1173件中 61 - 70件表示
  • 国際モータースポーツ協会

    国際モータースポーツ協会から見たマツダマツダ

    勝利を経験したことがあるメーカーは他にマツダがある。マツダRX-2とRX-3により幾度か成功した後に、RX-7はIMSAデイトナ24時間レースで1982年から10年連続でクラス優勝を飾り、1980年から1987年まで毎年 (GTU:グランドツーリング・2リッター以下クラス)選手権でシリーズチャンピオン獲得を果たした。 RX-7は、IMSAレースにおいて同クラスのいかなる自動車よりも多く勝ち続け、1990年9月2日に100勝目を挙げた。国際モータースポーツ協会 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・マッシーダイナ

    トヨタ・マッシーダイナから見たマツダマツダ

    1969年、FC/DC系の後継として登場。当時3t積みまで用意されていたダイナと、5t積み以上の大型トラックDA/FA115C系とのギャップを埋めるモデルである。当時は4tクラスのキャブオーバー型トラック市場の成長期で、ライバルには既に傘下に収めていた日野自動車のレンジャーKL型、後にいすゞ・フォワードに発展するセミキャブオーバー型のいすゞ・TY型、三菱ふそうT620型、日産自動車のSC/QC80型など強力なライバルが揃っていたが、やはり同年東洋工業も同じく4トンクラスのマツダ・ボクサーでこのクラスに新規参入している。トヨタ・マッシーダイナ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ハーツ・コーポレーション

    ザ・ハーツ・コーポレーションから見たマツダマツダ

    それ以前の1988年4月まではニッポンレンタカーサービスがTRRと同様の業務提携を行うも解消し、1990年にフォード資本提携下にあったマツダと合弁で日本ハーツ株式会社を設立。マツダはマツダ店の販売会社がマツダレンタカー(現:タイムズカーレンタル)を運営していたが、ディーラー5チャンネル化で新設したアンフィニ・ユーノス・オートザム販売会社がフランチャイジーとして運営する別形態としてハーツレンタカーのブランドで店舗展開をしていたが、1997年に撤退した。ザ・ハーツ・コーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • シトロエン・ジャポン

    シトロエン・ジャポンから見たマツダマツダ

    シトロエン・ジャポン(1989 - 1998年): シトロエン本社、西武自動車販売、マツダの三社によって設立された会社シトロエン・ジャポン フレッシュアイペディアより)

  • 今西和男

    今西和男から見たマツダマツダ

    その後、舟入高校の臨時コーチをつとめた東洋工業(現マツダ)の日本代表DFである小沢通宏との出会いから東京教育大学(現筑波大学)体育学部へ進学、蹴球部に入部すると1年生からレギュラーとして活躍した。同期に坂田信久、3学年上に上田亮三郎、1学年上に勝澤要、1学年下に松本光弘がいる。当時は広島サッカーの黄金時代で、前述の選手ら数多くの広島出身者が関東の大学に進学。東教大蹴球部も広島出身者が多数を占め「広島出身でなければサッカーマンに非ず」的ムードさえあり、部員の会話は広島弁になるほどだった。たまたま東教大に来ていたデットマール・クラマーからも指導を受けている。今西和男 フレッシュアイペディアより)

  • 姉妹車

    姉妹車から見たマツダマツダ

    OEMによる姉妹車の例である。この例では上者がトヨタからのOEM供給であり、下者がマツダからのOEM供給である。いずれも外板やバンパーなどが大幅に変更され、外観が大きく異なる。姉妹車 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車

    日本車から見たマツダマツダ

    2013年、アメリカの高速道路安全保険協会による評価では、安全性で最高評価である「トップセーフティーピックプラス」の基準を満たした22車種のうち、16車種が日本メーカー車両であった。2014年、コンシューマー・レポートはブランド別の信頼度順位を発表し、レクサス、トヨタ、マツダ、ホンダの順に、日本勢がトップ4位まで独占した。日本車 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄仁保営業課

    広島電鉄仁保営業課から見たマツダマツダ

    広島電鉄仁保営業課(ひろしまでんてつにほえいぎょうか)とは広島県広島市南区仁保沖町1-92(位置)にある広電バスの営業所である。黄金山通りに面したマツダ宇品工場の北側にあり、市内線のみを担当する。広島電鉄仁保営業課 フレッシュアイペディアより)

  • 山本憲二

    山本憲二から見たマツダマツダ

    山本 憲二(やまもと けんじ、1989年11月17日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は長距離走・マラソン。広島県出身。遊学館高校、東洋大学卒業。マツダ所属。山本憲二 フレッシュアイペディアより)

  • アドヴァンスド・エンジン・リサーチ

    アドヴァンスド・エンジン・リサーチから見たマツダマツダ

    1997年の設立後、AERはスポーツカー、プロトタイプレーシングカー、ラリー、ツーリングカー、フォーミュラカーなどの知名度の高い国際レースのシリーズで、多くの優れたレーシングエンジンを開発してきた。AERは、ロードカー・プラットフォームの派生エンジンを設計してきたが、設計が白紙の状態(AERが手を加える前)のエンジンに比べて、電子制御式ターボの機能を強化していることをAER製エンジンの持ち味としている。AER製エンジンは、ル・マン24時間レース、FIA 世界耐久選手権(WEC)、ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(ELMS)、ユナイテッド・スポーツカー選手権、GP3、イギリスツーリングカー選手権(BTCC)、ワールドシリーズ・バイ・ニッサン、ワールドシリーズ・バイ・ルノー、ダカール・ラリー及びFIAの後援するスポーツカー選手権といったレースで使用されている。マツダ、フォード、現代自動車、MG/ローバー、日産、トヨタといった多くの自動車メーカーの車に搭載されて活躍している。2012年に、AERはF1のターボ・テスト用エンジンを開発製造し、同年7月に、AERは2013年から2016年シーズンまでのGP3シリーズのエンジン・サプライヤーに選ばれている。アドヴァンスド・エンジン・リサーチ フレッシュアイペディアより)

1173件中 61 - 70件表示

「マツダ」のニューストピックワード