898件中 31 - 40件表示
  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見たマツダマツダ

    1952年、「広島市にナイター設備を備えた球場を作ろう」と言い始めたのは、当時のカープを金銭面からバックアップしていた東洋工業社長の松田恒次だった。カープ監督の石本秀一はその言葉に有頂天となり、自ら球場設計に取り組んだとされる。翌1953年になると、広島市民の間でも「ナイター球場待望論」が日ごとに高まり、中国新聞社へは読者からの投書が相次いだ。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • GAZ

    GAZから見たマツダマツダ

    なお、GAZは旧ソ連時代のゴーリキー自動車工場時代に、VAZ(ヴォルガ自動車工場)製のロータリーエンジンの供給を受けて、自工場の車両に搭載していた事が近年になって知られるようになった。GAZ製ロータリーエンジン搭載車両の特筆すべき点は、GAZ 3102のKGBを始めとする官公庁専用販売グレードや高級官僚向けリムジンGAZ 14"チャイカ"に3ローターエンジン搭載車をラインナップしていた事である。3ローターの市販車両への採用例はマツダのユーノス・コスモを除けば、世界的にもGAZ製車両にしか例が無い。しかし、これらのソ連製ロータリーエンジンは、冷戦時代にNSUやマツダへのライセンス料を支払わずに生産を行っていた関係で、現在エンジンメーカーのVAZも表立ってロータリーエンジンの存在をアピールしておらず、ロシア語の言語の壁もあり西側英語圏諸国も含めて、ロシア国外へは未だにその全容が十分に伝わってきていないのが現状である。GAZ フレッシュアイペディアより)

  • 巽外夫

    巽外夫から見たマツダマツダ

    巽外夫(たつみ そとお、1923年(大正12年)10月7日 - )は日本の実業家。元住友銀行頭取、現三井住友銀行名誉顧問、元追手門学院理事長、元経団連常任理事、関経連常任理事、元大阪銀行協会副会長、元全国銀行協会連合会副会長、元世界経営協議会名誉会長。元ロイヤルホテル、マツダ取締役。巽外夫 フレッシュアイペディアより)

  • 東北マツダ

    東北マツダから見たマツダマツダ

    株式会社東北マツダ(とうほくマツダ)は、福島県と青森県を除く宮城県、秋田県、岩手県、山形県の東北地方4県を営業エリアとするマツダのカーディーラー。宮城県仙台市に本社を置く。東北マツダ フレッシュアイペディアより)

  • ウェーバー (企業)

    ウェーバー (企業)から見たマツダマツダ

    日本市場においてはミクニがノックダウン生産していたソレックスに次ぐ存在だったが、ソレックスPHH型(40/44/50)とウェーバーDCOE型(40/45/48/50)はスロットル径が近いこともあって常に比較対象になっていた。部品の供給や価格などで国産の優位性があったソレックスほどではないが、日産・L型エンジン、A型エンジンなどの競技用、改造用に盛んに装着され、ターボ化される前のマツダ・ロータリーエンジンの改造には48IDA型が定番であった。トヨタ・AE86のN2クラス競技では48DCOE型が主に使用された。またプリンス・スカイライン2000GTは40DCOE型を標準搭載(GT-B(S54B-II型)は三連装、GT-A(S54A-II型)は単装)していたことで知られる。ウェーバー (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 宇品

    宇品から見たマツダマツダ

    一方、宇品地区は市街地としての発展も著しく、1915年(大正4年)には、宇品線に続く第2の鉄道線として、地区西端(京橋川東岸)の土手沿いの道に広島電軌(広島電鉄の前身)の路面電車線が敷設され、のちの広島電鉄宇品線となった。この路線は1935年(昭和10年)にやや東よりの宇品本通に移設され現在に至っている。1933年には錦華紡績の工場が宇品町東部(現・宇品東のマツダ宇品工場)に設立された。宇品 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄仁保営業課

    広島電鉄仁保営業課から見たマツダマツダ

    広島電鉄仁保営業課(ひろしまでんてつにほえいぎょうか)とは広島県広島市南区仁保沖町1-92(位置)にある広電バスの営業所である。黄金山通りに面したマツダ宇品工場の北側にあり、市内線のみを担当する。広島電鉄仁保営業課 フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・オートザムレビュー

    マツダ・オートザムレビューから見たマツダマツダ

    レビュー (Autozam Revue)は、マツダが製造・販売していた小型乗用車である。マツダ・オートザムレビュー フレッシュアイペディアより)

  • 大政絢

    大政絢から見たマツダマツダ

    MAZDA キャンペーンCM「どんどんi-stop編」(2010年)大政絢 フレッシュアイペディアより)

  • 輸入車 (日本)

    輸入車 (日本)から見たマツダマツダ

    BMWジャパン(1981年)を始め メルセデス・ベンツ(1986年)、フォルクスワーゲン・グループ(1991年)など、海外メーカーが設立した日本法人が、相次いで輸入者となって日本でのビジネスをコントロールするようになった。業界を代表する輸入代理店であったヤナセではフォルクスワーゲンの輸入権喪失とともに販売店契約も破棄したが、従来の日本資本輸入代理店の大半は、うまみの少ない一ディーラーとして事業を続ける道を選んだ。一方では、トヨタ自動車がフォルクスワーゲン(VW)と提携しての同車販売店(DUO店)展開、マツダが同社のユーノス店でシトロエンとランチアを販売するなど、輸入車の販売網は拡大した。輸入車 (日本) フレッシュアイペディアより)

898件中 31 - 40件表示

「マツダ」のニューストピックワード