1173件中 91 - 100件表示
  • 広島県

    広島県から見たマツダマツダ

    1968年(昭和43年): 広島カープが東洋工業(現マツダ)の支援を受け、広島東洋カープとなる広島県 フレッシュアイペディアより)

  • 日産自動車

    日産自動車から見たマツダマツダ

    現行ルールの制定以後にモデルチェンジした車種で、上記のアルファベットが割当されていない場合、アルファベット割り当てた上で一の位を「0」(ブルーバードは「1」)から振り直した。アルファベットがある車種は、流用した上で「1」から開始している(サニー:B11 - 、ローレル:C31 - 、キャラバン / ホーミー:初代が「E22」のため、E23 - )が、スカイラインは「R」に変えて0から(R30)、フェアレディZは「Z」に変えて1から(Z31)始めるなど、特例も多い。また、制定以後の新規車種は原則として「0」開始になっているが、ティアナ(J31)やティーダ(C11)、ノート(E11)のように既に使用された型式と重複する場合は「1」から振ることもある(前車はJ30型マキシマ、中車はC10型スカイライン、後車はE10型チェリーが存在したため)。また、レアケースとしてジューク(型式:F15)やマツダからOEM供給を受けるラフェスタハイウェイスター(社内型式:B35)、キックス(型式:P15)のように「5」からスタートしている車種もある(前者は過去にF10、F11が2代目チェリーとして存在し、中者は初代・B30型と、後者はプリメーラ(P10-P12型)と区別するため)。ラニアのように先祖(ブルーバード)にあたるモデルの型式を引き継いでいるケースもある(U14→U15)。日産自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 貴島孝雄

    貴島孝雄から見たマツダマツダ

    貴島 孝雄(きじま たかお、1949年1月9日 - )は、日本の工学者。山陽小野田市立山口東京理科大学工学部教授。マツダの元エンジニア。徳島県吉野川市出身。貴島孝雄 フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・エルティガ

    スズキ・エルティガから見たマツダマツダ

    当項ではインドネシア市場限定でマツダへOEM供給をしていたマツダ・VX-1、マレーシア市場でプロトンがライセンス生産をしているプロトン・エルティガについても併記する。スズキ・エルティガ フレッシュアイペディアより)

  • 世界ラリー選手権

    世界ラリー選手権から見たマツダマツダ

    マツダ・4WDプロトタイプ世界ラリー選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 永野重雄

    永野重雄から見たマツダマツダ

    1960年(昭和35年)「箱根観光ホテル」(現・「パレスホテル箱根」)設立(詳細は後述)。1964年(昭和39年)今里廣記とともに本田弘敏を東京ターミナル(浜松町世界貿易センタービル、1970年完工)社長に抜擢。1966年(昭和41年)木川田一隆、稲山嘉寛らと「産業問題研究会」を発足。1970年(昭和45年)佐藤内閣対外経済協力審議会会長。同年鉄道貨物協会会長。 1971年(昭和46年)観光政策審議会会長。日中国交正常化にも貢献(詳細は後述)。同年、むつ小川原開発公社委員。1972年(昭和47年)「東京湾横断道路研究会」(初代)会長。中曽根康弘通産大臣と愛知揆一大蔵大臣に働きかけ、1973年(昭和48年)「小規模事業者経営改善資金融資制度」(マル経融資、現・小規模事業者経営改善資金)を創設。愛知は永野の懇請を受け、翌日出掛け急逝した。1974年(昭和49年)政治献金を審議する「議会政治近代化委員会」委員。1977年(昭和52年)毎日新聞社の救済(詳細は後述)、1978年(昭和53年)東洋工業(マツダ)の再建にひと役買いフィクサーとして話をまとめた(詳細は後述)。1978年(昭和53年)沈没寸前の佐世保重工業の救済にあたり、坪内寿夫を社長に起用し同社を再建させた(詳細は後述)。また日米欧委員会日本委員会委員に就任。1978年(昭和53年)瀬島龍三を日本商工会議所特別顧問、東京商工会議所副会頭に抜擢し、瀬島は以後、財界活動を活発に行った。同年大統領就任前のロナルド・レーガン訪日で、石原慎太郎から相談を受け、日本の財界人との会合をセッティング。1981年(昭和56年)ロナルド・レーガン大統領就任式に参列。1978年(昭和53年)に起こった円高為替の差益還元問題は、永野の「明日の百円より今日の十円」発言が契機となり、一気に還元へ向かった。差益金の還元が終わる頃、イスラム革命が起り、第2次オイルショックが発生。電気事業が収支の破綻を免れられない状況に陥ると「料金改定を断行しなさい」と平岩外四にアドバイス。平岩が方々との折衝にあたり1980年(昭和55年)料金改定を実行した。平岩は「今日の日本の電気事業が、エネルギー産業の中核として、どうにか供給責任を果たしてこられたのはこの料金改定があったおかげと述べている。1982年(昭和57年)国際大学設立で発起人。1980年(昭和55年)大平内閣対外経済協力審議会会長。1982年(昭和57年)日本商工連盟創設と合わせ、日本経済の基盤である中小企業育成に尽力した。1982年(昭和57年)「関西新国際空港建設促進協議会」代表理事に就任し支援。1984年(昭和59年)日本商工会議所会頭を五島昇に譲り退任した。五島昇は五島慶太から紹介され、石坂泰三から託され、永野が育てた人物だった。永野→五島へのバトンタッチは、永野と小山五郎、瀬島龍三、大槻文平の4人の話し合いで円滑に行われた。また道州制や、「世界一国論」の提唱、第二パナマ運河、第二シベリア鉄道建設にも意欲を燃やし、経済界の日本代表として国内外で活躍した。長きに渡り財界に君臨したため「財界フェニックス」との異名をとった。日本復活の原動力となった鉄鋼王国を築いた立役者で、戦後日本経済の牽引車的役割を果たした経済人の一人である。長年、在京広島県人会会長(副会長・桜田武、後任会長・岡田茂)を務めた。毎年、お盆には親族を率いて蒲刈に墓参に帰っていた。生まれは島根県のため、櫻内義雄と安井誠一郎と親しかった関係から、櫻内と安井謙の後援会会長を務めていた。生涯明治の気骨を貫き通し、柔道・囲碁など合わせて64段が自慢だった。1984年死去。。重雄の死により政財界密着時代の幕が降ろされたともいわれた。『ダイヤモンド社』は実業人ならびに、財界人としての永野の軌跡は、まさにそのまま「昭和経済史」と評した。五島昇は「永野さんの活動の歴史はそのまま戦後日本の経済史と言っても過言ではありません」と述べている。永野重雄 フレッシュアイペディアより)

  • 宇品

    宇品から見たマツダマツダ

    一方、宇品地区は市街地としての発展も著しく、1915年(大正4年)には、宇品線に続く第2の鉄道線として、地区西端(京橋川東岸)の土手沿いの道に広島電軌(広島電鉄の前身)の路面電車線が敷設され、のちの広島電鉄宇品線となった。この路線は1935年(昭和10年)にやや東よりの宇品本通に移設され現在に至っている。1933年には錦華紡績の工場が宇品町東部(現・宇品東のマツダ宇品工場)に設立された。宇品 フレッシュアイペディアより)

  • 銭村健一郎

    銭村健一郎から見たマツダマツダ

    1953年次男健三・三男健四と光吉勉の3人は広島カープ(現広島東洋カープ)に入団することになる。これは東洋工業(現マツダ)社長松田恒次が当時東洋工業に勤務していた長男健次を通じて、健一郎に依頼したことに始まる(詳細は銭村健四の項を参照)。健四は活躍したものの健三と光吉はダメで、特に健一郎が太鼓判を押した光吉がさっぱり活躍しなかったことから、「広島のファンに申し訳ない」合わせる顔がないという理由により健一郎自身が戦後の広島の地に立つことはなかった。1955年健一郎の教え子の一人である"フィーバー平山"平山智を送り出した。銭村健一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見たマツダマツダ

    独立系 - 広島(マツダ創業家)日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • プロトタイプレーシングカー

    プロトタイプレーシングカーから見たマツダマツダ

    日本のサーキットレース文化は、フォーミュラカーよりもプロトタイプカーで発展してきた部分が強い。1960年代の日本グランプリ、1970年代の富士グランチャンピオンレース(GC)、1980年代の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)と、いずれも日本の四輪レーシング界を牽引して来た。そしてその結晶がマツダのル・マン24時間レース制覇、日産自動車のデイトナ24時間レース制覇と言える。しかし、1993年以降はスポーツプロトタイプカーの耐久シリーズは消滅してしまい、唯一鈴鹿1000kmだけが残されているといった状態になっていた。その鈴鹿1000kmもその後2006年からSUPER GTのシリーズの1戦に、そして2018年からは鈴鹿10時間としてのインターコンチネンタルGTチャレンジに組み込まれた。2006年から開始された全日本スポーツカー耐久選手権(JLMC)も2007年限りで消滅してしまい、現在の日本にはスポーツプロトタイプカーのシリーズが存在しない状況である(国際シリーズの一戦として、2012年から毎年開催されているFIA 世界耐久選手権の富士6時間レース(富士6耐)と、アジアン・ル・マン・シリーズの一戦(2017年は富士で12月)の、2戦のみという状況である)。海外では世界耐久選手権のLMP1クラスにトヨタ、IMSAでは日産、マツダ、アキュラの現地法人がPクラスに参戦している。プロトタイプレーシングカー フレッシュアイペディアより)

1173件中 91 - 100件表示

「マツダ」のニューストピックワード