前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
196件中 1 - 10件表示
  • マツダ

    マツダから見たフォード・モーター

    1979年 - フォード・モーターが資本参加し、株式の24.5%を取得。マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見たアルファ・ロメオ

    2012年5月23日に、4代目ロードスターをベースにしたアルファ・ロメオブランドモデルの開発し、2015年から販売する計画を発表し、協議を開始している。2013年1月18日に事業契約を締結した。マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見たパナソニック

    なお、住友グループの白水会には名を連ねていないが、三井住友銀行(前身の住友銀行時代から)がメインバンクであることから、住友グループとは関係が深い。一部の資料では、マツダを住友グループに含めているものがある(このような企業は他にアサヒビールやパナソニックなどがある)。マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見たトヨタ自動車

    日本選手権シリーズではカープが日本一に輝いた場合の最優秀選手に対してはマツダ提供の高級乗用車が贈られた。(過去、1979年・1980年・1984年の3回。カープ以外の優勝であればトヨタ自動車協賛)2007年から乗用車の副賞は廃止されたが、マツダが日本野球機構(NPB)パートナーであることから、2007年以後カープを含む優勝球団の最優秀選手に対するマツダ賞の賞金として100万円が贈られている。マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見たアサヒビール

    なお、住友グループの白水会には名を連ねていないが、三井住友銀行(前身の住友銀行時代から)がメインバンクであることから、住友グループとは関係が深い。一部の資料では、マツダを住友グループに含めているものがある(このような企業は他にアサヒビールやパナソニックなどがある)。マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見た富士重工業

    bjリーグ所属のプロバスケットボールチーム。旧マツダオート東京→アンフィニ東京(現・関東マツダ)のバスケットボール部(アンフィニ東京ブロンコス)が前身(1996年廃部→クラブチーム化、後にプロ移行)だが、現在はマツダとの直接の関連はない(同業他社である富士重工業が一スポンサーとなっている)。マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見たYouTube

    Mazda Channel - YouTubeマツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見たテレビ朝日

    テレビ朝日(中継車にタイタンを(一部)採用)マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見た世界ラリー選手権

    かつては世界ラリー選手権(WRC)やル・マン24時間レースなどにワークス(マツダスピード)として積極的に参戦していた。ロータリーエンジン搭載車でのエントリーが主体であるが、レシプロエンジン搭載車であるファミリアでWRCに参戦、ランティスでJTCCに参戦していたこともある。2000年以降、日本法人のマツダとしては全くモータースポーツにはエントリーしておらず、現在はモータースポーツへの参戦を停止している状態である。マツダスピードはブランド名だけ残して事実上解散してしまい、ノウハウと人材は社外に放散され失われた。2011年に787Bがル・マン24時間レースをゲストとして走る機会が与えられたが、そのためのレストア作業でさえも、補修パーツが生産できずストックしている中古パーツを再利用したり、完成したエンジンを始動させるエンジンベンチ台が社内に無く、仕方なしに実車に搭載して慣らし運転をするような状態であった。なお、マツダ本社がモータースポーツから完全撤退した後も、アメリカやオーストラリアの現地法人では、活発なモータースポーツ活動が継続されていた。マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見たル・マン24時間レース

    かつては世界ラリー選手権(WRC)やル・マン24時間レースなどにワークス(マツダスピード)として積極的に参戦していた。ロータリーエンジン搭載車でのエントリーが主体であるが、レシプロエンジン搭載車であるファミリアでWRCに参戦、ランティスでJTCCに参戦していたこともある。2000年以降、日本法人のマツダとしては全くモータースポーツにはエントリーしておらず、現在はモータースポーツへの参戦を停止している状態である。マツダスピードはブランド名だけ残して事実上解散してしまい、ノウハウと人材は社外に放散され失われた。2011年に787Bがル・マン24時間レースをゲストとして走る機会が与えられたが、そのためのレストア作業でさえも、補修パーツが生産できずストックしている中古パーツを再利用したり、完成したエンジンを始動させるエンジンベンチ台が社内に無く、仕方なしに実車に搭載して慣らし運転をするような状態であった。なお、マツダ本社がモータースポーツから完全撤退した後も、アメリカやオーストラリアの現地法人では、活発なモータースポーツ活動が継続されていた。マツダ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
196件中 1 - 10件表示

「マツダ」のニューストピックワード