1173件中 11 - 20件表示
  • アバルト・124スパイダー

    アバルト・124スパイダーから見たマツダマツダ

    アバルト・124スパイダー(ABARTH 124 Spider)とは、マツダとの技術協力協定によって同社のロードスターをベースとして作られた2ドアオープンカーである。元はフィアットの車であるが、それをチューンアップしてアバルトのブランドで販売。尚、仕向け地にかかわらず全ての仕様は広島県のマツダ宇品第1(U1)工場で製造されるが、日本向けはフィアット仕様を販売せずアバルト仕様のみが販売され、日本政府(国土交通省)の自動車型式認証においてはマツダを製造事業者とする国産車として取り扱われる。車台番号は他の国産車と異なり、型式記号-製造番号ではなく17桁の車両識別番号となる。アバルト・124スパイダー フレッシュアイペディアより)

  • ロータリーエンジン

    ロータリーエンジンから見たマツダマツダ

    自動車用としてはNSUヴァンケルタイプが唯一実用化されている。その後NSUに続いて東洋工業(のちのマツダ)が量産化し、コスモスポーツに搭載した。ほかにもシトロエンなどが生産モデルに搭載しているが、1970年代以降も自動車用として量産を続けたのは資本主義圏内ではマツダ(詳細は後述)のみである。ロータリーエンジン フレッシュアイペディアより)

  • フィアット

    フィアットから見たマツダマツダ

    2012年5月23日にマツダと業務提携を発表。マツダ・ロードスターの4代目モデルをベースとした新車を、アルファロメオのブランドで販売する計画を発表した。生産はマツダが担当する。その後、アルファロメオではなくフィアットから124スパイダーとして販売されることが発表された。フィアット フレッシュアイペディアより)

  • MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

    MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島から見たマツダマツダ

    球場の呼称については、条例第20条の規定に基づき施設命名権が導入され、マツダが開場時の2009年4月から契約を取得(2013年8月に契約更新、詳細は後述)しており、「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」(略称「マツダスタジアム」)の呼称を用いている(詳細は後述)。MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 フレッシュアイペディアより)

  • ガソリン直噴エンジン

    ガソリン直噴エンジンから見たマツダマツダ

    しかしこのような機構上の特性は問題ばかりではなく、利点として活用される場合もある。マツダのアイドリングストップシステムであるi-stopは、アイドリング状態のエンジンが停止する寸前に圧縮工程に入ったシリンダーのみに燃料を噴射して過早点火し、瞬間的な逆回転を引き起こすことでセルモーターを用いない再始動に適したピストン配置を実現している。ガソリン直噴エンジン フレッシュアイペディアより)

  • ル・マン24時間レース

    ル・マン24時間レースから見たマツダマツダ

    ル・マンに初めて日本の自動車メーカーのエンジンが登場したのは、先進国の主要自動車生産国としては最も遅い1970年である。マシンはリーバイス・レーシングが、シェブロンB16に、マツダ製10A型、ロータリーエンジンを搭載したものだった。ル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • 起亜自動車

    起亜自動車から見たマツダマツダ

    起亜自動車(きあじどうしゃ、、)は、大韓民国第2位の自動車メーカーである。2012年に270万台、2013年には275万台を販売した。かつてはマツダ、フォード・モーターと密接な関係だったが、1998年の経営破綻を境に現代自動車の傘下に入って以来、現代と密接な関係となり、「現代-起亜自動車グループ(現・現代自動車グループ)」を構成している。2012年6月の時点で、同社の32.8%の株式を現代自動車が所有。生産車種のほとんどが現代自動車の同クラスの車種と主要部品を共有化している。起亜自動車 フレッシュアイペディアより)

  • ハイブリッドカー

    ハイブリッドカーから見たマツダマツダ

    ※日立製作所が開発し、一時期の日産自動車とマツダの小型車に採用されていたe-4WDシステムは、ガソリンエンジンの前輪駆動車の後輪にモーターアシスト機構を追加したものであるが、アシスト範囲が極めて限定的で、モーター専用のバッテリーも持っていないため、ハイブリッド車には含まれない。ハイブリッドカー フレッシュアイペディアより)

  • スズキ (企業)

    スズキ (企業)から見たマツダマツダ

    四輪車は軽自動車や小型車などを主力としている。軽自動車の分野では、1973年から2006年までの34年間にわたり販売台数日本一を誇り、マツダや日産自動車、三菱自動車工業へのOEM供給も行っている。社団法人全国軽自動車協会連合会の発表した2006年度(2006年4月 - 2007年3月)軽四輪車新車販売台数速報によれば、長年競い合ってきたダイハツ工業に1位の座を譲った(ダイハツ61万6206台、スズキ60万5486台)、なお同社は2006年にスイフトやSX4などの小型車の強化を表明しており、生産能力確保の為には軽No.1にはこだわらず、軽生産の縮小も辞さないという姿勢を打ち出している、しかし、2014年は同年1月に発売を開始したクロスオーバーSUV型のハスラーが発売初年で10万4233台とヒット車種となったことで軽乗用車販売台数の大幅アップ(2013年比15.9%増)に貢献し、同協会による2014年の軽四輪車新車販売速報ではダイハツ工業(70万6288台)を2795台上回る70万9083台となり、8年ぶりに軽自動車年間販売台数No.1の座を奪還した。スズキ (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 豊田章男

    豊田章男から見たマツダマツダ

    マイクロソフトと自動運転やコネクティドカー開発のための「Toyota Connected, Inc.」、マツダ・デンソーとEV開発のための「EV C.A Spirit」を共同設立し、新時代の車社会に備えている。また生産を中心に担ってきた関東自動車工業・セントラル自動車・トヨタ自動車東北の3社を統合してトヨタ自動車東日本を設立したり、特装車やチューニングパーツ関係を手がけるトヨタテクノクラフト・トヨタモデリスタインターナショナル・ジェータックスを合併することを決定するなど、子会社の整理も行っている。豊田章男 フレッシュアイペディアより)

1173件中 11 - 20件表示

「マツダ」のニューストピックワード

  • バンコク・インターナショナル・グランド・モーター・セール2018(BIGモーターセール)

  • アテンザ

  • 週刊モータージャーナル