36件中 11 - 20件表示
  • 杉浦薬品

    杉浦薬品から見たマツモトキヨシホールディングスマツモトキヨシホールディングス

    愛知県北部を中心にドラッグストア「ヘルスバンク」および調剤薬局の運営を行っている。2005年(平成17年)1月にマツモトキヨシが業務提携と35%以上の資本参加を行いマツモトキヨシグループ入りし、2006年(平成18年)9月には、マツモトキヨシとフランチャイズ契約を締結した。2013年(平成25年)2月にマツモトキヨシホールディングスの完全子会社となった。この完全子会社化に伴って、同年4月からポイントシステムがマツモトキヨシホールディングスグループ共通のポイントシステムへ移行となり、マツモトキヨシ(グループ会社が運営する店舗やFC店を含む)、ファミリードラッグ・中島ファミリー薬局(マツモトキヨシ甲信越販売が運営)、トウブドラッグ、ミドリ薬品(マツモトキヨシ九州販売が運営)、ダルマ(ダルマ薬局が運営)でも利用可能となった(従来の「まもるくんカード」を所持していた方はカードの切替が必要)。2016年7月15日、マツモトキヨシホールディングスは同年10月1日付で子会社の再編を発表、マツモトキヨシとの吸収合併を発表した。杉浦薬品 フレッシュアイペディアより)

  • マツモトキヨシ中四国販売

    マツモトキヨシ中四国販売から見たマツモトキヨシホールディングスマツモトキヨシホールディングス

    株式会社マツモトキヨシ中四国販売(マツモトキヨシちゅうしこくはんばい)は、岡山県岡山市に本社を置き、山口県・島根県を除く中国地方・四国地方及び兵庫県の一部にドラッグストア「マツモトキヨシ」及び「くすりのラブ」を展開する企業で、マツモトキヨシホールディングスの連結子会社である。マツモトキヨシ中四国販売 フレッシュアイペディアより)

  • 示野薬局

    示野薬局から見たマツモトキヨシホールディングスマツモトキヨシホールディングス

    元々は独立で展開していたが、2010年4月に株式交換により株式会社ファルコSDホールディングス(現・ファルコホールディングス)の完全子会社となった。その後、2013年12月に株式譲渡により、株式会社マツモトキヨシホールディングスの傘下に移行した。示野薬局 フレッシュアイペディアより)

  • マツモトキヨシグループ

    マツモトキヨシグループから見たマツモトキヨシホールディングスマツモトキヨシホールディングス

    マツモトキヨシグループとは、株式会社マツモトキヨシホールディングスの子会社である株式会社マツモトキヨシを中心としたナショナルドラッグチェーンである。マツモトキヨシ連合と呼ばれることもある。マツモトキヨシグループ フレッシュアイペディアより)

  • イタヤマメディコ

    イタヤマメディコから見たマツモトキヨシホールディングスマツモトキヨシホールディングス

    2012年(平成24年)2月10日 - マツモトキヨシホールディングスの完全子会社となる。イタヤマメディコ フレッシュアイペディアより)

  • 茂木薬品商会

    茂木薬品商会から見たマツモトキヨシホールディングスマツモトキヨシホールディングス

    2008年7月28日:マツモトキヨシホールディングスと株式交換契約を締結。茂木薬品商会 フレッシュアイペディアより)

  • ファルコホールディングス

    ファルコホールディングスから見たマツモトキヨシホールディングスマツモトキヨシホールディングス

    12月16日 株式会社示野薬局の全株式を株式会社マツモトキヨシホールディングスへ譲渡。ファルコホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • ユンケル黄帝液

    ユンケル黄帝液から見たマツモトキヨシホールディングスマツモトキヨシホールディングス

    ユンケルD2【第2類医薬品】 - マツモトキヨシホールディングスのグループ店舗のみ販売、成分は「ユンケルD」と同様。ユンケル黄帝液 フレッシュアイペディアより)

  • PALTAC

    PALTACから見たマツモトキヨシホールディングスマツモトキヨシホールディングス

    10月1日 - マツモトキヨシホールディングスの子会社の伊東秀商事を吸収合併。PALTAC フレッシュアイペディアより)

  • キリン堂

    キリン堂から見たマツモトキヨシホールディングスマツモトキヨシホールディングス

    3月14日 - マツモトキヨシホールディングスとPB商品の共同開発、相互供給で合意書締結。キリン堂 フレッシュアイペディアより)

36件中 11 - 20件表示

「マツモトキヨシホールディングス」のニューストピックワード