1173件中 21 - 30件表示
  • 海田町

    海田町から見たマツダマツダ

    主要産業は、陸上自衛隊第13旅団司令部や多くのマツダ関連工場など。海田町 フレッシュアイペディアより)

  • コマーシャルメッセージ

    コマーシャルメッセージから見たマツダマツダ

    マツダ:企業イメージCM(Be a driver.シリーズ)コマーシャルメッセージ フレッシュアイペディアより)

  • 澤井誠介

    澤井誠介から見たマツダマツダ

    慶應義塾大学卒業後、東洋工業勤務を経て、1978年(昭和53年)山形相互銀行入行。以降、常務取締役東京事務所所長等を歴任。1991年(平成3年)には、トップ在任約39年を迎えた父が会長に勇退したため、頭取に昇格した。澤井誠介 フレッシュアイペディアより)

  • デルタ工業

    デルタ工業から見たマツダマツダ

    デルタ工業株式会社(Delta Kogyo Co., Ltd. )は広島県安芸郡府中町に本社を置く自動車部品メーカーである。本社所在地からでも分かるようにマツダと関係が深い。自動車用シートの他、シフトチェンジャー等を製造する。デルタ工業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本内燃機

    日本内燃機から見たマツダマツダ

    自動車技術者・蒔田鉄司(まきた てつじ 1888?1958)の手で1917年に設立された個人工場「秀工舎」が起源。1920年代からオート三輪・オートバイ開発に着手して業界に本格参入、大倉財閥系の日本自動車傘下で小型空冷エンジン国産開発に成功した。以後は「ニューエラ」、のち「くろがね」ブランドのオート三輪トラックを主力製品とし、1930年代以降東洋工業(現在のマツダ)・ダイハツ工業と並ぶ日本のオート三輪業界の3大メーカーであった。日本内燃機 フレッシュアイペディアより)

  • SMLいすゞ

    SMLいすゞから見たマツダマツダ

    インド資本のパンジャーブ・トラクターズ社(現:マヒンドラ&マヒンドラのスワラジ部門)は、「スワラジ」ブランドで販売している農業トラクター・メーカー。マツダの技術援助を受け小型トラック(マツダ・タイタンがベース)をはじめとする商用車を手がけ始める。マツダの技術援助は2004年に終了し、2005年には資本関係も解消されたが、代わって2006年からいすゞ自動車が技術援助を行っている。2011年には「スワラジマツダ」から「SMLいすゞ」に社名を変更し、製品のブランド名もそれまでの「スワラジマツダ」から「SML」および「いすゞ」の2ブランドに改められた。SMLいすゞ フレッシュアイペディアより)

  • 長安汽車

    長安汽車から見たマツダマツダ

    2006年4月にはマツダも合弁に加わって長安フォードマツダ汽車(長安福特馬自達汽車有限公司、CFMA)となった。しかし、フォードとマツダの資本提携解消後の2012年11月30日、CFMAは政府機関の承認を得て長安マツダ汽車と長安フォード汽車の2社に存続分立された。長安汽車 フレッシュアイペディアより)

  • シトロエン・M35

    シトロエン・M35から見たマツダマツダ

    NSU・マツダに次ぐ三社目のロータリーエンジン車生産化の事例であるが、497.5ccのシングルローターエンジンは1967年にNSUとシトロエンが合弁で設立したコモトール(Comotor )が製造した。シトロエン・M35 フレッシュアイペディアより)

  • テン・ベスト・エンジン

    テン・ベスト・エンジンから見たマツダマツダ

    マツダ 2.0L I4 DOHC SKYACTIVテン・ベスト・エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 銭村健四

    銭村健四から見たマツダマツダ

    収容所時代は年齢が満たず、兵役に服することはなかったが、年齢が達すると第二次大戦の後始末で徴兵された。兄・健三はアメリカ国内勤務に就いたが、健四はイタリア勤務となりユーゴスラビアとの国境で任務に就く。一旦帰国するが1950年朝鮮戦争の勃発で再び徴兵され、韓国ソウルから10キロ程南の小高い丘の上の監視所に就く。黄疸を発症し治療のため監視所を降りた翌日、中国共産党軍の攻撃で監視所の兵員30人が全員死亡した。韓国では充分な治療が出来ず、日本へ送られ京都の病院に入院した。知らせを受けた当時、東洋工業(現・マツダ)に勤務していた健次が駆けつけ、ハワイの祖父母宅にいた頃、生後8ヶ月に会って以来23年ぶりの対面を果たした。健康を回復した後、故郷フレズノに帰り、国内勤務を終え、兵役経験者に優先的に与えられる奨学金を得てフレズノ大学に入学。野球部で活躍していた健三を追い同じコースを歩んだ。1952年フレズノ大学での活躍が認められ、全米学生選抜の選手として来日。早稲田の広岡達朗・小森光生、慶應の花井悠、関大の大津淳らで固めた日本学生選抜軍相手に主にトップバッターとして駿足好打を披露した。その活躍に目をつけた長男健次の勤める東洋工業(現・マツダ)の松田恒次が健次に「君の弟をカープに入れないか」と誘い、健次は父・健一郎に連絡。健一郎は「銭村一家から職業選手が出るのもいいじゃろ。ただ健四は日本語がようでけんから健三を最初つけてやろう。それにワシが育てた光吉勉といういい投手がおる。このベン光吉と三人で行かせたい」と言った。しかしフレズノから三人を招くには400万円が必要だった。石本秀一カープ初代監督らの尽力により、翌年広島カープが募金で集めた400万円で補強選手として兄・健三、同じく日系二世の光吉と共に来日し1952年シーズンが開始して約2ヶ月たった6月19日入団した。広島駅前広場は三選手を見ようと6000人のファンが集まり「故国へ帰った銭村兄弟」を迎えた。続いてオープンカーによる市中パレードは、天皇巡幸をしのぐ10万人の人出となり、紙吹雪が舞った。三人の加入が人気を呼び、健四と光吉が初出場した6月21日の巨人戦は広島総合球場は同球場始まって以来の超満員となった。銭村健四 フレッシュアイペディアより)

1173件中 21 - 30件表示

「マツダ」のニューストピックワード

  • バンコク・インターナショナル・グランド・モーター・セール2018(BIGモーターセール)

  • アテンザ

  • 週刊モータージャーナル