196件中 11 - 20件表示
  • マツダ

    マツダから見た中古車

    マツダオートザム店(元々は軽自動車・小型車を中心としたチャンネルで1989年にオートザム店として開設。経営母体は町の整備工場や中古車ディーラーが多かった。1998年から一定の基準を満たす店舗にマツダの名を冠し現在の名称に変更。軽自動車・小型車のみならずアクセラ・プレマシー・MPVなども取り扱うようになった。)マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見たスズキ・アルト

    スズキより軽自動車のワゴンR・パレット・アルト・ジムニー・キャリイ・エブリイをOEM供給を受け、それぞれフレア・フレアワゴン・キャロル・AZ-オフロード・スクラム(キャリイ・エブリイ)として販売している。マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見たマツダ・キャロル

    スズキより軽自動車のワゴンR・パレット・アルト・ジムニー・キャリイ・エブリイをOEM供給を受け、それぞれフレア・フレアワゴン・キャロル・AZ-オフロード・スクラム(キャリイ・エブリイ)として販売している。マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見たマツダ・RX-8

    ロードスター、RX-8のワンメイクレース主催。マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見た日産・スカイライン

    1970年代にサバンナ(RX-3)が国内レースで活躍。日産・スカイラインの連勝記録をストップさせた。マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見たトーヨーエイテック

    工作機械(1929年の東洋工業時代に製造を始め、1989年に事業を子会社のトーヨーエイテック株式会社に移管。)マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見た住友銀行

    バブル期の経営拡大路線が要因となり1990年代中盤に経営不振に陥るも、メインバンクである住友銀行(現・三井住友銀行)の協力や、以前から提携関係にあったフォード・モーターの経営参画により経営体質の改善に努めた。その結果、2000年代に入ってから販売不振にあえぐフォード本体とは対照的に、本来得意とする洗練されたスポーティなデザインと走行性能を重視した独自の商品戦略で、長期低迷していた業績の回復を果たした。特に欧米で販売好調が続き、2007年度の営業利益は過去最高の1,585億円を記録した。マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見た三井住友銀行

    バブル期の経営拡大路線が要因となり1990年代中盤に経営不振に陥るも、メインバンクである住友銀行(現・三井住友銀行)の協力や、以前から提携関係にあったフォード・モーターの経営参画により経営体質の改善に努めた。その結果、2000年代に入ってから販売不振にあえぐフォード本体とは対照的に、本来得意とする洗練されたスポーティなデザインと走行性能を重視した独自の商品戦略で、長期低迷していた業績の回復を果たした。特に欧米で販売好調が続き、2007年度の営業利益は過去最高の1,585億円を記録した。マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見たマツダE&T

    マツダE&T (広島県広島市南区)マツダ フレッシュアイペディアより)

  • マツダ

    マツダから見た松田恒次

    プロ野球セントラル・リーグ所属の球団で、持分法を適用しないマツダの非連結子会社。1968年に当時の社長であった松田恒次が球団筆頭株主になって以降、主要株主およびメインスポンサー。その際、当時の球団名「広島カープ」に当時の社名である東洋工業の「東洋」がついて現在の球団名になった。マツダ フレッシュアイペディアより)

196件中 11 - 20件表示

「マツダ」のニューストピックワード