市場に流通している。見た目はマツタケに似ており、マツタケの香りを持つうえに生でも食べられるが、マツタケとは別物である。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た滋賀県

    2008年、独立行政法人森林総合研究所、財務省関税中央分析所、信州大学農学部、滋賀県森林センターの共同研究により、DNA分析によるアジア産マツタケ(T. matsutake)の地理的タイピング法が開発され、形状では判別できない産地の判別方法として実用化が期待される。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見た北アメリカ

    スウェーデン・フィンランド(北欧)、 アメリカ合衆国・ カナダ・メキシコ(北米)産は近年輸入が拡大している。北欧産は国内産とDNAレベルで近い品種であり、また「北欧」というイメージも良いことから注目されている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

  • マツタケ

    マツタケから見たマテバシイ属

    近年中国の四川省や雲南省からマツタケが出荷されているが、この地域に分布するマツタケはマツ類ではなくブナ科樹木(マテバシイ属、コナラ属、シイ属あるいはクリ属が含まれる)を宿主としており、現在その生態や分類に関する研究が行われている。マツタケ フレッシュアイペディアより)

91件中 81 - 90件表示

「マツタケ」のニューストピックワード