898件中 21 - 30件表示
  • ヨロズ

    ヨロズから見たマツダマツダ

    株式会社ヨロズ(Yorozu Corporation )は、神奈川県横浜市に本社を置く、自動車サスペンション部品の大手メーカー。主要取引先は、日産自動車、ゼネラルモーターズ、本田技研工業、マツダ、スズキ、いすゞ自動車、トヨタ自動車、ダイハツ工業、三菱自動車工業、フォルクスワーゲンなど。ヨロズ フレッシュアイペディアより)

  • MINEサーキット

    MINEサーキットから見たマツダマツダ

    更に2006年1月13日、タカラが3月に同業種であるトミーと合併するのに伴い、不採算部門の整理を理由にMINEサーキットを2006年2月28日を以って閉鎖すると発表。新たな受け入れ先が模索され、同年1月17日にマツダが同サーキットの用地及び施設を取得。経営権の委譲後、スタンドやピット等を撤去して開発車両のテストコースとして運用していく事が発表され、同年2月28日をもってサーキットとしての歴史を閉じた。MINEサーキット フレッシュアイペディアより)

  • e-4WD

    e-4WDから見たマツダマツダ

    2002年に日産自動車から、2003年にマツダから、それぞれe-4WDシステムを搭載した車種が発売された。e-4WD フレッシュアイペディアより)

  • 木村孝洋

    木村孝洋から見たマツダマツダ

    マツダ本社がある安芸郡府中町出身であり、同町出身の同世代に金田喜稔や猿沢茂がいる。木村孝洋 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年のル・マン24時間レース

    1991年のル・マン24時間レースから見たマツダマツダ

    従前の車両は最低重量1,000kgという重いハンディキャップが課せられ、全く戦闘力を奪われた。これほど厳しくされたのは、F1のノンターボエンジンの排気量上限が1987年から3,000ccから3,500ccに上げられたのをものともせず本田技研工業が1,500ccターボエンジンの性能を上げて圧倒的な勝利を挙げたことと、1990年ル・マン24時間レースにて日産自動車が莫大な物量作戦で性能を上げたことを重ね合わせたからである。ただマツダは1990年ル・マン24時間レースで惨敗して周囲に警戒されておらず、その最低重量はSWCでは830kg、ル・マン24時間レースでは880kgと決められた。1991年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

  • 来生たかお

    来生たかおから見たマツダマツダ

    そんな中、しばたはつみに提供した「マイ・ラグジュアリー・ナイト」(1977年7月10日リリース)がヒットする。この曲は、小林亜星、筒美京平等のベテラン作家陣が参加した東洋工業(現・マツダ)のCM楽曲コンペのために書かれたもので、来生姉弟は、無名の自分達の作品が選ばれる事はないだろうと思っていたものの、参加14曲中、最後の2曲に残り、最終的にしばたはつみ自身が選んだ事により、栄冠を勝ち取った。これを機に二人はソングライターコンビとして一躍脚光を浴び、以降、楽曲提供の依頼が次々と舞い込むようになる。来生たかお フレッシュアイペディアより)

  • シトロエン・ジャポン

    シトロエン・ジャポンから見たマツダマツダ

    シトロエン・ジャポン(1989 - 1998年): シトロエン本社、西武自動車販売、マツダの三社によって設立された会社シトロエン・ジャポン フレッシュアイペディアより)

  • テン・ベスト・エンジン

    テン・ベスト・エンジンから見たマツダマツダ

    マツダ 2.0L I4 DOHC SKYACTIVテン・ベスト・エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 日本内燃機

    日本内燃機から見たマツダマツダ

    自動車技術者・蒔田鉄司(まきた てつじ 1888?1958)の手で1917年に設立された個人工場「秀工舎」が起源。1920年代からオート三輪・オートバイ開発に着手して業界に本格参入、大倉財閥系の日本自動車傘下で小型空冷エンジン国産開発に成功した。以後は「ニューエラ」、のち「くろがね」ブランドのオート三輪トラックを主力製品とし、1930年代以降東洋工業(現在のマツダ)・ダイハツ工業と並ぶ日本のオート三輪業界の3大メーカーであった。日本内燃機 フレッシュアイペディアより)

  • 四輪操舵

    四輪操舵から見たマツダマツダ

    これに対しパッシブステアは、ブッシュの変形を利用するまでは変わらないが、旋回初期の極浅いロールの際、後輪を一瞬だけトーアウト(逆位相)にコントロールするものである。動作が受動的できであるためアクチュエーターはなく、タイロッドを持たない点が四輪操舵とは異なる。挙動を乱しスピンに至らないよう、外輪のみをトーアウトとするものもある。主に前輪駆動車やスポーツカーの一部で、回頭性を向上させるための「きっかけ」として用いられる。簡単な構造で四輪操舵に近い効果を実現できる反面、高度な制御を行うことはまったく不可能である。また、ブッシュの破断や経年劣化により動作が変動する点も弱点となる。商標としては、マツダのナチュラル4WS、いすゞのニシボリック・サスペンション、SAABの ReAxs(リアクシス)などがある。マツダでは現行車にも採用されているが、かつてほど大々的に宣伝されてはいない。四輪操舵 フレッシュアイペディアより)

898件中 21 - 30件表示

「マツダ」のニューストピックワード