1173件中 81 - 90件表示
  • エクスドライバー

    エクスドライバーから見たマツダマツダ

    登場車種:マツダ・NA6CE型ユーノス・ロードスターNOPRO GT300仕様エクスドライバー フレッシュアイペディアより)

  • 逸見政孝

    逸見政孝から見たマツダマツダ

    マツダ(西ドイツ顧客満足度No.1編)逸見政孝 フレッシュアイペディアより)

  • オープンカー

    オープンカーから見たマツダマツダ

    日本のマツダが1989年に発売した「ユーノス・ロードスター」(後の「マツダ・ロードスター」)は、新時代のロードスター車の先駆けであり、今日では「ロードスター」の代名詞となった。このユーノスあるいはマツダ・ロードスターは、マツダの大衆車であるファミリア用の1,600ccエンジンを改良したものを車体前部に搭載し後輪を駆動、専用の車体を与えられた。オープンカー フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・エブリイ

    スズキ・エブリイから見たマツダマツダ

    マツダにOEM供給を行っているスクラム、日産自動車にOEM供給を行っているNV100クリッパー/NV100クリッパーリオ、三菱自動車工業にOEM供給を行っているミニキャブバン/タウンボックスは、この車両を元にエンブレムや一部外装パーツの変更を行ったものである。スズキ・エブリイ フレッシュアイペディアより)

  • 井原 慶子

    井原慶子から見たマツダマツダ

    2014年WEC世界耐久選手権およびELMSユーロルマンシリーズに参戦。WEC第3戦ルマン24時間レースでは、日本人最高位の総合14位で完走。クラス9位入賞を果たしアジア人女性初で完走した。6月にミュンヘンで行われたFIA(国際自動車連盟)スポーツカンファレンスウイーク世界評議会において世界のトップ女性ドライバーとして登壇した。8月29?31日に行われたAsLMS(アジアンルマンシリーズ)第2戦富士スピードウエィでは、世界で行われるルマンシリーズ史上女性初で総合優勝。快挙を成し遂げた。その他、2014年は、電気自動車であるBMWiシリーズの日本でのスポークスパーソンを務めている。2015年はフルタイムのレーシングドライバーからは一線を退き(引退という事ではない)、マツダの協力の元「FIA Women In Motorsport」の一環として、日本人女性へのモータースポーツへの参加を奨励する活動を開始し、ビギナーである参加者への指導を開始している。参加者の一部が同年のスーパー耐久に参戦する等の成果を上げている。井原慶子 フレッシュアイペディアより)

  • サンフレッチェ広島F.C

    サンフレッチェ広島F.Cから見たマツダマツダ

    1991年Jリーグ加盟。オリジナル10のひとつ。前身はマツダ(旧・東洋工業)のサッカー部であるマツダサッカークラブ。サンフレッチェ広島F.C フレッシュアイペディアより)

  • 広島エフエム放送

    広島エフエム放送から見たマツダマツダ

    2015年時点で、広島東洋カープをはじめとする、マツダ(自動車会社)の創業家関係が大株主になっている。マツダ創業家は、広島エフエム放送のほか、広島マツダやアンフィニ広島など運営している。広島エフエム放送 フレッシュアイペディアより)

  • マツダ・ファミリア

    マツダ・ファミリアから見たマツダマツダ

    ファミリア(FAMILIA)は、1963年(昭和38年)10月から2003年(平成15年)10月まで、マツダ(旧東洋工業)が製造生産していた小型自動車である。マツダ・ファミリア フレッシュアイペディアより)

  • 無段変速機

    無段変速機から見たマツダマツダ

    マツダ(副変速機構付CVT すべてスズキ車のOEM製品)無段変速機 フレッシュアイペディアより)

  • ダウンサイジングコンセプト

    ダウンサイジングコンセプトから見たマツダマツダ

    欧州のメーカーではフォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツ、BMW、ルノー、PSAグループ、フィアットなどの自動車メーカーが推進している。日本のメーカーでは1993年にマツダがミラーサイクルを搭載するユーノス800にダウンサイジングコンセプトを適用、2014年に富士重工業(スバル)がレヴォーグにダウンサイジングターボを搭載している。トヨタにおいても「8AR-FTS」2Lターボ(14代目クラウン、NX、3代目ISなど)や「8NR-FTS」1.2Lターボ(2代目オーリス後期、C-HRなど)が登場している。日産では13代目スカイラインセダンに2.0L・4気筒ターボエンジン(独ダイムラー製)車を、ホンダでは5代目ステップワゴンに1.5L・4気筒ターボエンジンを、スズキではバレーノ、および4代目スイフトに、ダイハツではトール(そのOEMのトヨタ・ルーミー、およびトヨタ・タンク、日本国内向け2代目スバル・ジャスティを含む)にそれぞれ1.0L・3気筒ターボエンジンをそれぞれ搭載している。このほか、日産ではスーパーチャージャーによる過給で2代目ノートに搭載している1.2L・3気筒エンジンもダウンサイジングエンジンといえる。ダウンサイジングコンセプト フレッシュアイペディアより)

1173件中 81 - 90件表示

「マツダ」のニューストピックワード