前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1173件中 1 - 10件表示
  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見たマツダマツダ

    特定の親会社を持たない市民球団を源流とする、他球団と比較して特異な歴史を有する。地元・広島の自動車メーカーであるマツダが球団の3分の1以上の株式を保有する筆頭株主であり、球団名の「東洋」もマツダの旧社名「東洋工業」に由来する。ただし、マツダは広島東洋カープを「持分法を適用していない非連結子会社」と位置づけており 親会社としての球団への資金提供(赤字補填など)など球団経営への積極関与は行っていない。その一方で、マツダ創業家である松田家一族の所有株式を全て合わせるとマツダの所有比率を上回り、議決権ベースでは過半数に達する。歴代のオーナーも松田家から出ていることから、実質的には同族経営を行っているという見方もある。市民が直接株式を保有するという意味での市民球団ではないが、特定の企業に全面依存せずに経営を成り立たせているという意味では今なお市民球団のイメージを有する。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 1991年のル・マン24時間レース

    1991年のル・マン24時間レースから見たマツダマツダ

    スポーツカー世界選手権(SWC)は新たに「排気量3,500ccまでの自然吸気エンジン、マシンの最低重量750kg、燃費制限なし」の新グループC規格でスタートし、ル・マン24時間レースはこの新カテゴリーC1と、従前のグループCカテゴリーC2との混走となった。ただ資金や時間が掛かるためと、他のSWC戦との走行距離の違いによる信頼性への不安から、新カテゴリーでのル・マン24時間レースへの参加車両は少なかった。従前のグループC車両での参戦は1991年までとされ、最低重量が原則1,000kgという重いハンディキャップが課せられ、全く戦闘力を奪われた。これほど厳しくされたのは、フォーミュラ1においてノンターボエンジンの排気量上限が1987年から3,000ccから3,500ccに上げられるなどターボエンジン搭載車両に不利になるレギュレーション変更のをものともせず1988年のF1世界選手権で本田技研工業が1,500ccターボエンジンの性能を上げて圧倒的な勝利を挙げたことと、1990年のル・マン24時間レースにて日産自動車が莫大な物量作戦で性能を上げたことを重ね合わせたからである。ただマツダは1990年のル・マン24時間レースで惨敗して周囲に警戒されておらず、その最低重量はSWCでは830kg、ル・マン24時間レースでは880kgと決められた。1991年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • 防府市

    防府市から見たマツダマツダ

    1982年(昭和57年)4月 - ニチイ・ぱる防府店(現:イオン防府店)が開業。東洋工業防府工場(西浦地区自動車組立工場)(現:マツダ防府工場)が操業開始。防府市 フレッシュアイペディアより)

  • フォード・モーター

    フォード・モーターから見たマツダマツダ

    かつてはマツダ、ボルボ、ジャガー、ランドローバーといった自動車メーカーも傘下に置いたが、00年代の経営悪化以降売却が進められた。フォード・モーター フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車

    トヨタ自動車から見たマツダマツダ

    マツダ - トヨタが5.05%株式保有で第2位の大株主となっており、マツダもトヨタ株式を0.25%保有している。トヨタがアクセラのハイブリッドシステムを供給している。マツダのメキシコ工場でブラジル向けに生産する予定であった台数が政治的事情で見込めなくなった時、トヨタにデミオセダンをOEM生産することで乗り切っている。2017年に資本提携をすることで合意し、EVを開発するための合弁会社「EVシー・エー・スピリット」も共同出資で設立した。2018年に合弁で新たに北米工場の建設を発表するなど、ここ数年で急速に距離を縮めている。トヨタ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • ユーノス

    ユーノスから見たマツダマツダ

    ユーノス (Eunos) とは、1989年から1996年まで存在したマツダの自動車ブランドである。当時販売系列がマツダ、マツダオート (後のアンフィニ、現マツダアンフィニ)、オートラマの3つであったマツダがトヨタ自動車、日産自動車と同様に販売系列を5系統持とうとして(マツダ5チャンネル化)生まれたブランドである。その中でユーノスはプレミアムブランドとして位置付けられる。ユーノス フレッシュアイペディアより)

  • 軽自動車

    軽自動車から見たマツダマツダ

    5月 マツダ、三輪のK360発売。軽自動車 フレッシュアイペディアより)

  • RJCカー・オブ・ザ・イヤー

    RJCカー・オブ・ザ・イヤーから見たマツダマツダ

    2012年次 マツダ(マツダ・デミオ) SKYACTIV-G 1.3エンジンRJCカー・オブ・ザ・イヤー フレッシュアイペディアより)

  • 仁保村 (広島県)

    仁保村 (広島県)から見たマツダマツダ

    松田重次郎 : 東洋工業創業者。向洋出身。仁保村 (広島県) フレッシュアイペディアより)

  • 中国第一汽車集団

    中国第一汽車集団から見たマツダマツダ

    乗用車は、1958年から自社ブランドの紅旗を立ち上げ、これは中華人民共和国はじめての国産乗用車で、中国要人の専用車としても広く使われた。1977年と1981年には大野耐一の直接指導でトヨタ生産方式を導入する。1991年にはフォルクスワーゲンと提携し、世界の最新技術を使った乗用車フォルクスワーゲン・ジェッタの生産を子会社で開始した。さらにトヨタやマツダなどの大手自動車メーカとも提携し、2005年からはトヨタ・クラウンなどの生産を開始した。中国第一汽車集団 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1173件中 1 - 10件表示

「マツダ」のニューストピックワード