1173件中 41 - 50件表示
  • SEEC-T

    SEEC-Tから見たマツダマツダ

    1975年以降の日本の昭和50年排出ガス規制と、北米でのマスキー法正規規制値の本格適用とを見越して、1973年ごろのスバル社内では当時実用化されていたあらゆる排ガス対策機器が試験されたが、東洋工業(現・マツダ)によるロータリーエンジンのマスキー法適合で著名となったサーマルリアクターは熱問題から早々に採用が見送られ、酸化・還元・三元などの各種触媒も73年時点では信頼性と生産コストに課題がある状況であった。この時にフルトランジスタ方式のディストリビューターの全面採用と共に、3つのSEECシステムが同時平行的に研究開発された。SEEC-T フレッシュアイペディアより)

  • 四輪操舵

    四輪操舵から見たマツダマツダ

    これに対しパッシブステアは、ブッシュの変形を利用するまでは変わらないが、旋回初期の極浅いロールの際、後輪を一瞬だけトーアウト(逆位相)にコントロールするものである。動作が受動的であるためアクチュエーターはなく、タイロッドを持たない点が四輪操舵とは異なる。挙動を乱しスピンに至らないよう、外輪のみをトーアウトとするものもある。主に前輪駆動車やスポーツカーの一部で、回頭性を向上させるための「きっかけ」として用いられる。簡単な構造で四輪操舵に近い効果を実現できる反面、高度な制御を行うことはまったく不可能である。また、ブッシュの温度特性や経年劣化、あるいは路面の摩擦係数の変化などにより動作が変動する点も弱点となる。マツダのナチュラル4WS、いすゞのニシボリック・サスペンション、SAABの ReAxs(リアクシス)などがある。マツダでは現行車にも採用されているが、かつてほど大々的に宣伝されてはいない。四輪操舵 フレッシュアイペディアより)

  • GAZ

    GAZから見たマツダマツダ

    なお、GAZはソ連時代のゴーリキー自動車工場時代に、VAZ(ヴォルガ自動車工場)製のロータリーエンジンの供給を受けて、自工場の車両に搭載していた事が近年になって知られるようになった。GAZ製ロータリーエンジン搭載車両の特筆すべき点は、GAZ 3102のKGBを始めとする官公庁専用販売グレードや高級官僚向けリムジンGAZ 14"チャイカ"に3ローターエンジン搭載車をラインナップしていた事である。3ローターの市販車両への採用例はマツダのユーノス・コスモを除けば、世界的にもGAZ製車両にしか例が無い。しかし、これらのソ連製ロータリーエンジンは、冷戦時代にNSUやマツダへのライセンス料を支払わずに生産を行っていた関係で、現在エンジンメーカーのVAZも表立ってロータリーエンジンの存在をアピールしておらず、ロシア語の言語の壁もあり西側英語圏諸国も含めて、ロシア国外へは未だにその全容が十分に伝わってきていないのが現状である。GAZ フレッシュアイペディアより)

  • 日産・ルークス

    日産・ルークスから見たマツダマツダ

    マツダにもフレアワゴンが発売されたことから、6代目アルト及び5代目キャロルと2010年1月に販売終了したピノ以来のOEM3姉妹(兄弟)車種になった。日産・ルークス フレッシュアイペディアより)

  • 向洋駅

    向洋駅から見たマツダマツダ

    マツダ本社の最寄り駅であることから、平日の朝夕ラッシュ時はマツダ社員等の人々で大変混雑する駅でもある。駅周辺の踏切は朝夕に「開かずの踏切」となる状況が続いている。向洋駅 フレッシュアイペディアより)

  • 圓井彰彦

    圓井彰彦から見たマツダマツダ

    圓井 彰彦(つむらい あきひこ、1984年7月10日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は長距離種目。現在はマツダ陸上競技部で主将を務める。圓井彰彦 フレッシュアイペディアより)

  • 水素自動車

    水素自動車から見たマツダマツダ

    1990年代からマツダとBMWが既存のエンジンを改良する形で水素燃料エンジンの開発を進めている。水素自動車 フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・MPV

    マツダ・MPVから見たマツダマツダ

    MPV(エムピーブイ) はマツダが製造・販売していたMPV(Multi Purpose Vehicleの略でミニバンの同義語)型の普通乗用車である。マツダ・MPV フレッシュアイペディアより)

  • 来生たかお

    来生たかおから見たマツダマツダ

    そんな中、しばたはつみに提供した「マイ・ラグジュアリー・ナイト」(1977年7月10日リリース)がヒットする。この曲は、小林亜星、筒美京平等のベテラン作家陣が参加した東洋工業(現・マツダ)のCM楽曲コンペのために書かれたもので、来生姉弟は、無名の自分達の作品が選ばれる事はないだろうと思っていたものの、参加14曲中、最後の2曲に残り、最終的にしばたはつみ自身が選んだ事により、栄冠を勝ち取った。これを機に二人はソングライターコンビとして一躍脚光を浴び、以降、楽曲提供の依頼が次々と舞い込むようになる。来生たかお フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のル・マン24時間レース

    2011年のル・マン24時間レースから見たマツダマツダ

    なお、同年の3月11日に日本の宮城県沖で発生した東日本大震災で、日本国内は深刻な被害を受けた。当然ながら日本のモータースポーツ界も、電力不足やガソリン不足などの社会的混乱等で、レースの開催中止や延期などが相次ぎ、大変大きな影響を受けることとなった。(東日本大震災によるモータースポーツ界への影響の詳細は、東日本大震災によるスポーツへの影響を参照のこと。)日本人ドライバーの参戦は中野信治ただ一人のみであり、日本メーカーはエンジンのみの提供で、シャシーを含めた自社製のプロトタイプレーシングカーを投入しての本格的なワークスチームによる参戦がなかっただけでなく欧米メーカーのGTカーを使用して参戦する日本チームさえ皆無であった。その中でACOは、本年のル・マン24時間に参戦する全ドライバーのサインを寄せ書きしたフランスの国旗を贈るなどの日本に対する支援を行ない、また一方で日本国内でも、マツダが被災した中高生をル・マンに招待するなど、ル・マン24時間レースと日本との関わり合いが絶えないように交流が続ける努力がなされた。2011年のル・マン24時間レース フレッシュアイペディアより)

1173件中 41 - 50件表示

「マツダ」のニューストピックワード