898件中 11 - 20件表示
  • ル・マン24時間レース

    ル・マン24時間レースから見たマツダマツダ

    ル・マンに初めて日本の自動車メーカーのエンジンが登場したのは、2012年現在もル・マンに参戦し続ける主要自動車生産国としては最も遅い1970年である。マシンはリーバイス・レーシングが、シェブロンB16に、マツダ製10A型、ロータリーエンジンを搭載したものだった。なお現在アジアの自動車メーカー及びチームでル・マンに参戦しているのは日本の自動車メーカーのみであり、総合優勝経験があるのも同じである。また総合優勝経験があるのもアジアでは日本人のドライバーのみである。ル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

    MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島から見たマツダマツダ

    正式名称は初代のものを引き継いだ「広島市民球場」であるが、2009年4月からマツダが愛称に対する施設命名権を取得しており、「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」(略称「マツダスタジアム」)と主に呼称されている(詳細は後述)。なお初代が本利用されていた2009年3月31日までは、広島市条例などにおける暫定的な名称を「新広島市民球場」(しんひろしましみんきゅうじょう)としていた。MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 フレッシュアイペディアより)

  • ハイブリッドカー

    ハイブリッドカーから見たマツダマツダ

    モーター駆動故に出力制御が容易で、通常の自動車に必須なトランスミッションが不要である事がメリットであるが、内燃車と電気車のシステムが共存するため、システム占有体積と重量が大きくなる事、エンジン動力を一旦電気に変換する際に発生する熱エネルギーのロスが多く、回生制御が働かないと効率が落ちる事がデメリットとなる。この点を補うため、マイクロガスタービンと小型超高回転発電機を組み合わせたものが試作されている。また、マツダでは、軽量化に加えエミッション低減のために、自社の技術を生かした水素ロータリーエンジンを使う試みもなされている。ハイブリッドカー フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・コスモ

    マツダ・コスモから見たマツダマツダ

    マツダ・コスモは、1967年(昭和42年)5月から1996年(平成8年)にかけて、マツダが生産・発売していた乗用車である。マツダ・コスモ フレッシュアイペディアより)

  • ガソリン直噴エンジン

    ガソリン直噴エンジンから見たマツダマツダ

    なお、この特性を利用したエンジンとしてマツダのSKYACTIV-G(スカイアクティブ・ジー)が挙げられ、最新鋭ディーゼルエンジンであるSKYACTIV-D(スカイアクティブ・ディー)と共に同社の主軸エンジンとして期待されている。ガソリン直噴エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 仁保島村

    仁保島村から見たマツダマツダ

    松田重次郎:東洋工業創業者。向洋出身。仁保島村 フレッシュアイペディアより)

  • 村井勉

    村井勉から見たマツダマツダ

    村井 勉(むらい つとむ、1918年3月31日 - 2008年10月31日)は、日本の実業家。東洋工業(現・マツダ)代表取締役副社長、住友銀行代表取締役副頭取、アサヒビール代表取締役社長、JR西日本初代代表取締役会長、関西経済同友会代表幹事等を務めた。マツダやアサヒビールを再建したことなどで知られる。1988年勲二等旭日重光章受章。村井勉 フレッシュアイペディアより)

  • 澤井誠介

    澤井誠介から見たマツダマツダ

    慶應義塾大学卒業後、東洋工業勤務を経て、1978年(昭和53年)山形相互銀行入行。以降、常務取締役東京事務所所長等を歴任。澤井誠介 フレッシュアイペディアより)

  • 和田淑弘

    和田淑弘から見たマツダマツダ

    和田 淑弘(わだ よしひろ、1931年 - )は日本の実業家。マツダ社長や日本自動車工業会副会長、中国経済連合会副会長等を務めた。コロンビア共和国国家功労大十字勲章。和田淑弘 フレッシュアイペディアより)

  • 高田豊治

    高田豊治から見たマツダマツダ

    1971年に東洋工業(現マツダ)に入社。以降JSL1部所属の東洋工業サッカー部(のちのマツダSC、現サンフレッチェ広島)でミッドフィルダーあるいはディフェンダーとして活躍し、1978年に引退する。高田豊治 フレッシュアイペディアより)

898件中 11 - 20件表示

「マツダ」のニューストピックワード